Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 3: 1 2 3 »

2008年03月30日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #25 刹那

ソーマ、セルゲイこの二人が出るとどうしても親子的な微笑ましさが出てしまい主役陣のアレルヤが悪者ぽく見えてしまうな。 融合?したアレルヤの吉野さんの演技は中々迫真だった。

ソーマ庇ってセルゲイ死亡とかあり得すぎてどうしようかと思ったが・・・。 「私は1人に・・・」 ソーマのそれまでの孤独さとセルゲイと一緒に居られた幸せ感が伝わってきてほんと良い人と知遇を得れて良かったなと感慨深い。

そしてソーマとアレルヤにそんな繋がりがあったとは。なんて狭い世界w。

アレハンドロはのこのこMAで出てこなければよかったのにと思ったがどのみちリボンズに殺される死にキャラか。 ラッセも散った。ま、前回から思い切りフラグ立ててたからね・・・。 熱くて良い奴そうだったのにもっと前々からキャラ立てしてればなぁ。

死んだと見せかけてアレハンドロ復活は常套。でもここで百式オマージュくるかw。 よく吠える奴ほど(ryというわけでエクシア界王拳モードへ。 剣は見せかけだけじゃないというロックオンの言葉で一期に粉砕。 「俺たちがガンダムだ!」その割りには刹那の一人舞台だった。

う~んこの雰囲気だとグラハム戦は冗長だったなぁ。 おまけにグラハムと刹那ではライバルとしての繋がりが弱いから因縁とか言ってもどうも盛り上がり不足。 グラハムの「この気持ちは愛だ!」には笑ったけど。しかしもっと腰の据わった奴かと思ったけどちょっと狂気キャラに振りすぎちゃったなぁ。

ティエリア・アレルヤ共に最後は生死不明うやむや。 流石に全滅ENDは出来なかったか。

終わり間際は二期へ向けての伏線張りに余念なく。

ソーマとセルゲイが生き残ってくれたのが今回一番ホッとした嬉しい瞬間だったな~。

沙慈は宇宙での仕事に就き予想通りMS乗りへの道が開けた。 ティエリア?とルイス。いやEDにリジェネって朴さん声でクレジットされてたから別人かそれとも何らかの繋がりがあるのか。 しかし鼻でフンッって見下した感じがなんだかいかがわしい関係を彷彿させるなw。

マリナ姫の元からシーリン去る。どうしてまた?愛想が尽きた? これから調教していかなきゃって時なのにな。 この場面は別シーンの会話をインサートさせる演出だったから一瞬シーリンじゃなく別のメガネ秘書かと勘違い。 ちょっとここは意図通り出来てなかった気がする。

う~ん二期があるから何もかも持ち越しですっきりしない最終回。 ある意味二期へ向けての壮大なプロローグといったところだったんだろうか・・・。
(絵コンテ:寺岡巌・角田一樹・水島精二 演出:角田一樹・水島精二 作監:千葉道徳・森下博光・中谷誠一・大塚健・松田寛・有澤寛 原画:佐村義一・阿部邦博・今泉良一・松川哲也・阿部宗孝・寺岡巌・斎藤英子・今石洋之・小松英司・中谷誠一・大塚健・松田寛・有澤寛 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月23日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #24 終わりなき詩

回想する刹那とロックオンとの出会い。ロックオンの目付きが死を予感させて感慨深い。

「嫌なんすよこうゆうの」そういやスメラギも同じ様な事言ってたなぁ。 鬱積した空気に堪えられなくて逃げ出したい気持ちはよく分かる。

遺言でなく生き残る為に頼りを出すクルー。 今更になってクルー達が身の上話とかそれもう死亡フラグでしかないから・・・。

フェルトが日本語で手紙書いてるのは突っ込んじゃ負けですか・・・。 普通に英語なら違和感なかったのになぁ。分かりやすさを優先させたんだろうか。

いつの間にかMA上のアレハンドロ。MAは黄金に輝くエルメスっぽい。 わざわざ出向いてきてやられ役ご苦労様って感じだなぁw。 リボンズはどこいった?やはり何か裏で暗躍してる感じか。リボンズに裏切られってのがありそう。

後半は黒富野オマージュですか・・・。

コーラサワー。こいつはしぶとく生き延びて二期でも軽口叩きながら女追いかけてると思ってたのになぁ。 「んあ?」って最後の間の抜けた台詞がコーラサワーらしい。 でも確実に消えた描写もないわけだしまだ望みあり?

死を予感しフェルトを待避させるクリスティナの気配りシーンからもういよいよって感じで泣ける。 リヒティはクリスを庇って死ねて本望だったが結局クリスも逝ってしまう。切ないなぁ。 ここでのクリスの中の人の感情押し殺した演技が良かった。

今回もまたグラハムの出番無し。ラストどう活躍するのか楽しみな様で不安な様で。
(絵コンテ:榎本明広・ミズシマセイヂ・長崎健司・北村真咲 演出:うえだしげる 作監:しんぼたくろう・高瀬健一・千葉道徳 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月16日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #23 世界を止めて

存在する事に意味があるソレスタ。抑止力になるという事か。

トランザムがお披露目になった途端皆さん使い出したみたいで なんだかDBのスーパーサイヤ人のバーゲンセール思い出した。

ティエリアのロックオンに対する不器用な優しさにホロッとくるものの アリーの名を知って黙っているロックオンじゃなかった。 この時点でああヤバイなとは思ってたが・・・。

てっきり眼帯ファッションなのかと思いきやこうゆう事かぁ。 影が薄くなってしまったがハワードの仇に燃えて突撃するダリルも泣かせるものがあった。

ガンダムを捨て1人孤独な戦いへ行くロックオン。 ハロのロックオン連呼でもう泣けるんだが・・・。 ここでの静寂感も良かったが中の人の三木さんの熱演がとにかく素晴らしく心を揺さ振られるものがあったなぁ。

そして爆発に巻き込まれて散ったロックオン。 もしかしてこの曖昧さだと後々復活もありえるか?でも黒田さんだからそう甘くはないか。

やはりこうゆう己の命を犠牲にして何かを成す瀬戸際展開はグッとくるね。 流石ロックオン兄貴。見事、見事と言うしかない散りっぷりだった。

この調子だともしかして全滅ENDもありえるんだろうか。 今回これに一番責任感じるであろうティエリアが次にやばそうだなぁ・・・。

一気に小物化したアレハンドロは間違いなく今期内で消えるw。 声優に捕らわれてたけど案外リボンズも全てお見通しって分けじゃなさそうかなぁ。
(絵コンテ・演出:長崎健司 作監:大貫健一・西井正典 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月09日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #22 トランザム

度々ティエリアに対し「人間」といってる事から人じゃない何かってのは確かっぽいなぁ。

スイーツ(笑)。 ネーナもスイーツ(笑)脳だったか。

トリニティvs人革。 火を入れろっていうセルゲイのアナログな言い回しが味があって良いな~。 トリニティに奇襲するジンクス部隊。密集体型をとり機敏に攻撃防御する人革格好良い。 この辺はアップテンポなBGMとテンポ良い演出もあって中々エキサイティングな映像だった。 超兵だけど人並みな熱血を見せるソーマも良いね。

しかしすっかりアレルヤは脇役だな。 この間の島で3人の輪に入ってなかったからやはり少し友情の距離感が出来てるのか。

そして現れる傭兵アリー。 トリニティも所詮捨て駒の一つに過ぎなかったというわけでフルボッコな展開。 瞬殺されたミハエルが哀れすぎる。中の人はポケ戦ガンダム主人公なのに酷い扱いだなw。 ヨハンに逃げろ言われて「はい」と従順に応えるネーナが可愛かったが しかしネーナだけ生き延びたってのは展開的な御都合が感じられるなぁw。 これにてネーナも沙慈同様仇討ちキャラと化すのか。もしかして将来の沙慈の仇討ち役として残したとか。 どちらにせよ大罪を犯してるので今後改心するという救済展開はなく暗い未来だろうなぁ。

暗躍するアレハンドロ&リボンズ。 なるほどイオリアは冷凍睡眠で復活という手があったか。 しかしここへ来てアレハンドロに随分小物臭が漂うなぁと思ったらイオリアは更に上手だったと。

システムトラップにより起動したらしいトランザムってのはいわば界王拳みたいなもんか。 このままアリーと一気に方付けるのかと思いきや。逃がすなよな~。 やはりアリーがラスボスか。相変わらず藤原さんはこの手のキレた役やらせると水を得た魚のようだw。

イオリアの演説がこだまする中ラストの怒濤の展開劇はドラマチックで否応なく盛り上がった。
(絵コンテ・演出:北村真咲 作監:松川哲也・有澤寛 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月02日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #21 滅びの道

沙慈に突き付けられた境遇があんまりにも酷すぎるんでもしや重傷追いながらも何とか一命は取り止める展開かと 思ったけどやはり絹江姉ちゃんは死んじゃったか・・・。 ここから芽生える反骨精神ははたしてどう転がるか。 沙慈の親父さんは無実の罪で投獄されてたようでなんていう波乱な人生。 そして沙慈は姉ちゃんがソレスタの創設者イオリアを追跡していた事を知り更にガンダムへの道は近づくと・・・。 この感じだとMS乗りではなくジャーナリストとして追求って方向もあるかな。

相変わらずカティとベッタリなコーラサワー。 すっかりフルボッコされたヘタレ野郎と全世界に認知されてるみたいだなw。 その後のガンダムに対しての破竹の快進撃が眩しすぎる。腕は流石に立つみたいだなぁ。

ヴェーダに見捨てられるソレスタ。 1人茫然自失なティエリアはやはりヴェーダの何らかの繋がりがあるんだろうかな。

ガンダーム!!で動くとかwそんな気合い論でいいのかよw まぁスメラギさんが珍しく予報官として良い仕事したからだけど てゆうか任務中に酒はいかんだろw。

まぁここでロックオン退場はないだろうけど前回語られたビーム兵器による後遺症が気になる。 4人の中ではロックオンが明快で一番好きな奴なんで大丈夫であって欲しいが。 てゆうかフェルトとのフラグはまだ残ってたんだな。

今回の仕掛け人アレハンドロとリボンズ。 結局は世界征服という子供じみた目的だったのか?
(絵コンテ:ヤマモトナオミチ・角田一樹・ミズジマセイヂ 作監:今泉良一・松田寛 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月24日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #20 変革の刃

こんだけ科学が発展してる世界ならいつかルイスの腕も再生出来るだろうと思いきや・・・。 ガンダムのビームは細胞障害を引き起こす為再生は不可能と・・・。なんという御都合的な設定だw ルイスの悲愴さと沙慈のガンダムへの怨念を倍増させる為だろうけど作為的でちょっと萎えたなぁ。 そういえばグラハムがカタギリに対しガンダムのビームがどうのこうの言おうとしてたけど もしかしてルイスの障害は今後更なる問題を巻き起こす伏線だったり?

そんな沙慈に更に追い打ちを掛けるように記者の姉ちゃん絹江がアリーの手で退場。 以前からアブナイなぁとは思ってたけど雨の中沙慈の名を言いながら息絶える姿にはまさかという感じで呆気に取られたなぁ。 アリーが凄みを徐々に見せながら絹江に本性を現すとこは藤原さんの演技も良くてなかなかのカタルシスぶりだった。

これで沙慈は否応なく戦いの道を選ぶ事になったというわけで もう1期内では間に合わないから2期での主役格のMS乗りというポジションが見えてきたな。 やはり濡れ衣着せられた格好の刹那と対決するライバルキャラだろうか。

恐らくアレハンドロの手引きで太陽炉搭載MS30機が各陣営へ。 それぞれ新機体に息巻いてたけど それでもフラッグでガンダムを倒すと友情に熱いグラハムは筋が通ってて格好良いな。

グラハムに負けじとセルゲイも熱い。 新機体でそれみた事かとトリニティを蹴散らし退散させる姿はこれまでがあったから痛快だったな。 久々に勝利の美酒に酔えた事だろう。 シーマも勝利に戸惑う姿が微笑ましかった。

アレハンドロが黒幕として頭角表してきたけど一々不適な笑みを浮かべるリボンズに結局は手の平で踊らされていたというパターンだろうか。
(絵コンテ・演出:角田一樹 作監:森下博光・佐村義一 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月17日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #19 絆

やはりヴェーダの予定通りか。 トリニティも結局はステ駒の一つに過ぎないのかね。

しかしここでティエリアが刹那の応援に駆け付けるとは。 元々トリニティを嫌ってたからここぞとばかりだったんだろうな。 ナドレまで繰り出すマジっぷりが面白かったよ。万死に値する!は決め台詞になっちゃったなw。 更にはロックオンも駆け付けボコボコにしてやんよと言わんばかりな展開で面白かったんだが アレハンドロの横やりで決戦は先延ばしでちょっと消化不良。

私の夢を叶えてねと言い別れを促すルイス。 やはりこの為の伏線だったバカップル生活。回想シーンが今となっては痛々しい・・・。 まぁ今となっては出会わなければよかった・・・ってとこか・・・。

後半の刹那とロックオンの主義主張のぶつかり合いは緊迫感あって見入った。 それぞれ筋が通った言い分で二人の言動に共感出来たし過去の吐露ですっきりもしたな。 最後に刹那の俺はガンダムになるにロックオンのおまえはガンダム馬鹿だと身も蓋もない一言で 変にこじれず爽やかに終わってくれたのも良かった。

トリニティ兄弟のお陰かやっと主役陣に主役らしい魅力が出てきて俄然面白くなってきたな。

クルーにまで呆れられるスメラギさんが哀れでこの仕事向いてないんじゃないかと思う。

次回遂に謎の男リボンズが動き出す?声が蒼月さんwなんでやはりラスボス的存在なんだろうかなぁ。
(絵コンテ:木村真一郎・水島精二 演出:うえだしげる 作監:千葉道徳・しんぼたくろう・高瀬健一 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月10日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #18 悪意の矛先

ゲラゲラ笑いながら月光蝶を展開させ基地を薙ぎ倒しまくりなネーナ。 声の可愛さとは裏原に民間人殺害しまくりという展開がえげつねぇw。 ごめ~んスイッチ間違えちゃったエヘッ!じゃないだろw。 兄貴らも勝手な行動は慎めと言うだけで今回はトリニティ3兄弟のイカレぶりが際立ってたなぁ。 で、これでトレミー側はあらぬ濡れ衣着せられた形となりこの雪辱を晴らすために トリニティ3兄弟との対決がどうやら第一部のクライマックスとなりそうかな。

ルイスと沙慈は予想以上に凄惨な方向へ・・・。 最初はルイスも意外と明るくてお惚気かよ思わせておいて最後にズドーンと陰鬱に落とす。 まさか左手喪失とは・・・。おまけに指輪をはめる側なのが容赦ないなぁ。 まぁこの時代だと医療技術で何とでも出来るんではと思わんでもないが ここはちわちわの押し殺した演技もあって何とも言えないやりきれなさがあったなぁ。 沙慈はどう動くだろうか。まさかいきなりMSパイロットになり敵討ちとはならんだろうけどw 刹那とお隣さん同士ってのが今後のキーになりそうだなぁ。

ここまであからさまに酷い事やらかしてしまったら感情的にはもうトレミー側応援せざるをえないよね。 トリニティ3兄弟へ立ち向かっていく刹那は待ってましたと言わんばかりの格好良さで やっと主人公らしく正義の立ち振る舞いが様になってきた。 ここまでの持って行き方は乱暴だったけどトレミーvsトリニティといよいよ盛り上がる対決図式となってきたな。

そして仲間の仇討ちと打倒ガンダムに燃えるグラハム側のドラマも面白い。 手傷を負ってるってのがこれまた燃える。
(絵コンテ・演出:長崎健司 作監:大貫健一・西井正典 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月03日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #17 スローネ強襲

新旧ガンダムマイスター対峙。 緊張感に満ちてるというかいきなりキスとかナイフで斬り付けとかこの荒みっぷりがいかにも今風。

ネーナはいきなり刹那にキスしてデレ面みせたと思ったらあまり怒らせない方がいいとか言い暗黒面見せたり、 ミハエルは常時いかれてるわでまともそうなのは兄貴のヨハンぐらいだけどでもきっとこいつもなんだろうなぁ。 トレミー組マイスターらといい変人じゃないとパイロットは勤まらんらしいw。 とはいえネーナのぶりっこぶった可愛さは萌え萌えな釘宮さん声もあって堪らなさ過ぎて参った。 クリスティナがネーナに反応してたけど船内で出会って女のバトル開始とかになったら面白かったのになw。

それにしてもろくに正体も判明してないのにエクシア待機解除とか相変わらずスメラギさんは駄目駄目だなぁ。 変に正義ぶってない分トリニティ3兄弟をメインに据えた方が展開的に面白そう。 容赦ない基地蹂躙攻撃にはカタルシス感じたしまさかエイフマン教授をあっさり殺害するとは思わなかったな。

ルイス・沙慈にやっと動きがあったと思ったら思い切り死亡フラグ過ぎて笑ったw。 予告見る限り流石にそれはなかったぽいけどまぁ何にせよ不謹慎ながらやっとお待ちかねという感じで。
(絵コンテ・演出:榎本明広 作監:松川哲也・有澤寛 原画:長谷部敦志 他)

関連記事 | 記事URL

2008年01月27日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #16 トリニティ

新ガンダムパイロットに釘宮さん声投入で萌えガンダム化。 可愛らしい釘宮声なネーナに厳ついボディというアンバランスぶりが堪らない。一期に華やかになったな。 長射程射撃なヨハン、俊敏な動きのファンネルを駆使するミハエルとトリニティ3兄弟お披露目。

ミッションコンプリートとか言ってたけどこの助太刀はソレスタクルーは折り込み済み? 違うならてんで戦線を把握出来てないソレスタは間が抜けてるな。 苦境を招いたスメラギさんは相変わらずお咎め無しみたいだが一刻も早く解任した方が良いと思う。

後半はトリニティ3兄弟と国連大使で監視者なアレハンドロ側から見た前半のソレスタの動きをおさらい。 アレハンドロ対する監視者ら顔の見えない相手が美術品というのはシュールで目新しい。 しかし不問続きで甘いというか。トリニティ3兄弟が旋風を吹かしてくれる事を期待しよう。

どうやって帰りゃいいんだ~!というコーラサワーが相変わらず良いアホっぷりだw。
(絵コンテ・演出:北村真咲 作監:今泉良一・松田寛 原画:佐村義一 他)

関連記事 | 記事URL

1 / 3: 1 2 3 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter