Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 3: 1 2 3 »

2008年10月15日(水)

[アニメ » テレビ] 二十面相の娘 #22 チコ

あれから数年後。前回で物語の片は付いたんで今回はエピローグ話。

すっかり春華は大人びてセレブな雰囲気だな。 トメさんは殆ど変わってなくチコはちょっとボーイッシュに。これは微妙か?w。 チコはもう完全に裏世界から足を洗ったようで刺激欲する春華はちょっと物足りないみたいだ。 トメさんと空根はやっぱりフラグ立ってたのかw。

まるで同窓会のような雰囲気でこの3人が揃えば幾つになっても少女探偵団再結成だな。 チコは迷子少年を過去の自分になぞらえて励ましたんだろう。 春華は嫁ぐまで残された時間をチコと過ごし童心に返りたかったんだろうかな。

そして第1話の冒頭にリターンしてプロローグを見せるのは上手いな。 ここから二十面相のロリコンセンサーが働いたというわけかw。

最後に恒例の「おじさん!」で〆。おじさんとまた再会出来たのかとか色々妄想の余地があるのが楽しい。

テレコムという事もあってどことなく名劇の雰囲気が心地よかった。 要所要所で魅せるアクションや平野綾さんの卓越した演技など見所多いシリーズだったな。 スタッフの皆さんお疲れ様でした。
(絵コンテ:矢野雄一郎 演出:富沢信雄 作監:青野厚司 他)

関連記事 | 記事URL

2008年10月07日(火)

[アニメ » テレビ] 二十面相の娘 #21 夜明け

いつの間にか立場が逆転してチコがおじさんに諭してるのが可笑しい。 それ程心身共に強くなったって事だろう。

教授とのレーザー照射攻防戦は手に汗握る。 あんな超兵器のすぐ側に居たらチコが蒸発してしまわないかハラハラw。 窮地でどうなると思えばここでまさかのあのルビーペンダントが起死回生の逆転アイテムになるとは。 何がどうしたら弱まったのか論理は分からんがある意味最後の最後でおじさんに助けられたな。 教授の最後は予想付いたがこうゆういさぎがいい死に様は悪くない。

そしておじさん離れして二十面相の娘として堂々と生きる決意をしたチコ。 成長が感じられて感慨深い。

エピローグではトメさんと一緒にチコがイギリスへ行く事に。一瞬空根も付いていくのかと焦ったw。 春華との友情が爽やかで見てて気持ちが良いね。 このまま最終回でも何ら問題ない締めだったな。てゆうか予告見るまで今回で最終回かと思ってたよw。
(絵コンテ:友永和秀・富沢信雄 演出:池畠ヒロシ 作監:宍戸久美子・古俣太一 他)

関連記事 | 記事URL

2008年10月01日(水)

[アニメ » テレビ] 二十面相の娘 #20 怪人二十面相

チコの窮地にケンが飛行船で救出。こうゆう時ストーカーは頼りになる。

暴徒は警察の誘導もあって現実に恐怖し始めたみたいだ。 げんきんだけど人間心理ってのはこんなもんだろうな。 前回といい抑制の効かなくなった大衆の恐ろしさを思い知らされたな。

教授も実は強化人間だった。更に元々は彼が怪人二十面相と言われててたという。 いわば裏の二十面相の教授と表の二十面相であるあじさんとの対決っていうのはラストに相応しい。

私は二十面相ではなくおじさんの娘!と宣言して戦うチコが成長が見られて頼もしい。 その端で当の二十面相は見てるだけでまたチコ頼みなのが情けないがw。

今回は特にチコのロープアクションが冴え渡ってて見応え満点だったな。

関連記事 | 記事URL

2008年09月24日(水)

[アニメ » テレビ] 二十面相の娘 #19 地獄風景

まるで関東大空襲受けたみたいな東京の町がきな臭くて空恐ろしい。

教授の策略によりとばっちりを受けた二十面相。 と思ったらチコの方がよっぽど一大事だこれは。

恐怖に駆られ暴徒と化した民衆ほど怖いものはないなぁ。 最初こそチコは軽くかわすが段々追い詰められて切羽詰まっていく展開には手に汗握る。 絵的に大の大人が幼気な少女を追いかけ回すのはちょっと見てて嫌になるなぁ。 実は何よりも怖いのは人間心理だったというのはリアルだ。

関連記事 | 記事URL

2008年09月17日(水)

[アニメ » テレビ] 二十面相の娘 #18 恐怖塔

もっと圧倒的力で出す抜くのかと思いきや手こずったりと意外と抜けてるんじゃないか二十面相・・・。 そうこうするうちに教授により水の第4形態が遂に発動。 あんな塔いつのまにという感じで意外とスケールでかい。 その威力はコードギアスのフレイヤみたいなものか。 硬直していた事態は春華が切っ掛けを作って辛くも強化人間を倒すも教授はしぶとく生きてそうだ。

で、二十面相はまた死ぬ死ぬ詐欺かw。

関連記事 | 記事URL

2008年09月10日(水)

[アニメ » テレビ] 二十面相の娘 #17 大暗室

ストーカーケンはチコを追跡。 そこへ女の刺客。法面に頭擦りつけるとこはマジ痛そうだがこの女も香山と同じく強化人間か。 と思ったらそこへその香山が助太刀でまさかの再登場。ケンやチコに協力していく流れかな。

液体・気体・固体。そして4つめの姿。水の第4形態。 意外と理系方面に話しは進み中々興味深い展開。

一方のトメさんと空根はチコ捜索スタート。空根と一緒なのは明らかにお荷物だなw。

また春華は人質になってるのかw。まぁ春華の性格からしてこの状況をも楽しんでそうだけど。

なるほど音階差に数字を隠していたか。ちょっとしたミステリーものみたいで面白い。

本性表し悪魔と化した教授。 そんな窮地に颯爽と二十面相登場!はいいけど一歩間違えれば春華がお陀仏になってたぞw。

関連記事 | 記事URL

2008年09月03日(水)

[アニメ » テレビ] 二十面相の娘 #16 暗号

何ら警戒なくご飯を頂けますと言える時が来ようとは感無量だ。 以前離れていった友達二人ともより戻せたみたいで良かった良かった。

空根もすっかり良い奴に。しかしあれではまるでトメさんとの夫婦とチコはその娘だなw。

陽気に鼻歌歌う二十面相が妙に不似合いでちょっと可笑しかったが これがどうでもよさそうな先生達の恋話と絡みちゃんと二十面相追跡に繋がる展開に感心。 本で歌の意味を調べるとこはまるで推理物みたいで雰囲気あって面白かったな。

そんな中いきなり二十面相の差し金と名乗る少年がチコに勝負吹っかけてくる。 相変わらずパンツ見えないアクションは流石だが相手もつけてくるんだから侮れない。 チコの最終的なライバルになるんだろうか。

そしてチコはトメさんの心配をよそに二十面相の師と言う爺さん教授と共に二十面相への核心に迫っていく。

関連記事 | 記事URL

2008年08月27日(水)

[アニメ » テレビ] 二十面相の娘 #15 少女探偵団

チコとトメさんの新婚生活スタート。 そこへ割ってはいる春華はああは言ってるけど唯一の親友チコに会いたがりな寂しがりやなんだろうなぁ。 百合百合だったらしいトメさんの学生時代が激しく見たいw。

トメさんが探偵団入り即断したのは美少女という冠が付いてたからだな。 サブタイバックの女探偵団ネタから春華の妄想大爆発な探偵団シーンとか 前半は普段の二十面相らしくないコミカルな演出が填ってて楽しかった。 なるほどあのEDは春華の妄想ネタからだったのね。 本編で実際に見られるかと期待してたんでその点残念だったけど普段見せない色々な表情やコスプレ見れて嬉しいところ。

偶然ババアが使わせた敵が現れてからはチコのターン。 追っ手との余裕綽々な攻防戦が見応えあった。 ほうきアクションと華麗にスカートを舞い上がらせるアクションに見入るがやっぱりパンツは見えない。 その代わりトメさんの太ももがあらわにw。この場面ではトメさんが最強だったな~。

空根は最初は嫌な野郎だったが妹の件以来情けない感じが良い味出してきたな。 ババアと対峙して言うことだけ毅然と言ったシーンは格好良くて空根を見直した。

関連記事 | 記事URL

2008年08月20日(水)

[アニメ » テレビ] 二十面相の娘 #14 死の飛行船

死ぬのは5回目か・・・。 ああは言ってるがケンも内心不安なんだろうな。

あの飛行船はツェッペリン号のオマージュ入ってるんだろうか。 空を舞台にしたスペクタルな雰囲気が良く出てたし墜落シーンの迫力も中々だった。 というかあの乗客達生きてたのかよ。この前は死んだような描き方だったからちょっとずっこけた。 そしてチコの再びの二十面相探し。 こんな幼気な娘を度々翻弄するなんて何て奴だ。

トメさん操られた後もババアの企みちゃんと覚えていてくれて良かった。 そして持ち前の肝っ玉でババアと対峙。 意外と早く決着は着いたがあのババアならトメさん躊躇なく殺してしまいそうだからまだまだ不安だ。 と思ったら予想通り性懲りもなく悪巧み考えてるみたいでこいつはもう殺害でもするしかないな。 もう今更なこのネタはいい加減何とか早く蹴りつけて欲しいものだが。 まぁ何はともあれトメさん大勝利というわけで一軒家でのチコとの新婚ラブラブ生活ゲット。次回が楽しみだ。

関連記事 | 記事URL

2008年08月13日(水)

[アニメ » テレビ] 二十面相の娘 #13 白き炎

ケンも積もる話はあるだろうにあれだけの回答で納得したのか? 二十面相はやはり戦争絡みで自分に決着付けようとしてたか。

白髪女が裸体でトランクから出てきたのには噴いたけどあの壮絶な過去にはいたたまれない思い。 その女と共にした二十面相の過去も明らかになったけどあれはどう見ても二十面相に非があるだろ・・・。 真面目なおじさまかと思ってたのに・・・。 結局今回の騒動は男と女の関係が憎悪になったという事か。意外とみみっちい話に収縮してしまったなぁ。

あの去り際は無責任じゃないか。誘っておいて勝手に消える・・・。なんだか二十面相の真意が分からんなってきた。 自分の元へ来てくれたと勘違いする白髪女が哀れ。
(絵コンテ:岡村天斉 他)

関連記事 | 記事URL

1 / 3: 1 2 3 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter