Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

3 / 3: « PREV 1 2 3

2008年11月03日(月)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #5 故国燃ゆ

真面目な面持ちで免許制とか言うもんだから大笑いw。 虐殺場面でのミスター・ブシドーのワンマン兵士ぶりは痛快だったな。 ブシドーと名乗ってるからにはやはり正義の敵でなくでは。

ソーマとセルゲイの件はやはり養子縁組か。 この幸せ街道は死亡フラグ立ててるようで不安だったが 超兵として人として揺れる心という形でソーマを苦しめてくるか。 今後もことある毎に重くのしかかりそうなテーマだな。 アンドレイの言う母親殺しってのは多分誤解とかだろうか。

しかしオートマトンが極悪兵器としていいカタルシスになってるな。 アローズの血も涙のなさが対立図式を分かりやすくしてくれて有り難い。 そんな中で孤立してる感のあるマネキンが心配だ。

カタロンとソレスタは意外と軟派な出会い。 マリナ姫と子供の図は似合ってるな。このまま保母さん路線ってのも見てみたかったがw。

そんなカタロンと出会った事により結果的に今回の惨劇を振りまいた沙慈。 そもそもあのまま脱して行く当てあったんだろうか。 そういった衝動的な行動が何百人もの死傷者を出してしまったわけだ。 ルイスの件といい沙慈にのしかかる運命は重い。 それに引き替え自分を冷静に見れている刹那は大人だな。ほんと成長したのは実感出来る。

燃えるアザディスタン。 相変わらず極悪なアリーも出て来てこれであと目玉キャラはコーラサワーを残すのみかな。
(絵コンテ・演出:うえだしげる 作監:森下博光・松田寛 他)

関連記事 | 記事URL

2008年10月27日(月)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #4 戦う理由

ライルとフェルトには何かが起こると思ってたがいきなりキスとか。 兄と比較するなというライルの気持ちも分かるがこうゆう行動するって事は本人が一番気にしてるよなぁ。

ミスター・ブシドーw。存在自体がギャグだったが名前までギャグだったかw。 やっぱマスク被ってるってのは生き恥だと認識してるのねw。

相変わらずミレイナは空気読めない子だがでもマリナ姫と刹那からああゆう返答を引き出したのはGJだな。

沙慈はあのままイアンと仲良くなりいつの間にかソレスタクルーになってそうだなぁ。

うだうだ言ってたスメラギさんは結局ソレスタへ復帰。 きつくてとか言いながらちゃっかり制服着込んだりして少しは30過ぎの自覚しろw。 ビリーはあのままかと思いきやしっかり恨み辛み晴らす機会はある様子。 男の女への私怨は格好悪いなぁ。
(絵コンテ:寺岡巌 作監:しんぼたくろう・高瀬健一 他)

関連記事 | 記事URL

2008年10月20日(月)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #3 アレルヤ救出作戦

アレルヤ奪還でついでにマリナ姫もゲット。てゆうか刹那にとってはマリナが本命か。 アレルヤとの再会も4年ぶりだってのに随分あっさりドライだったしなw。

それにしてもマリナ姫、ジャージみたいな囚人服が妙に似合ってたのは流石貧乏姫w。 刹那との再会シーンはヒロインらしい雰囲気があって健気で可愛らしかった。29の年増ヒロインってのも良いよね。 ソレスタに捕らわれて今後どう関わるか。そしてシーリンがどういった感情で動くかが見物。

ライルの素人離れした能力の高さはカタロンでの経験があるからだろうな。 ただ勝ち過ぎるとすぐバレそうだ。スメラギさんは何か感付いてるっぽいし。 ロックオンの名と共に「狙い撃つぜ!」も踏襲。やはり兄と比べノリが軽いのが彼の個性か。 人は違えど久々にハロとも掛け合いが見れて楽しかった。

トレミーでもやっぱりうなだれるスメラギが駄目女過ぎて微笑ましいというか何というかw。 まぁ確かに期待の押しつけはウザいよなぁ。 刹那もフォロー入れてるつもりが駄目押ししてるしw。あれには同情。

ソーマが男の部下を従えさせ命令出来るぐらい出世したんだなぁと感慨深い。 アレルヤにマリー呼ばわりされて今後かつての記憶が蘇ったりするんだろうか。

トレミーが海に突っ込んでの強襲展開はスペクタルな迫力に満ちてて見応えあったな。
(絵コンテ・演出:長崎健司 作監:大貫健一・西井正典 他)

関連記事 | 記事URL

2008年10月13日(月)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #2 ツインドライヴ

ライルは早々に2代目ロックオン襲名したが兄の死に関してさして感傷に浸るもなく思い出語りもなく素っ気ない。 あの様子だと相当疎遠だったか軋轢があったかだろうか。 そしてG1としてカタロンと連んでるみたいだがそのカタロンはソレスタに強力を求めようとしているってのが動向として面白いな。

さりげなく周囲と溶け込んでる仮面に噴いたw。あれでは完全にあぶない人だw。

スメラギさんと同棲してたのはビリーだったか。 実は敵として戦ってたうえ捨てられたんじゃビリーがやさぐれるのも無理ないな。 今後ドロドロの愛憎劇になりそう。

それにしても二人ともすんなりと協力し過ぎでもうワンクッション欲しかったところ。

ロックオン似のライルが来た事でフェルトが何かときめいたような反応を・・・。まぁ複雑な心境の方だろうけどなぁ。

沙慈はスローネの情報を得て意外と誤解が解けるのは早そうだ。 vs刹那からvsネーナへの流れになったかな。 てゆうかミレイナの「ですぅ」がクド過ぎで自重しろw。

王留美は予想以上にしたたかだったようでリボンズやアローズとも連んでいた模様。 まるで全て王留美の手のひらで踊らされてるかのようだがまさかのラスボス化って事はないだろうけどなぁ。

「オレたちのガンダムだ!」相変わらず刹那は厨二病全開で安心w。
(絵コンテ・演出:北村真咲 作監:今泉良一・有澤寛 他)

関連記事 | 記事URL

2008年10月06日(月)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン #1 天使再臨

もう竹田ガンダムは懲り懲りで見る気力沸かなかったんだけどいざ始まってみるとやっぱり面白い。 ガンダムが現れた事でガンダムに関わった各キャラが再びガンダムに引かれるという展開は 再び激動の時が動き出すって感じで燃えるね。

沙慈が刹那と偶然出会いルイスもガンダムの機体を見る事で憎しみの連鎖が動き出す・・・。 正体バレは引っ張ると思ったからあっさりバラしたのは意外だった。 しかしこの流れだと刹那と行動を共にしそうな。 ルイスがアローズとして兵士になってたのは驚いたがどうやらリボンズの興の犠牲になってるっぽいか。 これはなにか沙慈と悲劇の戦いとかありそうで今から色々な意味で楽しみ。

王留美は美女にすっかりと変貌して今回もまた悠々自適に動いていきそうだ。 スメラギはまた酔い潰れてる模様。駄目だこの人w。 マリナ姫の側近だったシーリンが別組織に属し戦場の女になってたのは驚いたが今後絡むであろうマリナとどう対峙していくか楽しみだ。 グラハムは仮面の男として再びガンダムに燃えたぎる。すっかり仮面がガンダムの恒例物になってきたなw。 コーラサワーとネーナは次回以降のお楽しみかな。

セルゲイとソーマがまるで夫婦みたいなんだけどw。 あれだけ固かったソーマもすっかり柔和になっちゃってて今回また戦場へ赴くのかと思うとちょっと気の毒。 セルゲイの言う例の件って一瞬結婚かと焦ったがw普通に考えたら養子とかだろうなぁ。

最後に出てきたロックオン似のライル・ディランディは多分兄弟ってとこか。 刹那に無理矢理おまえはロックオン・ストラトスだと決めつけられて良い迷惑だなw。
(絵コンテ:水島精二・角田一樹 演出:角田一樹 作監:千葉道徳・中谷誠一・阿部邦博 他)

関連記事 | 記事URL

3 / 3: « PREV 1 2 3

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter