Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 1: 1

2009年01月28日(水)

[アニメ » テレビ] もえたん #9 風…流れる

随分詩的なサブタイと思いきやそっちの風邪の意味か。 ツンとデレで悶々するすみが可愛らしかった。 しかしこうゆう状況でも脱がしエロ見せるとはなんだか良心が痛むなw。 今回はエロじゃなくいんくとすみとの絆が中心。 回想でみせる仲良い二人には和むし瑠璃子さんも母親的な優しさで見守ってたりとこうゆうまたーりとした話も案外この作品はいけるね。

関連記事 | 記事URL

2009年01月15日(木)

[アニメ » テレビ] もえたん #8 トラブル

ここ最近はリミットが掛かったかのような大人しめな内容だったけど アバンの身内ネタから何かやらかしそうな気配だと思ったら全編エロとパロとロリしかない回だったw。 一応麗美と里奈との友情ぽい話はあったけどオチを含めてとってつけたような感じで 良くも悪くも内容がなく丸々女の子達の裸オンリーだったなぁ。 しかしまぁ毎度の事思うがほんとよくこれを放送出来たなと思う。今回は特にちょっとしたエロアニメの域だしw。

見所は多かったがやはりいんくママと瑠璃子さんのシャワーシーンか。ロリばかりな中で成人女性の裸体は貴重だw。 あとパンチラですったもんだしたりダンディと過去あんな事やそんな事がという吉田先生や男共に取り囲まれ羞恥プレイな雫とか楽しめたポイントが多く中身はないけど違う意味で神回だったかなw。 どのみち終盤はありす絡みでシリアス増になりそうだからこうゆう羽目の外しっぷりも良いよね。

関連記事 | 記事URL

2009年01月03日(土)

[アニメ » テレビ] もえたん #7 狙われた学園祭

何気にコスプレしてる瑠璃子さんが可愛いな。 しかしその後のあの暴虐の意味するところはすみを守るためかそれとも鬱憤晴らしだろうかw。

今度は種割れで本領発揮な雫は典型的なアニメに影響されて成りきりやすい子ってとこだなぁ。 じきにコスプレに填りそうだ。 ママさんまで何言ってるのかと思えばああなるほど雫はママからの遺伝だったんだなw。

後半は一転してシリアスムードでありすのいんくへの挑戦状。 あの親父野郎は一発キャラかと思いきや結構引っ張るな~。 岩田さんの演技好きだからいいんだけどね。 トラップにかこつけていんくの触手プレイを見せるのは流石だ。 あーくんが珍しく洞察力鋭いキレキャラに。確かにこれは気付かんかったな~。

どうやらあーくんとありすの関係で終盤は進めていくみたいで思ったよりシリアス寄りな展開になりそうか。 今までのおバカなノリが好きなんでこのままだとほんとに緑の子はいらない子になりそうだなぁ。

関連記事 | 記事URL

2008年12月27日(土)

[アニメ » テレビ] もえたん #6 初めてのデート

町内会でくじ引き当たって雫の計らいでいざナオくんといんくのどっきどきデート。 まぁいつも通りといえばいつも通りなんだが 雫やいんくママの素っ裸といいいつにも増して裸分が増量だったなぁ。 個人的には裸やパンツより妄想あーくんのコスプレいんくにだめ押しされたw。 あとすみが何故かV字型パイロットスーツ着込んでる姿は意味不明過ぎて笑ったよ。

それにしても「お洋服が真っ黒~恥ずかしい~」って言いながら ワンピたくし上げパンツ見せるいんくってバカなんじゃないのかw。 ま、この場合スタッフが良い意味でバカ過ぎるってとこだろうなw。

最後はママさんのしんみり思い出話を絡めてナオくんと良い感じに。 外面より中身が大事というなんだかこのアニメへの皮肉にも聞こえなくはないけど。

関連記事 | 記事URL

2008年12月19日(金)

[アニメ » テレビ] もえたん #5.5「すみと瑠璃子のもえたんダイアリー」

総集編だった。 この作品で振り返る意味あるのかと。 多分制作が間に合わないからの策だろうなぁ。

すみと瑠璃子さんによるナレってのが良かったなぁ。 どっちかというと二人ともつっこみタイプだからか眠い総集編もシャキッとした雰囲気で楽しめたな。 これがいんくとあーくんだったらグダグダだったろうw。

後半は小野坂さんの本能の赴くままの喋りに呆れるわ共感するわで笑ったw。

関連記事 | 記事URL

2008年12月10日(水)

[アニメ » テレビ] もえたん #5 小さな思い出

時をかけるもえたん。 過去干渉とか全く気にせずナオ君やすみと絡みあういんくがおいおいって感じだったがある意味子供だからまぁ仕方ないかw。 その挙げ句二人にトラウマと趣味を植え付けただけで諸悪の根源だったというのが 相変わらずこの作品らしい投げやりっぷりで楽しいところだったなぁ。 あと夕闇空でのいんくとナオ君やすみとの触れあいとか普段とは違うシットリ具合が良かった。

しかし瑠璃子さんは高校時代でもメイド気質だったのかw。 もっと昔の姿や学校での様子とか家庭事情とか激しく気になるなぁ。

中田穣治さんの若声は新鮮だw。

関連記事 | 記事URL

2008年12月02日(火)

[アニメ » テレビ] もえたん #4 時の中のアイドル

あーくんの小さい胸は良いことだに共感。まぁデカいと品がないよね。 瑠璃子さんが文字通りの悪魔っぷりでうなされるすみが可愛いけどフェイスフラッシュとかどんなセンスだw。

というわけでアイドルでありながらいんく同様魔法少女なありすをフィーチャーした回。 変身バンクはキャラを意識してか大人しめ。お供のペットかーくんの気怠さが良い味出してるな。

いんくとすみの69とかw相変わらず股間の食い込み描写には力入ってるなぁ。 飲んだくれ親父の作画と岩田さんの演技の弾けっぷりが良いね。 タコさんモンスターが出て以降も作画の遊びが楽しかった。

しかし親父とあーくんがよく分からん世界でぶっ飛んでるなぁと思ったら的確ないんくの突っ込みに笑った。 まぁ細かい事には目を瞑れってのは初回から分かってた事だけどねw。

そして再びあーくんがありすと何やら揉めあってるけどこちらは本筋絡みみたいで一応真面目な展開もあるんだなw。

関連記事 | 記事URL

2008年11月23日(日)

[アニメ » テレビ] もえたん #3 恐怖大作戦

すみの別荘でバカンスの巻。 寝間着姿はラブリーだなぁ。何故にマクロスw。 ここでも瑠璃子さん暴走。阿吽の呼吸でのボケ突っ込みが気持ちいい。

しかし女6人に男1人とはまさにハーレムの具現。至れり尽くせりじゃないか。 ナオくんなんて羨ましいんだ・・・。

高校生なのに幼児体型ばりばりないんくとすみはさておき 裸エプロンチックな瑠璃子さんの水着がポイント高い。

肝心の話は中身がないというか。 なし崩し的にいんくとすみがお互い変身魔法少女である事を確認し 瑠璃子さんが幽霊と飲んでいたという。 まぁこの適当なはちゃめちゃ具合がこの作品の持ち味なんだろうね。

関連記事 | 記事URL

2008年11月18日(火)

[アニメ » テレビ] もえたん #2 ライバルなんていらない

瑠璃子さんは家政婦というより母親って感じの役回りだな。 ちょっと乱暴だけどw愛情ゆえにってとこか。

新たにすみの相棒となったかーくんはあーくん同様エロ要員か。 檜山さんってのが意外なキャスティングだった。

そのすみといんくが2話目にして早々に正体バレ。まぁすみの方は状況が特殊だけどw。 隠すとか全くなく昨今の魔法少女アニメを茶化したような展開が良い意味の適当ぶりで楽しい。 それにしても変身シーンが前回より際どくなってるようなw。

今回も随所にネタが仕込まれてて楽しかったけど張り紙ネタはシャフトアニメに対抗意識かw。

関連記事 | 記事URL

2008年11月09日(日)

[アニメ » テレビ] もえたん #1 マジカルティーチャー

アバンが真面目だったのであれっと思ってたらすぐ田村ゆかりん声でロリコンモード全開。 この風貌で高校生とかw。これで何か言われても高校生だからOKというわけか。 しかし思考は小学生らしいボケボケぶりが可愛かったな。アホっ娘萌えという奴か。 久々にゆかりん声を最大限生かした作品だなぁ。

エロアヒルのアーくんは小野坂さんそのまんまじゃないかw。 いわゆる視聴者目線代表というわけだな。今後更なるセクハラとエロリアクションに期待。 そしてライバルキャラらしいすみはアホ毛でいじり甲斐ありそうだな。

パステルいんくになってナオ君とこへ駆け付けたとこが一番面白かった。 いんくとインク、髪の色違いだけなのに気付かないナオ君ってどんだけw。 追い出したのはナオ君にはロリ属性はないという事か。これではいんくと結ばれるのは望み薄だなw。 テロップで変身しても顔一緒じゃね?というセリフ突っ込みやコピー禁止メッセージとかには笑った。

しっかり萌えアニメのテンプレよろしく風呂に入ったり敵らしいキャラが曰くありげに顔見せしたりと作りにも抜かりがない。 ひたすらエロく頭悪そうな内容ばかりになりそうだけどエロはエロでもライトで明るいのが好感もてるな。

関連記事 | 記事URL

1 / 1: 1

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter