Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 3: 1 2 3 »

2008年04月05日(土)

[アニメ » テレビ] 獣神演武 -HERO TALES- #26 演武の果て

岱燈・慶狼の最終決戦で幕を開けた最終回。 ここへ来て何でも星の定めのせいにしてヤケクソ気味慶狼はいかにも悪の親玉風情でバトルは盛り上がるけど すっかり思想云々は吹き飛んじゃってその点は物足りない。

状況を察してか居ても立っていられない汰賀帝。 信じて待っているのも立派な任務だと思うけどな。 意のままに流されるのではなく自分で行動しなきゃ切り開けないという言葉は 汰臥帝の成長ぶりと皇帝としての器になったなと感じさせてくれた良い台詞。 燕紀は虎揚が気になって戻りたくなったんじゃないかw。

その虎揚は女ゾンビ衆を倒すも最後は粋な計らいで悲運な女共を弔ったのが彼らしかった。

化け物化した趙香は劉煌・麟盟のラブラブパワーで敗北。 ここでまさかの男ってどうしようもない同盟旗登場に笑うべきなのか迷った。 慶狼という男に翻弄された趙香もあの世でどうしようもない同盟に入れという意味なのか?

慶狼の力に打ちのめされた岱燈は麟盟さんに一喝して貰い奮起。 ここまで全く良いとこない頼羅も馬鹿アニキ!と渇入れでやっと出番。 結局女頼みかよって感じでまさに男ってどうしようもないって台詞が聞こえてきそうだw。

そしてみんなの友情パワーと慶狼へのむかつきパワーで一期に粉砕。 春風が吹いたと感じさせる程の力の差はどこいったw

とはいえこのシーンの作画ボルテージはそんな御都合を打ち消してくれる程に熱く見てて盛り上がったな。

破れた慶狼は人に戻り瀕死ながらもあれこれ語るのを期待してたんだが・・・それも無くあっさり。

後日談。 未だプロポーズ出来てない虎揚の小心ぶりに笑ったけど 燕紀の満面の笑顔からしてはいはいご馳走様って感じだったなぁ。

意外と似合う坊主頭の劉煌。今回一番損な役回りだったなぁ。今度は他人の意見にすぐ流されないようにしないと。

この広い星空の星一つ一つがみんなの定めを司ってて運命は自分次第。 頼羅が綺麗に纏めて終幕。 そういや血が繋がってないというおいしい設定があったけど大して意味なかったな。

当初は流し見だったけど 回を追う毎にキャラに面白さが出てきて終盤は結構楽しく見られるようになった。 思わぬ伏兵の良作だったかな。
(絵コンテ・演出:関田修 作監:相坂ナオキ 原画:鈴木奈都子・日高真由美・相坂ナオキ 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月27日(木)

[アニメ » テレビ] 獣神演武 -HERO TALES- #25 貪狼神

慶狼を完全に見切った劉煌は趙香に操られ岱燈を戦う填めになるお約束展開。 意志は残ってるみたいでゾンビ化されなかっただけましか。

それに対し殺すしかないとか死ぬとか虎揚のネガティブぶりにがっくり来たよw

命を削り劉煌を助ける将鶴。 結局彼はその場の状況に応じて破軍でも貪狼でもどちらにも汲みする中立派だったか。 五神闘士全員揃ったのは一瞬だけだったなぁ。

落ち武者趙香は慶狼に切られるかと思えば自ら絶ったか。 役立ち度は低かったか肝が据わってた女だったな。 と思えば意識付きのゾンビとして復活。少なくとも前よりは強そう。

いつもの雑魚女忍者現るかと思えばゾンビ蜘蛛女だったという。 自分だけ楽な方取るからしっぺ返しくらうんだよ虎揚w。

まさに人を越えて化け物化した慶狼と岱燈は遂に最終決戦へ。 てゆうか頼羅は丸腰だが大丈夫なのか。

予告の絵が壮絶だなぁ。 まさに魂のぶつかり合い。趙香も物凄い化け物化してるしどちらも見応えありそうだ。 これは最終回否応なく期待高まるな~。

当初は単なる暇つぶしで見てたアニメが回を追う毎にここまで楽しみになるとはねw。

関連記事 | 記事URL

2008年03月22日(土)

[アニメ » テレビ] 獣神演武 -HERO TALES- #24 暴走せし宿業

慶狼との決戦前夜それぞれの思惑。

星の定めになんか気にせず俺に付いてこいという五神闘志設定そのものを全否定する岱燈は流石だ。

男共をビシッと締める燕紀格好良い。 その燕紀に明日をも知れぬ戦いの前に虎揚がプロポーズするのかと思ったらそこで切り上げるかw。 案外照れ屋なのが可愛いがここでの燕紀の言う男ってどうしようもないは切実だったなぁ。 う~ん死亡フラグが何となく・・・。

史明に操られてなぞなく自身の行動だった慶狼。 確固とした思想や理念を持ってたと思ってたんだがなぁ。残念だ。 4回も岱燈と対峙して倒せなかったのはけしかけた史明おまえが悪い!って凄い思考の跳躍だなw。

結局史明は中身空っぽな入れ物で本体自体はあの剣だったというわけか。 だから以前あの剣が壊れそうになった時に異常な反応示してたんだな。

そうゆう分けで慶狼は史明を吸収。 まるでスーパーサイヤ人から1段階上の力任せなパワーアップをしたトランクスみたいになっちゃったよ。 う~んこうなると普通の善対悪の化け物退治アニメになっちゃったなぁ。 それぞれの思想が入り交じる何が正しいかどちらが正しいかという戦いを期待してたのに。 結局一番馬鹿を見たのが劉煌だったのか・・・。

関連記事 | 記事URL

2008年03月14日(金)

[アニメ » テレビ] 獣神演武 -HERO TALES- #23 激突

楽天的で理想論振りかざす岱燈とどんずまり思考で現実主義な劉煌の激突 単におまえともう一度戦いたかっただけってのが岱燈らしくて良いな。 絵的にもこの辺りの動きは中々魅せてくれた。

そしてどうしようもない同盟に侘姫が追加かw。

孔凋も陛下の乱心に気付いたみたいだし共闘展開になるかと思いきやこれは凄惨な・・・。 長年信じてきた人にこんな仕打ちを受けるとはやりきれんだろうなぁ。 親子の絆を断ち切れず最後に親子の愛情を見せた孔凋。図体とは裏原に人情味溢れるいい奴だった。

勿論これに燃えなきゃ岱燈じゃないというわけで慶狼と激突。 勝負に負けた劉煌は蚊帳の外でこれにてやっと当初の対決図式に収まったな。

その激突の後いつの間にか船上にいる岱燈。おいおい。 都から追放したのも気にしちゃいねぇの一言で済ませる岱燈はつくづく出来た男といえばいいのか軽い奴といえばいいのか。 汰臥帝が兄弟として「兄上」の一言。長年の思いが込められたグッとくる良いシーンだった。

孔凋の死に異を唱える劉煌。 当然気持ちが揺れ動いてるわけで今後は子が父を撃つという展開が待ってそうだな。

皇帝になれという汰臥帝。すかさず早まるなと言う麟盟の台詞が可笑しかった。 まぁ岱燈に国任せたら自由さは増すだろうけど。

どうやら慶狼の目的は戦いの元凶である人間を滅ぼす事だったらしい。 ああやってしまったな・・・。ついに本性表したというか。 それともこの唐突な慶狼の極悪さはもしかして史明に操られてる?

関連記事 | 記事URL

2008年03月06日(木)

[アニメ » テレビ] 獣神演武 -HERO TALES- #22 帝都錯綜

賢嘉爛舞を抜きついに本性表して皇帝の座に着く慶狼。 万丈さんの雄叫びが悪っぽくて良い感じだ。

恐怖で人を支配せんとする慶狼。前回出来る男と思ってたがやはり所詮はって事なのか。 劉煌から実の息子だと告白されたが意外と正体に勘づいてなかったみたいだったなぁ。 で息子と気付いた途端に汰臥帝処刑取り消しの進言を聞くとかどんだけ親ばかなんだと思ってたら 最後のにやり笑いと殺せの台詞といい何か企み思いついた様子でそうは甘くはなかった。

流石水族なだけあって虎揚は空の上が大の苦手みたいで その弱点を知ってる燕紀の尻に敷かれてた虎揚が面白い。 そして陸に上がるや否や強気なんだもんなw。

そんな仲間の助けもあり順調に汰臥帝救出作戦は進行。 途中中ボス級と思われた孔凋とのバトルがあるものの呆気なく岱燈の勝利で肩透かし。 孔凋は汰臥帝に付いていく侘姫にショック受けたり侘姫が編んでくれた刺繍見つめてキュンキュンしたりと完全に親ばか路線だな。 図体デカさと中の人のギャップでそうゆうとこは萌えるけどw。

最後はお仲間集合・脱出で胸の鋤く流れでめでたしめでたしと思ったら 劉煌が気合いの一撃。てっきり去るのを見守るだけかと思ってたから意外。 そして次回二人が雌雄を決すると。熱いぶつかり合いに期待しよう。

関連記事 | 記事URL

2008年02月29日(金)

[アニメ » テレビ] 獣神演武 -HERO TALES- #21 悲憤の白衣

岱燈の史明に対しての何がしたいんだってまさにそうだよな。 対決させて血がみたいだけなんだろうか。

そんな史明の意図した通りか慶狼とばったり出会い実は慶狼は良い人だった回想の始まり~。 亡き妻の為に毎年墓に参る慶狼の素顔は誰よりも愛する者を大切に思う一心が感じられてこれまでを払拭する好漢ぶり。 今回の言い分で力でねじ伏せる慶狼のやり方にもなるほどなと頷けたし内部から詰め寄る戦力も説得力あったな。 この流れで岱燈とは徐々に理解しあえるのかと思いきややはり宿命からは逃れられないみたいで対決へ。 毎度使えないw趙香の火攻めは慶狼は指示したって言ってたけど偶々起こった事態を憎しみを自分に向けさせる為に利用したってとこだろうかな。

劉煌が慶狼を父親として何度も意識してるけど慶狼自身も頻繁に自分の側に置いてる事からして息子と気付いてるっぽいか。

次回はいよいよ慶狼が汰臥帝押しのけて皇帝の座に。 予告の賢嘉爛舞が抜けない汰臥帝が間抜けで笑った。どう動くか見物だな~。
(作監:奥野浩行 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月22日(金)

[アニメ » テレビ] 獣神演武 -HERO TALES- #20 動乱の幕開け

超香の意見を突っぱねすんなり操り人形とはならない汰臥帝。皇帝として肝が据わってきたな。

岱燈達は虎揚御用達の秘密の隠れ家へ。 女共の「男ってどうしようもない同盟」への固執ぶりは一体何なんだ・・・。 てゆうかあの旗堂々と飾ってたら隠れるも糞もないような。

闘核に責任擦り付けてそのどさくさに慶狼を撃とう作戦。 虎揚はどうせ殺されるんなら利用してやれという作戦だけど 汰臥帝の機転で闘核は生かされるこの歯車の合わなさっぷりが面白い。 予想通り麟盟と劉煌が鉢合わせるも思いっきりスルーする劉煌。 おいおいかつての思い人にその態度はねぇだろ。まぁ一応悔しがってる描写はあったけど・・・。 てゆうか燕紀出て行って助けてやれよw。

岱燈が皇帝なんかならないと言った途端、慶狼が賢嘉爛舞を引き抜き手中に収める。 史明が関わってるからまた何か仕込みなんだろうか。 何にせよOPから影薄くなった慶狼の見せ場はまだまだあるみたいでw。

関連記事 | 記事URL

2008年02月15日(金)

[アニメ » テレビ] 獣神演武 -HERO TALES- #19 わかたれし星

OP変更。こんなタイミングで変わるって事はもしかして2クール以上だった? 今後は岱燈vs劉煌のガチバトルがメインっぽいなぁ。慶狼は1カットしか出てなくて思い切り蚊帳の外なんだが・・・。 まぁ想像される視聴者層からしたら劉煌との方が盛り上がるだろうしなぁw。 さり気なく麟盟の後に男ってどうしようもない同盟の旗があったのに笑ったよ。 当初は一発ネタかと思ったのにここまで引っ張るかw。

汰臥帝と侘姫との結婚。 周囲では色々思惑が入り交じっているのに二人はつゆしらずってのが哀れというか。 一応慶狼を自分の目が届くとこに居させようとしたみたいだが果たして。 史明はまた何か企んでるのかね。

将鶴が趙香と一悶着あったみたいだがあの死期が近い云々は将鶴の嘘っぽい感じが。

そして雑魚を率いて慶狼側の隊長として現れる劉煌。 久々の再開だというのに麟盟さんに声掛けるぐらいしろよと。思い人じゃなかったのかと。

岱燈の父曹英が殺されたってのに国の礎になられたかって・・・。 劉煌は完全に慶狼の思想に染まってしまったみたいだなぁ。 確かに時として力でねじ伏せる事も必要だろうし劉煌の言ってる事も分からないでもないが。

関連記事 | 記事URL

2008年02月07日(木)

[アニメ » テレビ] 獣神演武 -HERO TALES- #18 蓮通寺炎上

孫寧はまだまだ健在で返り討ちにするパターンかと思いきやあっさり捕まるのなw もしかして岱燈を試してるのかしらんが愉快な爺さんだ。緒方さんの軽妙な演技がこれまた良い。

反面曹英は圧倒的で頼もしい。人質にも動じない冷静さ。 いつか岱燈も父と並び追い越せれるか。

戦いでも親子阿吽の呼吸をみせるもう~んここでまさかのお別れとは・・・。 岱燈を責め立てる頼羅がやるせない。

人ではないもののけな史明。運命を弄び楽しむこいつはほんと最低だな。 そう思わせられる二叉さんの良い意味で嫌らしい演技が最高。

そしてそんな鬱積した気持ちを一蹴してくれた史明を瓦毎に吹き飛ばす岱燈の攻撃が痛快だったな~。 作画の方もこのシーンは飛び散る瓦といい良い動きを見せてくれた。 それにしても放置された趙香が間抜け過ぎて笑えるw

そして今回を機に更に一致団結して再び旅立つ一行。 次回は遂に劉煌と対峙で嵐吹き荒れそうな予感で楽しみだ。

関連記事 | 記事URL

2008年02月01日(金)

[アニメ » テレビ] 獣神演武 -HERO TALES- #17 父子の絆

劉煌生存確認。星で生死分かるとかそんな簡単なら孫寧以外で誰か知ってる奴居なかったのか?

そして以前の似てるという伏線通り岱燈と汰臥帝とは兄弟だったという真実が明らかに。 といっても岱燈はやたらあっさり受け流したのでそれほど衝撃的という感じでもなく。 てゆうかそんな自分の過去知ったらもっと違う反応の仕方があるだろうにこの楽天ぶりが岱燈らしいというか。

引き続いては武芸披露大会。 地味なのは全員だったような気も。もう少しハッタリきかせた見せ方だった方がよかったかな。

以前出会ったあの二人のガキのフォローがあったのは嬉しかった。 孫寧じいちゃんも女好きだったり虎揚を手玉に取ったりと意外とお茶目なとこがあって面白かったな。
(絵コンテ・演出:藤本義孝 他)

関連記事 | 記事URL

1 / 3: 1 2 3 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter