Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 3: 1 2 3 »

2009年04月04日(土)

[アニメ » テレビ] とらドラ! #25 とらドラ!

「元気にでっかく育てたね」普段は駄目母だからこそのこの台詞にはグッときたな。 高須を堕ろさず「守りたかった」ズシンとくる台詞だ・・・。

二人の初夜は初々しくもさり気にエロく。 あの後はやはりw。痛いとか熱いとかもっとってのはまぁそうゆう暗示なのかな。

逢坂と高須の携帯でのやりとりやみんなへの星空の写メといった携帯を使った逢坂の感情表現が 今時を象徴する典型アイテムとして上手く使ってて感心したなぁ。 あのガラス細工の星が再び重要アイテムとして使うとこも心憎い。 しかし櫛枝も情緒不安定キャラになっちゃったなぁ。 北村は良いとこもなく最後まで変態だったw。 川嶋は人を喜ばせるのが上手いか。結局そうゆうキャラだったなぁ。

卒業式で二人を再会させる見せ方が叙情的で美しい。 1話目と同じく逢坂入りのロッカーってのは帰結として上手い。 普通に二人がくっついて終わりかと思ってたからこの明日に向かって的なラストは爽やかで視聴後感がとても気持ちよかった。

各キャラの尖った行動や感情表現について行けない事が多々あったけど最後まで質の高い青春ラブコメディだったな。 お疲れ様でした。
(絵コンテ・演出:長井龍雪 作監:田中将賀・岩倉和憲 他)

関連記事 | 記事URL

2009年03月26日(木)

[アニメ » テレビ] とらドラ! #24 告白

冒頭の逢坂を追うシーンが躍動感あって見応えあった。 が、余りの同時多発ド修羅場と超展開さにもうついていけんw。 でもこのジェットコースター的展開は爽快感すら感じさせられるスピーディさとダイナミックさで これはこれで悪い視聴後感じゃなかったなぁ。 しかし衝撃事実をダブルで聞かされる泰子両親がショックでぶっ倒れないか心配だw。

関連記事 | 記事URL

2009年03月20日(金)

[アニメ » テレビ] とらドラ! #23 進むべき道

自分で責任持つんなら他人に進路をとやかく言われるいわれはないだろうに。 それにしても逢坂の男子の雄しべと雌しべって例えはエロ過ぎだろ・・・。

「うそつき・・・」と言い後半高須にぶち切れる櫛枝が怖すぎるw。アニメ見て恐怖を感じたのはいつ以来だ・・・。 声優陣の演技も熱がこもり作画も逢坂と女会長とのバトル回を彷彿させる迫力さがあって圧巻の数分だったなぁ。 あの様子だと逢坂も本当は高須に言ってしまったと分かってて今まで本心知られるのが怖くて隠してたんだろうか。 本当は既に気持ちが通じ合っていたという。 この様子だと川嶋は結局誰とくっつくというわけはなく舞台から外れた北村共々恋のキューピット役でしかならなくなったという感じかな。

関連記事 | 記事URL

2009年03月12日(木)

[アニメ » テレビ] とらドラ! #22 君のいる景色

今回は自販機in川嶋のスカートは不自然に捲れてないなw。 一時は達観したポジだった川嶋だが今や現実から目を背けてるばかりで櫛枝らと立場逆転って感じが面白い。 櫛枝も踏ん切りが付いた今あぶれた川嶋は一体どこへ行くのか興味深いところ。 一方の逢坂と高須は気持ちが完全にすれ違い。本心に嘘付いてる逢坂が悲痛。高須は下手に全部知っちゃってるから見てる方は焦れったくて仕方ない。

関連記事 | 記事URL

2009年03月05日(木)

[アニメ » テレビ] とらドラ! #21 どうしたって

木原が必死過ぎて痛々しいな。てゆうか鈍感でもいいじゃないか。暴力とかもうアホかと。北村が逆に可哀相だわ。 高須が櫛枝ラブなのが公然となったり今更であれだがまぁクラスでワイワイ恋談義は学園ノリが楽しいところ。 川嶋の櫛枝への態度は内情知ってるからわざとからかった風でちょっと感じ悪げ。 多分櫛枝の優柔な態度にいらついてハッパ掛けてるんだろうけどなぁ。 それにしても女同士の喧嘩は見ててきついなw。 てゆうかこのアニメの女キャラって口癖悪い奴が多いよなぁ。女の子の口癖悪いのはちょっと萎える。 ここでまさかの冬山遭難イベント。これがしたくて沖縄から冬山になってるのか。 てゆうか真夜中のしかも猛吹雪な外に生徒を出させるなよ・・・。マジでゆりちゃん先生しか教師いないのかってぐらい。

関連記事 | 記事URL

2009年02月26日(木)

[アニメ » テレビ] とらドラ! #20 ずっと、このまま

ちんすこう笑った。スタッフはこの言葉を釘宮さんに言わせたかったんだろうなw。 それにしても沖縄が駄目になったからすぐ冬山に変更ってどれだけ融通聞く学校なんだw。

前回のドラマチックな流れの中あれから二人近づくかと思いきや今まで通りな高須と逢坂。 もう二人とも気持ちは通じ合ってるだろうにもどかしい。 そして高須と櫛枝はこの二人は無理矢理親密になろうとしてるみたいで見てて心苦しい。 櫛枝はどうか知らんが高須はもう逢坂に傾いてるよなぁ。 逢坂は北村と普通に喋れるようになったのは逢坂にとって北村はもう普通の人になったって証拠だな。

関連記事 | 記事URL

2009年02月19日(木)

[アニメ » テレビ] とらドラ! #19 聖夜祭

どう見てもヤクザとその妻です。

この歳でおめかしだといまいち可愛く見えないなぁ。歌も素の容姿でやって欲しかった。 先生の見違える綺麗さと木原の太ももは良いね~。 北村は完全に吹っ切れてるなw。こんな調子だともう第一線への復帰はなさそうだ。

こんな華やいだ時でも地味にしょげてる櫛枝が哀れ過ぎて・・・。部屋のあまりの貧乏臭さに泣ける・・・。 その一方では逢坂が悲劇のヒロイン演じ頭もお花畑でどうにものれないところだが あのサンタは高須と知っててわざと無邪気になって抱き付いたんだろうかな。 普段は見せれないからこそここぞとばかりに感情をぶつけて抱き付いたってところかなぁ。騎乗位だったのも含めてw良いシーンだった。

そうして高須と逢坂は完全に相思相愛へと。 少し気の変わりが目まぐるし過ぎる気がしたが逢坂が感情と吐露するシーンは作画の力の入れ具合といい息をのむものがあった。 櫛枝はまたまた衝撃のシーンに出くわすんだなw。割った件といいほんと間が悪い。 この分だと一番報われないのは櫛枝になっちゃうんだが果たして・・・。

関連記事 | 記事URL

2009年02月12日(木)

[アニメ » テレビ] とらドラ! #18 もみの木の下で

ゆりちゃん先生すごいキャラの立ちっぷりだな。 ボケだけじゃなく気遣う真面目な一面もあったりと良い先生してるなぁ。

みんなでわいわいとクリスマスの準備してる最中、不幸な一球が投げ込まれた回。 楽しげな空気を一瞬にして凍らせた演出は見事の一言。 しかしこれまでも精神的に櫛枝を追い込んできたがトドメにドカンときたなぁ。 砕けた時の逢坂の表情が印象深いがあれも何か逢坂の中で砕け散るという伏線なんだろうか。 ウダウダ言ってる櫛枝に高須のフォローはナイスガイぶりだった。 最後にやっと想いをぶつけた高須に応えられない櫛枝。前半のひょうきんぶりが嘘のような優柔ぷりだなぁ。
(絵コンテ:大畑清隆 他)

関連記事 | 記事URL

2009年02月05日(木)

[アニメ » テレビ] とらドラ! #17 クリスマスに水星は逆行する

前期の電波ソングぽいOPも良かったが今回は歌、絵共に正攻法ってとこだな。前期同様白バックがセンス良い。

北村の壊れっぷりが痛々しさを超えて痛快過ぎるw。 恋路の表舞台から引いたような雰囲気だなぁ。逢坂も以前のようには北村君北村君って感じじゃなさそうだし。 応援の仕方が分からなくなった逢坂と友達のくっつき作戦に同様しまくる高須。ようやく二人がスタートラインについたってとこか。

文化祭で痛々しい醜態をみせた春田は今回汚名返上w。よくあんな変態な夢を見てくれた。 逢坂のちょいエロはテレ東にしては頑張ってたなぁ。

野中藍さん声の木原は会長に振られた北村がフリーになったから全面に出てきたんだろうか。 前振りもなく突然だがこれはこれで関係が益々拗れて面白くなってきたけど余計各キャラの感情を追うのがややこしくなってくるなw。
(作監:岩倉和宣・大塚舞 他)

関連記事 | 記事URL

2009年01月29日(木)

[アニメ » テレビ] とらドラ! #16 踏み出す一歩

女先生が親身に生徒の相談になる姿初めて見た。あれでもちゃんと先生してんだなw。

前回は高須が男同士北村の相談役にならなかったのがちょっと不満だったが今回はちゃんと動いてくれて良かった。 しかし会長が宇宙飛行士とは少々突飛だがまぁロマンあっていいか。 男同士の友情を経て再び北村復活と思いきや・・・。 この辺の北村の揺れる思考は痛切で本人は平然としてるのがリアルだったなぁ。

なるほど逢坂と会長との経緯はそうゆうわけか。会長に翻弄され逢坂を翻弄しほんと数奇な運命だ。 そして今度は北村が会長を翻弄する。 恥ずかしい展開だがこの思い切りの良さは清々しくて気持ちいい。ただ結局自爆し面白い奴で終わっちゃった北村の青春。 逢坂が側にいってあげられないのは自分も苦しいからだろうな。

それにしても逢坂はあんな木刀よく収めていたなと思うが会長との一騎打ちはキャラの激高と共に作画のボルテージもうなぎ登り。 こうゆうシーンで力を入れてくるのが見せ所を分かってるなという感じで見てる方も手に汗握る。 逢坂は兎も角会長をここまで崩すのは意外だったが感情を吐露するシーンにはグッときたな。 その後櫛枝や川嶋にも話を振っているのがこの修羅場展開に駄目押しするようでドラマチックで印象深い回になったなぁ。
(絵コンテ:山本英世 演出:桜美かつし 作監・原画:沼田誠也 他)

関連記事 | 記事URL

1 / 3: 1 2 3 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter