Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 1: 1

2009年05月08日(金)

[アニメ » テレビ] 夏のあらし! #5 秘密の花園

ああっ潤が可愛過ぎてもう女の子にしか見えない!ってやっぱそうだったんかw。これまで一体どっちなんだという謎の魅力で視聴者をやきもきさせてたが満を持して潤で落としにきたなぁ。シャワーでのカメラワークや絶妙な隠しとか一応建前は男の子なのにと思うと滑稽で噴くw。

そうこうしてマスターの策略によりいつの間にかメイド喫茶一色になってたのは笑ったな。てゆうか一のメイドとか1カットだけにしとけよ。誰得。一は潤の素っ裸やパンツ見たわけだから普通気付くだろうとは思うんだがそれとも気付いててわざと遊んでるんだろうか。やらしい性格の一ならありそうだな~。

それにしてもゴキはおろかネズミまで出る喫茶店って嫌すぎるんだがさり気にガンバのパロやってるのが相変わらず抜かりないなw。

コーラ話とか相変わらず意味不明なコントやってんな~と思ったらまさかそんなのがオチに繋がるとは。じゃあ「塩下さい」も壮大な前振りだったりするんだろうかw。

アムロとシャアが仲良く座ってたのが可笑しかったが杉田さんの特徴をよく捕らえた物まねは見事だったなぁ。シャアとか上手すぎだろw。他の客やTVのも全部やってるんだな~。やっぱ芸達者だ。

関連記事 | 記事URL

2009年05月02日(土)

[アニメ » テレビ] 夏のあらし! #4 想い出がいっぱい

前半はあらしの魅力にフェチ的に迫ってたのが印象的でその可憐な美しさに吸い込まれそうだったなぁ。 白石さんのナチュラルな演技がこれまた良い。こうゆう綺麗なお姉さん系の演技も出来るんだなぁ。 それと対照的にマスターのけばけばしさは違う意味で破壊力満点だったw。

事務所という単語が出てきて何となく潤の居る理由が分かった気がするがどうだろうか。 夕焼け空の下あらしに大見得気って言うシーンはどこか曰くありげでセンチメンタル。やはり何かしら関係があるんかな。

前回から戦時風景が頻繁に出てきて先の見えない展開で面白くなってきた。 あとグラサンシーンでのコントラスト効かせた画面作りが印象的だったな。

関連記事 | 記事URL

2009年04月25日(土)

[アニメ » テレビ] 夏のあらし! #3 守ってあげたい

今回もシチュエーションコメディな演出が絵的に楽しい。 一とあらしとの掛け合いも和気藹々してて良い雰囲気だな。 夏の夕方のひなびた空気感で魅せるシーンが少年少女の一夏感が出てて良いなぁ。

やっぱり一との言動からして潤は女男みたいか。理由は最後まで明かされるだろうか。 クレーンゲームで百面相なあらしが可愛い。 グラサンの電話コントも下らなさ過ぎて面白かったな。

まさか戦時下の昭和にタイムトラベルで飛び空襲が物語りに絡むとは思わなかった。 コメディ一辺倒かと思いきや作品世界はシリアスも違和感なく溶け込ませれる器があるとは意外で先行き楽しみだ。 あの親子はあらしの親族なんだろうか。

今更気付いたがレコードジャケットが今作の演出コンセプトなんだね。

関連記事 | 記事URL

2009年04月17日(金)

[アニメ » テレビ] 夏のあらし! #2 少女A

アバンの陰影を駆使したアーティスティックな演出がこれぞシャフトって感じで見入ったなぁ。

2話目で事の始まりを書いた今回。 変化球も良いがやはり各キャラの関連付けから始めてくれた方が作品に入りやすい。

なるほどタイムトラベルはパートナーが居ないと出来ないという制限があるのか。 しかもあらしは実は幽霊?言葉通りかそれとも今の世界の人間じゃないという比喩だろうか。 単なるドタバタかと思いきやファンタジー色が出てきて良い感じ。 グラサンが小夜子追ってるって事も何かトラベル絡みで関係してるっぽいかな。

グラサンとマスターとのレースは散々盛り上げておいてのオチに笑った。 グラサンの熱血空回りっぷりが楽しい。

あらしは1話より女子高生らしい可愛らしさが出てヒロインとして魅力出てきたな。 一も嫌みったらしさが余り気にならなかったし。初対面の潤にすぐため口なのが彼のフランクさが分かって良い感じ。 こうなるとやっぱり変則構成は失敗だったかな~。

で、結局潤は女男なのか男女なのかどっちだw。小見川さんキャスティングもそうゆう中性的な面狙ってるんだろうなぁ。

関連記事 | 記事URL

2009年04月10日(金)

[アニメ » テレビ] 夏のあらし! #1 プレイバックPart2

スクランの小林尽さん原作だがなんか随分絵柄変わっちゃったなぁ。それとも大田さんの絵なんだろうか。

本編。漫画チックな顔で自己中な主人公に全く好感が沸かない。 ヒロインも顔が面長で萌え的な魅力がない。 話も一のしょうもないイタズラ話で勝手に盛り上がるだけ盛り上がって何が面白いのかよく分からない。 タイムトラベルというSF要素があるのには吃驚したけどさして面白さに繋がってるとは思えず。 新房×シャフト連合も今回は外れか・・・と落胆してたら 後半カヤがイチゴショートを巡り一悶着起こしてからが一気呵成な面白さだったな。 てっきり一と小夜子だけがトラベル出来るのかと思ったが どうやらトラベル自体ごく日常茶飯事に行われてる模様でそういった人達が集まった場所でのミステリーコメディってとこか。 お気楽に何度もトラベルしてイチゴショートを巡りスケール大きいんだか小さいんだか分からないバカバカしい展開が面白かったな。 当然過去へ飛ぶとパラドックスが起こるが消えるか消えないかという駆け引きは単純ながら明快な見せ方でスリリング。 畳み掛けるようなテンポも気持ちよく各キャラが縦横無尽に時を掛けていく様は痛快だったなぁ。 一体どうゆう所縁でこうなったのかさっぱり見えてこないがその分先行きには楽しめそうだ。

絶望やゆっくりなどのパロはどうでもいいな。コンテ担当した大沼さんの持ち味でもあるけど・・・。 淡い色彩の美術は良い感じだった。

関連記事 | 記事URL

1 / 1: 1

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter