Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 2: 1 2

2008年04月02日(水)

[アニメ » テレビ] GUNSLINGER GIRL #13 流星 - stella cadente -

ヘンリエッタ泣かせちゃって寸前でドタキャンとかいつもの気配りロリヲタぶりはどこいった。

アンジェとリコの死期に関してずけずけ言うリコとジャンは端から見たら異様だな・・・。 安心しろにジャンのささやかな優しさを垣間見るも刻々近づく死期に絶望感が。

せめてものというわけでアンジェの犬を探しにいったマルコー。 結局見つからなかったけどこの行動知ったらどんだけアンジェが喜んだろうか。

そのアンジェにいよいよ崩壊が。記憶が混乱してる様が痛々しいがそれを察して去っていくヘンリエッタが何というか・・・。

ヘンリエッタに義体としての自己のアイデンティティを問うマルコー。 その答えは人を愛する気持ち、それは人間としても機械の人間としても変わらない。ということなんだろうかな。 傍で聞いてたジョゼはその言葉にむず痒くなったかw

最後はみんなで第九を歌いながら流星鑑賞。 クラエス役の仙台さんドイツ語発音頑張ってるなぁ。

画像

原作通りだし演出意図も分かるんだが少し騒々しくてロマンチックな雰囲気を壊し気味。 ここはオケ版第九を流すのではなく彼女らのアカペラだけでも良かったかもなぁ。

出来ればフォーレのレクイエムからAgnus DeiもしくはIn Paradisumとかを流して欲しかった。 第九よりこの状況に相応しい。

記憶障害の果てに思い出したパスタの物語。それに慌てふためきつつもいそいそと語り始めるマルコーにちょっと救われた。 最後の最後であの幸せだった時に戻れて良かった。

画像

マルコーの優しい語りを聴きながら静かに目を閉じるアンジェ・・・。 このままEDに流れ込み最後まで最後を視聴者の想像に託す作品だった。

そしてシーンは第1話冒頭へ。 何も言わず凛とした表情でジョゼを見つめるヘンリエッタが何だか怖い。う~ん。

全13話、原作アニメのお手本の様な作品だった。 原作からアニメへのプラスマイナスは尽く成功してたな。 原作の荒涼とした雰囲気の再現が見事だった。まさに空気が読めたアニメスタッフ。 さくらといい浅香さんはほんと手堅い。最後まで安心して見ていられたな。
(絵コンテ:浅香守生 演出:川村賢一 作監:山本善哉・阿部恒 原画:田崎聡・野田卓雄 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月27日(木)

[アニメ » テレビ] GUNSLINGER GIRL #12 共生 - simbiosi -

大芝居打ったとかやり過ぎちゃったとかやはり前回のラストシーンは確信犯だったのか。 ヘンリエッタ意外と計算高いな~。でも人間らしさを感じさせるのは良いね。

グレネード投げるシーン格好良い。 可愛い女の子が格好良い仕草するってのは萌えるわ。

今回はクラエスとアンジェリカの物語。 身代わり娘とすり替わるという事で変装するのかと思いきやそのまんまかよw。 容姿が結構違うけどアバウトなもんだな。

誘拐されたのにこの歳で落ち着きすぎで逆に不信がられるだろ。 一粒の麦ではないって台詞から博学なのが逆に身を滅ぼすという展開かと思いきやあの女は天使さんだった。 そういや爆弾テロの回で出てきた二人組だったな~。 あの性格からして二人とも犯罪から足洗った方が身のためだと思う。

たれ込みの裏付けもないのに大がかりに突入する二課の抜けっぷりに笑った。

なんてざまだとアンジェリカに悪態良いながらもピッタリ付いてあげるマルコーは あの一瞬みせた表情から本心はあの頃に一瞬戻ったんだろうかな。

死んでしまいたいと嘆くアンジェリカを撲つクラエス。 自分の担当だったラバロはもう死んだけど クラエスはまだ寄りを戻す事が可能な担当官が居るのに死ぬ死ぬ言うなってとこなんだろうかなぁ。

それにしてもヘンリエッタとかこうゆう寒いロケーションでもいつものミニスカなんだなぁ。 義体はあまり寒さを感じないのか?
(絵コンテ:古橋一浩 原画:兵頭敬・小松英司・野田卓雄 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月21日(金)

[アニメ » テレビ] GUNSLINGER GIRL #11 恋慕 - febbre alta -

エルザでの件でシチリアへ飛ばされたヘンリエッタとジョゼ。 それを追うフェルミとエレノア、というわけで前回の続き。

原作でも好きだったんだけどヘンリエッタとエレノアが料理するとこが等身大の女の子らしさが出てて好きだな。 このシーンでのヘンリエッタが前髪上げてるのもいつもと違う明るい可愛さがあって良い感じ。

画像

画像

ひったくりはヘンリエッタを標的にしてしまったのが命取りw。 崖からの大ジャンプでバイクに即追い付くという改めて義体のポテンシャルの高さを思い知らされるシーン。

気に入らねぇ。気持ち悪い。と義体システムに不満言うフェルミがぶっちゃけてて良いな。 まぁ他者から見たらそうだよな。

義体の在り方についてフェルミから突っ込まれ思い悩むジョゼ、 普通の女の子と超人な義体に揺れ動くヘンリエッタとこの辺は中々考えさせられる。

エルザの死の真相。 報われない愛ならいっそ一緒に死ぬ。そしたらもう愛に苦しまずに済む・・・という事だった。 でもその相手があんな冴えない奴だなんて・・・。ラウーロの反応見てたらエルザが可哀想過ぎるよ。

そのエルザの回想とヘンリエッタの今をオーバーラップさせたのは緊迫感あって中々魅せるな。 本気か冗談か、それとも私もエルザと同じ事をするかもというジョゼへの脅しか。 この辺りヘンリエッタの真意は窺い知れない。
(原画:小島正士・斎藤哲人・堀内博之 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月16日(日)

[アニメ » テレビ] GUNSLINGER GIRL #10 熱病 - amare -

えぇぇぇ・・・エルザ死亡かよ・・・。 前回あんな後味悪い終わらせ方しといてこんな結末なんて救いがなさ過ぎるじゃないか・・・。

ここで思い出したが今回のこれは原作の1巻第4話か。前回のはオリ話でこの話の前振りだったと。 う~ん実に良くできてた前回だった。上手く出来すぎてて感情入ってしまい今回が辛い・・・。

今回はその惨殺事件を契機に一課のフェルミが二課へ探りを入れる回。 まずはリコへ義体性能の小手調べ。好奇心が過ぎると身を滅ぼすというわけだ。

仲間の死にそうですかの一言で済ますヘンリエッタは愛しのラウーロと一緒なら寂しくないという。 義体同士の感情の希薄さと担当官との異常な繋がり具合が窺い知れるシーン。

ジャンに厳しく条件付けられたリコは冷徹無比な反応だけど ヒルシャーに緩く接しられてるクラエスはやや人並みな反応で見てる方も安心する。

相変わらず御褒美でヘンリエッタを手懐けるジョゼ。 いつどちらかが死ぬかもしれない命、少しでも思い出あるいはジョゼ自身を写真として残して欲しいという事なんだろうか。 この辺は前回エルザがラウーロの写真を撮ったのと繋がるなぁ。

今回フェルミの中の人には池田秀一とは意外な人選だなぁ。やはりこの人の喋りは味わい深い。
(絵コンテ・演出:山本沙代 作監:山本善哉 原画:とみながまり 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月05日(水)

[アニメ » テレビ] GUNSLINGER GIRL #9 彼岸花 - Lycoris radiata Herb -

この話は原作で読んだ記憶がないな。まぁ新鮮に見れるからいいか。

相変わらず殺戮シーンは容赦ない。 笑顔で「とても簡単なお仕事で」とか能登さんのほんわか声で言われると破壊力満点だw てゆうかエルザはメチャメチャ可愛いなぁ。

画像

画像

画像

画像

小柄な体にツンツンした表情が堪らなくて蹴られたり罵られたい。

今回もヘンリエッタのジョゼさん焼きもち病。そのジョゼはヘンリエッタの気持ちに気付いてるみたいで ジョゼとラウーロとの会話はまるでジョゼのロリヲタぶりをラウーロが窘めてるみたいで可笑しい。 ラウーロの方はあくまで義体は道具。ロリには興味ないらしい。 つーか例の噂ってのが激しく気になるんだがw

車中でエルザを意識してるヘンリエッタに御褒美を用意して気を引き締めるジョゼと BGMが無機的にガンガン響きいつもと様子が違うのに気付かずフォローも入れないラウーロとの対比が印象的。

案の定エルザはしくじり1人絶望を味わう。 ここら辺の切迫した空気感の演出は見事だったなぁ。 最後の突き放したラストもあって立ちすくむエルザ同様見てるこちらも呆然とした気分に。 掛ける言葉もなく戸惑うヘンリエッタも印象的だったが 見事難なく必中させたジョゼが凄くて笑ったw。いや課員だから当たり前なんだけど普段がふつ~で頼りない感じだからなw。
(絵コンテ・演出:川村賢一 作監:香月邦夫 原画:野田卓雄・田崎聡 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月26日(火)

[アニメ » テレビ] GUNSLINGER GIRL #8 御伽噺 - Il Principe del

記憶を失ったアンジェリカと情熱を失った担当官マルコーの悲歌。

アンジェリカの気を紛らわす為にマルコーが創作でパスタの国の王子様物語を聞かせたり その話のネタに困るとがたいのいい課員総出で展開を考え合ったりして立ち上げ間近な作戦二課の暇さっぷりがのどかで楽しいところ。 アンジェリカのまさに天使的な可愛さも光ってた。

そんなアンジェリカが初期型故に記憶障害を起こしてしまい今までの記憶が消えてしまう。 折角これまでの楽しい日々が全てパーになってしまい マルコーの今までやってきた事は無駄だったのかという気持ちが痛いほど伝わってくるけど 自分の意図した通りにならなくなったらぞんざいに接したりと何ともいたたまれない酷い話だ。 ある意味使い捨てな今の萌え文化を皮肉ってるようにも。

ヘンリエッタのトリエラよりも殺っつけた!は子供らしい無邪気な言い方が条件付けの恐ろしさを如実に表していたな。

関連記事 | 記事URL

2008年02月19日(火)

[アニメ » テレビ] GUNSLINGER GIRL #7 守護 - protezione -

原作1話飛ばしてリコの要人警護な回。 アンジェリカメインの喜びの歌は確か最終回に持っていったんだったかな。

冒頭は朝靄に染まる広場の中挿入歌が掛かったりして感傷的な雰囲気が映画的で美しい。

「大人になるほど残された可能性は減っていく・・・」 リアルにグサリと突き刺さる台詞だ・・・。

優しいお兄さんとリコが言いながらも裏では極悪非道なジャン。 原作でもこの辺は耳削ぎがあったりしてうぎゃあって感じだったけどアニメはそういった描写抜きでも 宮本さんの淡々とした演技が冷徹感を醸し出し十分えげつなさを感じられたな。流石巧い。

そして露わになるフィリッポへの警護任務。 毎度ながら少女から殺人マシーンへの豹変ぶりとそれにあっけにとられる人達の描写が痛快で 途端にさん付けからフィリッポと呼び捨てにするジャンに笑ったよ。

「撃っちゃっていいですか?」と何度も何度も聞くヘンリエッタ怖ぇぇw。 車から年端もいかない女の子が銃構えて出てきたらそりゃ面食らって油断するだろうなぁ。

最後は顔から血流しながらフィリッポにフォロー入れるリコが痛々しくも眩しい。
(原画:坂井久太 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月13日(水)

[アニメ » テレビ] GUNSLINGER GIRL #6 報酬 - gelato -

キャラ紹介編はお休みで今回はスペイン広場を舞台とした焦臭くもありどこかホッとするような話。 今回は再びヘンリエッタにフォーカス。

エンツォに頭撫でられるヘンリエッタが萌え萌え。 つくづく思うが買い与えるとかまんまプリメみたいな育成ゲームのシチュだよなぁw。 応援を呼ぶと言われ自分で出来るもんとばかりに拗ねてる姿も年相応な子供っぽさで可愛かったな。 いややろうとしてる事はアレなんだけどw。 体育座りでパンツが見えそうで見えない・・・。このギリギリ感が良いね。

まぁテロの行方とかはどうでもよくローマの休日の王女気分なヘンリエッタが可愛かったんでそれだけで満足した回だった。

若干絵が甘かったかな。
(絵コンテ:片淵須直 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月06日(水)

[アニメ » テレビ] GUNSLINGER GIRL #5 約束 - promessa -

クラエスとラバロの付かず離れずな関係。

クラエスはもう少しロリっぽい声を想像してたから小清水さんの落ち着いたトーンの演技は意外だったけど全然良いな。 ラバロは堀内さんでジャン役の宮本さんといいヒルシャー役の江原さんといい渋声なおじさま声優勢揃いで嬉しい限り。

今回も良くも悪くも酷い話で最後の実験体クラエスには目を覆わんばかりだが・・・。 そんな中ではクラエスとラバロの釣りシーンがホッと心休まるシーンで 全く仲良さげじゃない二人の不器用ぶりが微笑ましい。 魚を釣り上げた時のクラエスのオーバーな動きも年相応な表情が見れて良かったな。

射撃訓練場でのシーンは原作でも読んでて壮絶だなと思ったが映像にすると余計にえぐさが増して 条件付けの恐ろしさを見せつけられたなぁ。
(絵コンテ:片淵須直 演出:太田雅彦 作監:室井ふみえ 原画:野田卓雄 他)

関連記事 | 記事URL

2008年01月30日(水)

[アニメ » テレビ] GUNSLINGER GIRL #4 人形 - bambola -

生理痛で苦しむトリエラと不器用な男ヒルシャー当番回。

原作読んだ時もそうだったたけどやはり生理云々は男だと体験出来ないから実感沸かず中々しんどさが分からない。 でも生理で疲労して顔赤くなってるトリエラは可愛いなぁ。

画像

ヘンリエッタはジョゼの妹、リコはジャンの道具とかなんて男のロマン。 ヒルシャーはトリエラに何を求めているか。雰囲気的には娘って感じだろうなぁ。

マリオがチョーさんだった。こうゆう渋い役どころも良いよね。

雪降る最後はお互いデレで和む良いシーンだったな。

今回はアクションがいつも以上に切れてた。 きっちり順を追って動きを見せてくれるのは見応えあるし嬉しい。
(絵コンテ:青山浩行 演出:中村亮介 作監:石井久美 原画:田崎聡・田中誠樹・兵頭敬・中澤勇一 他)

関連記事 | 記事URL

1 / 2: 1 2

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter