Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

4 / 162: « PREV 2 3 4 5 6 »

2009年04月21日(火)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl

いい加減ウロウロしててもしようがないのでメインストーリーを進めるため「Red Forest」へ行く。

鬼だw。鬼過ぎる。 うじゃうじゃ四方八方から「Monolith」兵が沸いてくるわ放射能汚染は酷いわで進むのもままならない。 幸いにもそんなに敵の装甲は固くないからそれほど倒すのに労せずだったが今回は至る所に出現していたアノーマリーが敵より一番厄介だったなぁ。進むのに神経を知り減らされた戦いだった。

ここでは「GP-37」が強かった。「TRs301」最高と思ってたがそれを上回る使い勝手と命中率の良さだったな。 弾薬はAP弾がやはり良いが勿体ないのでここぞというとこ以外は通常弾で。 あと今回も「VintarBC」の狙撃力に助けられたな。 只でさえジリ貧なんで遠方から数発で仕留めるスナイパー戦術は有用だった。

途中で襲ってくる怨霊にガクブル。とはいえ害はないみたいで安心だが心臓には悪い。

画像

敵の余りの多さと行程の長さに半泣きになりつつもやっと「X-10」研究所へ侵入。 目的地までの行きは3匹の「Bloodsucker」だけだったが帰りは大軍の「Monolith」兵。 20人近く居たんじゃないかと思うぐらいの多さにうんざり。 こいつら「Red Forest」の時より遙かに装甲が固くなっててヘッドショット決めてるのに中々倒れてくれないんだよなぁ。 おまけにいつの間にか後ろへ回ってたりするし。まさに行きはよいよい帰りは怖いだった。 死活問題の弾薬は「Monolith」兵は「TRs301」使ってるんで通常弾ながら同じ弾薬が使えて困る事はなかったのが幸い。

画像

一旦「Freedom」基地へ戻って荷物の整理やら買い物で補給やらで体制立て直し。 アーティファクトは電撃と放射能対策中心をチョイス。 もうメイン武器は「GP-37」と「VintarBC」のみでOKだな。 アーマーは途中で拾えるのでさせて困る事はなさそう。てゆうか結局金が余るねぇ。

さてこれでここの「Freedom」の仲間達ともさよならだ。

というわけでラストも近くなって次の目的地「Pripyat」に到着。 サポートしてくれる「Loner」達と行動を共にして戦う段取りで敵は両サイドの屋上や窓から撃ってくるんで確実に仕留められるスナイパーライフルがここでも有用。

画像

画像

ただ出くわす敵をちゃんと排除しておかないと仲間が進んでくれないというちょっとスクリプト的なAIに萎えた。 途中クエストで有効になったブツを入手。ここら辺は構造物だらけでちょっと迷いそうになる。 「Monolith」兵は「GaussGun」という超科学な銃で遠方から狙ってくるんで厄介。初め食らった時は一瞬何がなにやら。 正直「GaussGun」とかSFチックな兵器はリアリティの観点から出して欲しくなかったなぁ。 いや今までも十分SFなんだけどね。

目的地までの距離は短い。さっさと次の「Chernobyl NPP」へ進んだ。 いきなり混沌とした戦場に怖じけるw。てゆうかヘリの攻撃が強力過ぎる。散々いたぶられてしまい参った参った。 少し進むとまたまた時間制限イベント発生。FPSではお馴染みなんだがこれ焦るし嫌いなんだよなぁ。 焦る心を抑えつつ遠方の敵は無視し出会う敵のみ軽く排除、アイテム回収も程ほどにして2分程度残し原子力発電所内部進入口まで行けれた。 もうここから先は泣いても後戻りできない。

画像

内部は薄暗い通路で構成されてて至る所固い固い「Monolith」兵だらけ。 入り組んだ構造なのでクリアリングが大変だった。 おまけに「イディーカムニエー」と終始ロシア語の声が屋内に鳴り響いてて迷惑この上ない。 「我が方へ来い。そしたら願いは叶わん」とかいう「Monolith」からの有り難いお導きらしい。

弾薬や回復アイテムは敵がうじゃうじゃいるお陰で困らないのは有り難い。 敵が多ければ多いほど助かるってのも変な話だがアイテム回収出来るシステムならではだな。 放射能汚染も酷い酷い。対策薬が幾らあっても足りない。

画像

途中敵から拾った「FT200M」にメインウエポンを変更。 「GP-37」凄ぇと思ってたのにそれを更に上回る強力さ。装甲の糞厚い「Monolith」兵にはもはやこれしかない。 「GaussGun」も拾ったけど弾も少ないしどうも使いどころに困る。

そうこうして遂にたどり着いた最後の目的地「Monolith」・・・って終着地はここではなかったw。 寸前でクイックセーブしておいて良かったよ。 因みに「金持ちになりたい」というバッドエンドだった。 残金貯まりまくってたから「Monolith」に守銭奴と見なされたんだろうかなぁ。

画像

気を取り直し「Monolith」へは行かず迷った末何とか上への梯子を見つけ扉へ向かう。 扉が開かず何故かカウントダウンが始まり更には後ろから10人ぐらい敵が襲撃してきて焦った。 分け分からずひたすら「F」キー連打でカウントダウン終わると無事開いた。勿論「Monolith」兵の屍の山を背にして。 着いた先は得体の知れないカプセルが並ぶ場所だ。

画像

なにやら色々言われたが英語なんでちんぷんかんぷん。 で、再び発電所の外へ飛ばされた。ここから先がいわゆる真エンドへの茨の道なんだろう。

画像

ここからは終始四方八方から敵から狙われる孤独な戦いだった。 ひたすらワープゾーン目指して前進。 最初ワープへのルートが分からず右往左往してしまい敵の攻撃よりルート取りに苦労した。 まごまごしてるうち発電所内部で見つけたスーツでは最高の性能を持つ「Exoskeleton」もすっかり耐久力が半分以下。 それほど難儀な道のりだった。

画像

途中「Cordon」のトレーダーが頭の中で語りかけてくるカットシーンは実にドラマチックで感動的だったな。 おやっさん!って感じだ。

画像

そして全ての終わりへのゴール・・・。

画像

FPSの中ではシナリオ重視なんでこのあっさりした幕引きにはちょっと肩すかしだったがそれでも余韻は深い。 「Marked One」つまり「Strelok」同様こちらも成し遂げたという達成感で暫く恍惚とさせられた。


クリエイティブでセンスオブワンダーに溢れた素晴らしいゲームだった。 FPSマニアが頭の中での妄想を具現化しディティールに拘りに拘ったゲーム、といったところだろうか。 序盤の苦労を潜り抜けさえすればプレイヤーは間違いなく至福の一時が得られるであろう。 色々欠点を挙げる事は出来るがそれを上回るシステムの面白さと作品世界への一体感を味わえ 久々にクリアへの苦痛を感じず最後まで満足出来た作品だったな。 FPSが好きな人、興味がある人には是非プレイしてこの希有な体験をして欲しい。

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] グイン・サーガ #3 紅の傭兵

オロのその後のフォローがあったのは良いね。 でもサブキャラがやたら目立つと・・・って法則はここでも当てはまった。 良い奴だったからここでの退場は残念だったなぁ。 グインは相当背負うものが大きくなってしまった。

一匹狼ながらよく喋るイシュトヴァーンのキャラが面白いし親近感沸く。 やっぱ浅沼さんの演技は良いよなぁ。 てゆうがグインほどのパワーならあんな煉瓦作りの牢屋なんかぶち壊せそうだけど。

アクションシーンにケレン味が出てきて見応えがましてきたかな。

関連記事 | 記事URL

2009年04月20日(月)

[音楽 » CD] 最近買ったCDから - ペレーニのドヴォコン

画像

マイナー臭がするからといって舐めてはいけない。 これぞ知情意三位一体となった希代な名演だったな。 歌うとこは歌い押すとこは押し引くとこは引く。まさに大人のこくのある滋味溢れる演奏といったところ。 重音の扱いも実に効果的だ。

イヴァン・フィッシャーの伴奏はそれを過不足なくサポート。 寄り添うというよりはまさに協奏といった形でお互い丁々発止の絡み合い。 ブタベスト祝祭管は非力で金管などもう少し力強く鳴って欲しいがホルンを初めとした木管群はとても好演していたな。

録音は分解が悪くのっぺりしてるが前回のDG録音よりは酷くなく贅沢言わなければ普通に聴けるレベル。 でもやはりそろそろ再録音して欲しいな。

因みにドヴォコンの以前のベストははデュプレとバレンボイムの夫婦競演盤だが あれは強奏で音が盛大にひび割れるというトチ狂いすぎなEMI録音。 あれさえなければねぇ~。シューマンも確かそうだったか。デュプレが可哀想そうだ。

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] 戦場のヴァルキュリア #2 コナユキソウの祈り

「私が空を飛べたら手榴弾落としてやるんだから!」 なんて恐ろしい子w。 しかしまぁアリシアは無責任というか短気というか、ちょっと好感沸きにくいヒロインになっちゃってるなぁ。

ノホホンとしてても実は類い希なウェルキンの知略で・・・と思ったら特に何もせずそのまま攻撃しただけってのは脱力。 エーデルワイス号量産出来たら我が軍は圧倒的じゃないか! てゆうかイサラはどんだけスペック高い妹だなんだw。 あの3人の中で一番年少なのに一番頼りになるという。イサラの操縦テクで命拾いしたようなものだな。

気絶役のスージーが義勇軍入りってやばいだろw。アリシアも友達思いで止めてやれよw。

関連記事 | 記事URL

2009年04月19日(日)

[音楽 » CD] 最近買ったCDから - ティーレマンのブラームス

画像

まずモヤが掛かって奥の方でモゴモゴ言ってるような録音に落胆。 ほんとここ最近のDG録音は精彩に欠ける。

引きずるような重々しい音楽運びでティーレマンがどういった方向を目指してるかは明らか。 ただ懐古趣味な演奏に終わらずティーレマン独自の音楽設計の卓越さには目を見張らされたな。 特に終楽章が素晴らしい。 序奏が終わりホルンで例のコラールが奏でられる場面とコラールが終わった後での溜め。 実に効果的で一体これから何が起こるのかという期待感をもたらしこの暗から明という終楽章の楽想にとてもマッチしていた。 そして弦で奏でられる第1主題は詩的な繊細さで魅了。 そこから木管に継がれクレッシェンドして盛り上げていくその自然な高揚感溢れる表現の見事さ。 コーダはこれまで溜めていたものをはき出すかのような伸び伸びとスケール大きく聞かせとてもドラマチックに盛り上げる。 ここまでたっぷりルバートしてくれたらもう何も言うことなしで興奮させられたな。

反面第1楽章は少し考えすぎというか慎重すぎるのかもしれない。反復しているのは嬉しかったけど。 もう少し若者らしい勢いというか覇気を魅せて欲しかったところ。中間楽章はミュンヘン・フィルの美音をたっぷり楽しめた。

一歩間違うとブヨブヨしたふやけた演奏になるところを終始引き締まったティンパニの音に支えられたように思う。 重厚で丹念さが光った演奏といったところだろうか。 これで録音がもう少し明瞭ならとつくづく惜しまれるな。

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] 初恋限定。 #2 となりの山本さん。

今回は黒髪ヘアーの山本さんで妹系の次はお姉さん系。 オムニバスかと思ってたが一応続きものになってるのね。野獣操の恋の行方が気になってたので楽しみだw。

操は岬の事は全く意識せずなのか。あれだけベッド上で密着してて赤面もせずアウトオブ眼中なのは信じられん。 筋金入りのロリコンってわけか・・・。 あゆみのどこが好きなのか分からずただ漠然と。一目惚れだからこそってわけか。 操のごつい体型に似合わぬ繊細な性格はギャップ萌えって感じだな。 一方の衛は裏山主人公驀進中。

楠田が最低過ぎて吹くw。 よくここまでつまらんダジャレ考えつくと思うがそれを喋らされる浅沼さんも大変だ。 寒くて寝てしまうとかそうゆう超展開でエロシチュエーション作るのは反則技だが プロレス技だとエロというより健康美って感じだったなぁ。

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] アスラクライン #2 未来に滅びるということ

髙月奏のツンから一転したデレっぷりが可愛かった。野中さんの色気ある声がこれまたキャラに填ってたなぁ。 操緒のドライな性格も好感持てるし智春とのつきず離れずな関係も良い感じで意外と楽しめそうかな。

関連記事 | 記事URL

2009年04月18日(土)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl

気力減退だがやらなきゃ積みそうになるんで先へ進む。 「Bar」から北へ「Army Warehouse」だ。 ここでは「Duty」か「Freedom」かどちらかの勢力に荷担して色々なサブクエをこなし報酬を得る事が出来る。 勿論スルーしてもOKだろう。この自由な一人旅っぷりが面白い。 という事で何にせよやはり自由なのが一番だろうという事で考えなしに「Freedom」にちわーすと声掛ける。

画像

早速ゾロゾロと「Freedom」のみんなで「Duty」の前線基地へ攻め入るの図。 厳しい戦いを覚悟してたけどものの5分も掛からず楽勝だったなぁ。 でも逆に自分が「Duty」勢力に入ってたらと思うとガクブルだけどw。

画像

ちなみに「Freedom」本部ビル一階にある武器は無理矢理入手可能w。 台座代わりの椅子運ぶまでが骨が折れるけどお宝には「M203」付き「TRs301」や「Bulldog」など良い武器ばかりなので十分やる価値あった。

画像

裏切り者を殺せという「Freedom」のサブクエは今までやったサブクエでは一番面白かった。 気付かれないよう隠密しつつ裏切る現場を目撃し殺す。緊張感と使命感があってやり応えあったな~。

画像

「Freedom」の部隊を「Monolith」勢力の攻撃から守れというお次の指令。 これは障害物を防御壁としてライフル「Vintar BC」でパシュパシュと撃っていけばいいので楽。 新たな武器「GP-37」と「VLA special assult rifle」が手に入った。

画像

画像

戦いの後はギターで歌う。おまえらはそれしかないのかw。 もう少し動きにバラエティさが欲しかったなぁ。 最初は人間臭いと思ってたけどだお決まりな動作ばかり見ると段々スクリプト臭く感じてしまう。

画像

他に特殊スーツを持ってこいとか村を一掃しろとかMercキャンプを一掃しろとかのサブクエをこなし高性能スーツや弾薬をゲット。 今更ながらだがマップを切り替えると舞い込んでくるサブクエがうざい。 勝手に依頼してきて期限は短いは報酬はケチ臭いわ実りが薄いしで掘っておくと失敗タスクになってしまう。 もう少しストレスにならない方法がなかったもんかなぁ。

ふぅ~綺麗だ。

画像

関連記事 | 記事URL

2009年04月17日(金)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl

散々だった「X-18」から久々に「Cordon」へ赴く。 帰ってきたという感じで実に心休まるな。

途中ミリタリーがルーキーキャンプを襲撃してきたが自分一人で全滅させてやった。 自分のレベルが上がりキャンプにボケーと突っ立ってるルーキー達はもう全員お荷物w。

ついでに依頼を受けて南にあるミリタリーの検問所も襲撃し殲滅。 南へ延びるあの道の先は何もないかと思うとちょっと寂しい。

画像

メインクエストを進める。 「Wild Territory」へ向かい戦いに巻き込まれていた博士を救出。後の突撃博士である。 新たに「TRs 301」というサブマシンガンゲット。今まで使ってたどの銃よりも遙かに撃ちやすい。 端正なデザインも格好良いしこれが一番良いな。

画像

このガラーンと朽ちた廃墟っぷりが堪らない。

画像

そんな勝手に前々行ってもらっても困るんだがw。 しかもやたら殺気だって銃ぶっ放してるしどっちが護衛されてるんだかw。

画像

「Wild Territory」は電流や火炎などのアノーマリー地獄だった。確かにワイルド。 遂にゾンビ兵が出現したり混沌の度合いを更に深めていくが舞台は「Yantar」へ。

だ~からおまえは後ろで大人しくしてろよw。

画像

北にある研究所もかなりきてたね・・・。精神的にもうめげそうw。 しかしこのまるで時が止まったかのような寂寥とした死んだ世界は セピアっぽい映像効果もあって未だかつてない体験だったなぁ。いやはや映像表現はほんと凄いStalker。

画像

画像

ゾンビとSnorkというミュータントにひぃひぃ言いつつ研究所内部へ進入。 またしても真っ暗な中に沢山のキモいミュータントだらけで半泣きw。 しかも道に迷うわ時間制限イベントはあるわでしんどかった~。 先の戦いで拾った「Vintar BC」というスナイパーライフルの性能に何度か助けられたな。 よく命中させられるし銃撃音の「パシュ」って音がこれまた心地良い。

画像

内部から脱出する時はもう弾切れ寸前だったんで焦った。久々に「Viper 5」が活躍し無事生還。 ついでで「Bar」でサブクエを何件かこなす。てゆうかメインクエが大変過ぎて先進もうとする気力が沸かんのよねw。

画像

ああやはり夕焼けに染まる廃墟は美しい。

画像

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] 夏のあらし! #2 少女A

アバンの陰影を駆使したアーティスティックな演出がこれぞシャフトって感じで見入ったなぁ。

2話目で事の始まりを書いた今回。 変化球も良いがやはり各キャラの関連付けから始めてくれた方が作品に入りやすい。

なるほどタイムトラベルはパートナーが居ないと出来ないという制限があるのか。 しかもあらしは実は幽霊?言葉通りかそれとも今の世界の人間じゃないという比喩だろうか。 単なるドタバタかと思いきやファンタジー色が出てきて良い感じ。 グラサンが小夜子追ってるって事も何かトラベル絡みで関係してるっぽいかな。

グラサンとマスターとのレースは散々盛り上げておいてのオチに笑った。 グラサンの熱血空回りっぷりが楽しい。

あらしは1話より女子高生らしい可愛らしさが出てヒロインとして魅力出てきたな。 一も嫌みったらしさが余り気にならなかったし。初対面の潤にすぐため口なのが彼のフランクさが分かって良い感じ。 こうなるとやっぱり変則構成は失敗だったかな~。

で、結局潤は女男なのか男女なのかどっちだw。小見川さんキャスティングもそうゆう中性的な面狙ってるんだろうなぁ。

関連記事 | 記事URL

4 / 162: « PREV 2 3 4 5 6 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter