Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

4 / 6: « PREV 2 3 4 5 6 »

2008年08月26日(火)

[アニメ » テレビ] SOUL EATER - ソウルイーター - #21 届け、私の魂~渇いた心、たまらない孤独の中で…?~

マカ大暴れ過ぎるw。今回も期待通りの顔芸と小早川さんの逝ってる演技が最高だったな~。 この狂気ぶりはどことなくエヴァ第19話最後の暴走シーンのようなイカレた雰囲気だった。 それにしても黒コート脱いだマカは爽やかなエッチぃさがあって良いね。普段もっとこう脱いでてくれればいいのに。

ブレア強ぇーと思えば敵さん合体で萌えキャラ化とはなんてサービス良いんだ。 おまけにブレアも空気読んでくれたw。こっちサイドも魔女による女の戦いって感じで盛り上がりそうだ。

娘のクロナを捨て駒扱いするメデューサにぶち切れるシュタインとパパ。ま、当たり前の感情だよな。 特に娘がいるパパさんはよっぽどだろう。

気持ちを出したくてもトラウマで怖がって出せないクロナを引きずり出すマカ。 自分の身を削ってまでクロナを助けたいと思うマカの優しい気持ちにグッとくる。 友達になってと手袋脱いで手を差し伸べるとこが丁寧な描写で良かったなぁ。 普通に倒すだけかと思ってたからこの友情展開良かったし展開に良い緩急付けられた。 しかしクロナはこの雰囲気だと女の子って事なんだよね?これで男の子だったらそれはそれでまた違った感情が・・・。

嬉しい事にEDがちびマカとちびクロナの仲良し仕様。 こうゆう手の込んだ演出は入れ込んで作ってくれてるなという感じがして大好きだな。
(絵コンテ:増井壮一 演出:千葉大輔 他)

関連記事 | 記事URL

2008年08月19日(火)

[アニメ » テレビ] SOUL EATER - ソウルイーター - #20 黒血の共鳴戦~恐怖に刃向かう小さな魂の大奮闘?~

アバンからマカのクロナへの煽りラッシュが凄い。女の子がああゆう汚い言葉吐くとドキリとする。 ただそういった負けないという気持ちが逆に必死に見えて痛々しい。 案の定ソウルの中の黒血が出てきてこのまま飲まれるのか思えばソウルは思った以上に大人だ。 てゆうかなんでいつも黒血との対話ではダンディーに決めてるんだろなw。 そこへまさかのマカ参戦。確かに合体状態だから登場に無理がないし脳内会議という形でソウルとマカ二人の話し合いを作るのは面白い趣向。 悠長に踊ってる場合かとは思うが結局今のぶっ飛び中なマカは何としてでも相手を倒したいというわけで茨の道を選んだ。 壊れたマカは破壊力抜群でクロナといい今回は二人の顔芸が見所だったなぁw。

クロナはメデューサの実の子?とても男とそういったロマンスがあったとは想像付かんw。 まぁメデューサの事だから鵜呑みに出来ないけど二人の過去は今と同じく殺伐した関係であれじゃああんな偏屈な性格になるわな。 むしろラグナロクとのじゃれ合いが何だか微笑ましかった。

今回はアフレコ終わった後は声枯れたんじゃないかというぐらい小早川さん熱演だったなぁ。 棒棒言われてたマカは既に過去だ。
(絵コンテ:福田道生 演出:安斉剛文 他)

関連記事 | 記事URL

2008年08月12日(火)

[アニメ » テレビ] SOUL EATER - ソウルイーター - #19 開始、地下攻防戦~突破せよ、メデューサのベクトルアロー?~

死神はメデューサの正体知らなかったとは全てお見通しというわけではないのね。 しかしこの力也さんの演技はシリアスな雰囲気では浮いてるんじゃないか、 と思ったら死武専が出来る前の回想で力也さんボイスの似合う格好良い死神登場。今とギャップありすぎで噴いたw。

ブレア暢気だなぁ。ちょっと周りが見えてない頭の弱い子だけどw。 なるほど地上のネズミ共はブレアが相手か。見せ場があるのは嬉しい。

シュタインチームにパパさん合流は伏線なくてちょっとご都合的か。 メデューサがトリじゃないんだないのは意外で面白い。シュタイン考案の作戦概要がコミカルで視覚的に分かりやすいな。

そして始まるメデューサチームとの攻防戦。 一転突破を決めるブラックスターやキッド達が格好良いが流石にブラックスターはギャグ挟んだりせず真面目だw。 マカも加速装置を見事に決めて突破。その後のメデューサのスキを突くナイス攻撃なシュタインは流石手練れてる。 普段チャラけても決めるところは決める姿ってのは格好良いよなぁ。

地面に描いた矢印で相手をコントロールする魔法はさながらパズルみたいで面白い趣向。 攻防に他では見られない多様性と奥深さが出てて見応えあったな。

クロナをスルーするキッドと呆然とするクロナがお間抜けで笑った。 そのクロナにはマカが対峙。自分の舞台を奪われたブラックスターがやたら攻撃的でなんかキャラ違うような?
(絵コンテ:石平信司 演出:浅井義之 他)

関連記事 | 記事URL

2008年08月05日(火)

[アニメ » テレビ] SOUL EATER - ソウルイーター - #18 前夜祭の悪夢~そして幕は上がった?~

マカの気配りで刺身食ってあげるソウルは意外と空気読める奴で好感。 それに引き替えバカ一人と神経質一人は・・・。

酔った降りしてメデューサに接近するシュタインは流石の仕事ぶり。 全く華やかさも明るさもない二人だけの悪魔のダンス。雰囲気最悪ながらしっかり腰に手を当ててるのなw。 そして早くも正体バレ。敢えて二人をシルエットのみで見せるのが只ならぬ不穏さを引き立てて上手い。 というか二人のおぞましいキス未遂を先週と併せて3度も出すなw。

そこへ生きてたシド先生登場でパーティは急転直下。 鍵で閉じ込める仕様のフリーの魔法は強力なのか使い勝手悪いのか微妙だな。1時間というリミット付きは面白いけど。 なるほど死神は鬼神封印の為に死武専から動けなかったのか。しかしいざというときは無力らしく頼りないなぁ。 閉じ込められる寸前シドの機転で強制土葬。もっとまともなネーミング無かったのか嫌すぎるw。

メデューサが魔女と知っても意外とマカ含め皆さん反応薄い。まぁそれほど親しかったわけじゃないし。 シュタインの元に皆さん結束固めて対メデューサ戦へ決めポーズ。 てゆうかいつもの服一体どこから出してきたんだw。ドレス姿で戦うマカや椿も見たかったのになぁ~。
(絵コンテ:岡村天齋 演出:佐藤育郎 作監:菅野宏紀 他)

関連記事 | 記事URL

2008年07月29日(火)

[アニメ » テレビ] SOUL EATER - ソウルイーター - #17 聖剣伝説2~飲む、打つ、買う、いっとく?~

あのメガネのガリ勉野郎オックスにまさかこんな形で出番があるとは。 まぁその相手が鬱陶しいエクスカリバーというのはまさに打って付けとは思う。 しかしよく途中で逃げずにあんだけ自己陶酔な話を延々聞けてたなw。ま、最後は案の定放置されてたけどw。

エクスカリバーの過去は中々波瀾万丈でアメリカンだったりヨーロッパだったりと舞台が変化に富んでて飽きさせない面白さ。 やたら振り回すバーテンダーや凶器を強調しまくる執事とかがツボだったなぁ。

妙に凝ったアバンといいCMといいエクスカリバーウザさネタで遊びまくりだったけど流石にCMはちょっと悪のりし過ぎだったかなぁと。
(絵コンテ・演出:金子伸吾 作監:斉藤英子 他)

関連記事 | 記事URL

2008年07月22日(火)

[アニメ » テレビ] SOUL EATER - ソウルイーター - #16 激闘!幽霊船~ボクの頭の中の地獄?~

モノトーンな色彩の前半が良い感じの退廃的雰囲気だった。

キッドのクロナへのラッシュに惚れ惚れ。ケレン味溢れる構図も見応えあった。 ややふざけ気味だった前回と違い今回は真面目にトンプソン姉妹の回想。 中々凄みがあってやはり二人はシリアスな過去持ってたんだなぁと思いきやパティがすかさず横やり。 やはりこの姉妹はこうでないとw。 クロナとの戦いはキッドの悪癖で終焉。こんな時でも対称を忘れないキッドに感動したw。

メデューサのマカへの見下しぶりとシュタインとメデューサの腹の探り合いが緊迫感あって面白い。 やはりシュタインは感づいてるみたいだな。 シュタインほどの大物が恐怖するメデューサの恐ろしさを改めて痛感。 シドは貧乏くじ引いたみたいで久々にエルカがヘタレじゃない魔女なとこを見せたな。

死神は死武専から離れられない・・・そういえばそうだった。 多分何かを死に神の強大な力によって封じてるとかだろうか。
(絵コンテ:松尾慎 演出:千葉大輔 作監:小平佳幸 原画:和田高明 他)

関連記事 | 記事URL

2008年07月15日(火)

[アニメ » テレビ] SOUL EATER - ソウルイーター - #15 魂を食う黒き龍~臆病リズと愉快な仲間たち?~

お決まりの幽霊船ネタ。こうゆうのには雰囲気的にキッド組が似合う。 キッドも親父みたいながいこつ仮面被る時あるんだな。冒頭は何で死神が?と勘違い。

ウェットになりがちなネタだけど当然この3人だとアホ展開。 一人はぐれて少女幽霊にたかられるリズの顔芸ぶりが面白かったし意外と恐がりなとこも微笑ましかった。 リズがバカキャラから一転してキッド君!って真面目になるのも意外な彼女が見れて面白かったな。 そしてキッドとリズ・パティの過去も少し明らかになったが 出会いが意味不明過ぎててどうやったら今みたいになったか興味が尽きないところ。

後半は突如クロナが乱入し魂を狩っていく展開。 まさか彼(ていうか彼女?いい加減性別きっちりしてくれw)が現れるとは思わなくてお気楽な話から暗転する様はカタルシスがあった。 クロナのラグナロクが武器形態へモーフィングする様は作画のキレっぷりと禍々しい雰囲気が堪らない。
(絵コンテ:五十嵐拓哉 演出:安斉剛文 原画:中村豊 他)

関連記事 | 記事URL

2008年07月08日(火)

[アニメ » テレビ] SOUL EATER - ソウルイーター - #14 (超)筆記試験~ドキドキ、ワクワク、ソワソワ、ウソーン?~

暫くシリアスなバトル展開が続いていたので肩肘張らずに楽しく見られる学園話は嬉しい。 学園話は大概面白い出来なんだけど今回はよりテンポが良く息つく間もない抱腹絶倒な面白さだったなぁ。 みんなキャラの濃さに磨きが掛かってて揃いも揃ってバカばっかなのが笑える。 椿も純情だからまんまと引っ掛かったりして健気だ。 パティに無駄に隠れた才能がw。あれは芸術点あげてもいいんじゃないか。

今回もブレアはエロ要員。こうゆうギャグ回じゃないと出番なくて本領発揮してくれないからなぁw。

チャイナでお団子頭のマカが見た目新鮮で可愛かった。 意外にも出来る子だったマカ。結果を見ても舞い上がらず静かに去って過ごすのが直向きで真面目な彼女らしくて良かった。 ソウルが気を利かせてお茶入れたり微笑ましくて何だか良いコンビになってきてるなぁ。 若かりしパパさんとマカのアルバムも心温まる雰囲気だったしこのまままた~りと・・・ と思ったらブレアのお陰で一転して殺伐としたムードにw。

三日間多分無駄にオーラを送ったあげく変態親父の烙印を押されたパパさん悲劇過ぎる。 まぁでも本人が満足してるみたいだからいいけど後で当分口聞いてくれなそうだなぁ。

ED変更。ポップな仕上がりで最後のマカの笑顔が眩しい。
(絵コンテ:増井壮一 演出:安藤健 他)

関連記事 | 記事URL

2008年07月01日(火)

[アニメ » テレビ] SOUL EATER - ソウルイーター - #13 魔眼の男~ソウルとマカ、ズレゆく魂の波長?~

ダークにくるかと思いきや天然バカだった魔眼の男改めフリー。 パシリにされたカエルのエルカは見返りもないしで踏んだり蹴ったりだなw。

今回はマカとソウルの気持ちを確認し合う回。 どんな激しい訓練かと思いきや誹謗中傷し合いで切磋琢磨とかw。流石外道なシュタインなだけあるなぁ。

そうして波長がずれたままメデューサの手駒にされたフリーとのバトル。 パワータイプかと思いきや魔法主体なのが面白い。 ただ職人とはいえ何も攻撃出来ない女の子に対してのこのラッシュはちょっと引く。

なるほどいわば動物の人間への逆襲というわけか。

強くなるんだ!というマカのヤケクソな意志の強さが格好良いけど切羽詰まってるみたいで痛々しい。 椿の他人の意見も聞けという説教が無かったら破滅だったな。友達には恵まれてる。

魔女狩りでのマカの強靱な気持ちの勢いには痺れた。 更にタックルで力押しでフリー共々落とすとかこうゆう熱血少女も良いね。 どうでもいい事だがソウルにはマカのパンツ見えまくりだなw。

最後においしいとこはやっぱりブラックスターが持っていくのか・・・と思いきやフリーが最後も魅せてくれたw。 あの氷漬けのまま再びメデューサみたいな奴が現れるまで川底なんだろうかな。自業自得とはいえ哀れだ。

今回は一段とマカの中の人の演技の成長が感じられて嬉しかった。もう棒とは言わせないよね。
(絵コンテ・演出:岡村天斉 作監:柴田淳 原画:水上ろんど 他)

関連記事 | 記事URL

2008年06月24日(火)

[アニメ » テレビ] SOUL EATER - ソウルイーター - #12 恐怖に負けない勇気~マカ=アルバーンの一大決心?~

魔女が集う魔女ミサ。 魔女絡みの描写が手薄だったんでこうゆう描写があると魔女の位置付けが伺えて見やすい。 何やら私怨渦巻いてて陰険だがアンジェラやミフネが居て和んだ。 相変わらずクロナは喋るだけで面白いなあ。

ハッタリだけではなかったブラックスター。ビッグ発言にはそんな裏があるとはああ見えて影で努力してんだなぁ。 実際努力してるシーンがあると尚良いんだが。 あの壷の水はDBの猛毒の方の超神水思い出した。

そしてカエルとヘビの対決。 魔法ではなくヘビ使いだったメデューサはインチキ臭いんだがこの抜け目の無さが恐ろしさの一つなんだろうな。 体内にヘビの潜伏脅迫。これはエグイな。エルカの恐怖が如実に伝わってきた。

当然あの感じだとシュタインは正体に気付いてるしこの分だと死神自身も知ってて泳がしてるだろうか。 そしていつの間にかマカのトラウマ克服宣言へ。 現実から目を逸らさないというマカの決意が現れた表情にはグッとくるものがあった。

ブレアはすっかりサービス要員だなw ソウルら男共が嬉しがってるんじゃなく困惑顔なのがまだまだガキだなぁって感じられて微笑ましい。
(絵コンテ:福田道生 演出:浅井 作監:長谷部敦志・根岸博文 原画:松尾慎・中村豊・原田大基・飯野利明 他)

関連記事 | 記事URL

4 / 6: « PREV 2 3 4 5 6 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter