Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 1: 1

2007年12月19日(水)

[アニメ » その他] 2007年のアニメを振り返って

今年も終わりというわけで今年2007年に放送されたアニメを振り返ってランキングしてみる。

一応2007年に終わったということで2006年からの跨ぎ作品も含んで 現在進行中作品は最後まで見てからじゃないと評価不能なんで除外。 当然こちらの地域で放送されて最終回まで見た作品のみを列挙して順位付け。

  1. バッカーノ!
  2. ヒロイック・エイジ
  3. DARKER THAN BLACK -黒の契約者-
  4. 天元突破グレンラガン
  5. コードギアス 反逆のルルーシュ
  6. 精霊の守り人
  7. 電脳コイル
  8. レ・ミゼラブル 少女コゼット
  9. 奏光のストレイン
  10. 武装錬金
  11. 天保異聞 妖奇士
  12. らき☆すた
  13. ながされて藍蘭島
  14. ネギま!?
  15. がくえんゆーとぴあ まなびストレート!
  16. ウィンターガーデン
  17. ロケットガール
  18. ムシウタ

今年一番はバッカーノ。 先が読めない展開はシャッフル構成の勝利という感じで1人1人主役張れそうな濃いキャラ達は楽しませてくれたし毎回外れ回がなく安定した出来だったのも良かった。 中盤から終盤へ怒濤の如く盛り上がって気持ちの良いラストを迎えたエイジも欠かせない。 ハードシリアスな雰囲気でDTBも盛り上がったけど最後がやや肩透かしだったのが悔やまれるか。 グレンはガイナの意地を見せてくれたロボアニメとして最高の出来だったけど如何せん例の騒動がな~。 第2期を控えるギアスは1期内できちんと纏まってくれたら断トツだったんだけど さて第2期でどう仕掛けてくるか。

精霊はIGらしい丁寧な描写が印象に残ったな。 コイルはイマジネーションに溢れててスタッフの踏ん張りを賞賛したい作品。 まさに少年漫画的な熱い展開で武装は見てて気持ちよかった。 途中迷走するもキャラや世界観が魅力的で打ち切りが悔やまれた妖奇士。 ストレインは大風呂敷で壮大な物語をきちんと1クール内で纏め上げれた。

コゼットは久々に4クール1年と通して見続けれた作品。 飛び抜けて素晴らしかったというわけでもないけどジャンのロリっぷりwとコゼットの健気さが印象的なシリーズだった。

こうやって挙げてみると今年も印象深く面白い作品が見れたな~。 来年も思い出に残るような作品に巡り会える事を願おう。

関連記事 | 記事URL

1 / 1: 1

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter