Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 2: 1 2

2008年04月14日(月)

[アニメ » テレビ] true tears #13 君の涙を

意外と爽やかに終われたな。 てっきり眞一郎の事だから誰かを選ばず3人友達エンドとかぬるい展開かなと思ってたから 当初の信念を貫いて比呂美をちゃんと選んでくれたのは良かったし眞一郎を見直した。

とはいえ乃絵との別れは見てて辛かった。 待合室での郷愁に満ちたシーン、 おまえを見てると心が震えるってのはすごいよく分かるし眞一郎の純真さがよく出てたな。 乃絵が気丈に1人で帰って行くシーンは真っ直ぐ前を見据えた表情といい乃絵の強さが出てて印象的だった。 最後は思い入れの地で恋に破れた涙を流し欠けていた感情を取り戻せた。 乃絵にとって辛い結末だけど今回の経験を通じて友達も出来るぐらい変われたみたいだし今後はもうフラつく事もないだろう。
(絵コンテ:西村純二 演出:川面真也 作監:関口可奈美 原画:石井明治・堀内博之・内田シンヤ・番由紀子 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月31日(月)

[アニメ » テレビ] true tears #12 何も見てない私の瞳から…

おぎゃあおぎゃあとか何事かと・・・。深夜両親が寝てる部屋の押し入れで弁解したりと シリアスな雰囲気に誤魔化されてるけど冷静に見たら物凄く滑稽でギャグなシーンばかりなんだがw

着物着た比呂美は和風美人って感じが良く出てて良かった。 中々アニメでああゆうフェロモン感じさせられるのってないからなぁ。 玄関から上がる時の足アップがちょっとツボでこうゆうフェチ的で細かい描写は堪らんね。

乃絵と比呂美の絡みを横で見る観客が細かい。 こうゆう何気ない演出が現実感を出すんだなぁ。

なるほど。兄は乃絵を犯したいという自分の気持ちを抑える為にわざと眞一郎に付き合うようにし向けたと。 おでこ・耳・更に口とキスと確かに尋常ならざる行為でドキドキ。その後の兄の蔑んだ表情が印象深い。 まぁ側にこんな可愛い子が居たらこうなってしまうのも無理ないだろうな。キモいというより逆に親近感沸いた。

OPにも出てた麦端祭り。こうゆうのも実際ロケしての描写なんだろうな。 写実的でリアルな空気感が見事で祭りの喧噪感もよく出てるしメインの踊りはちゃんと作画できっちり踊ってて中々に魅せる。 太鼓を叩く力感も良く出てたな。

踊り終わり眞一郎は比呂美を探してるのかと思えば・・・。 おまえは比呂美を選んだんじゃなかったのかと。まさか乃絵とちゃんとするから宣言だったんじゃないだろうな・・・。 比呂美のトラウマの「置いていかないで」と渦中のシーンをオーバーラップさせるのは上手いけど何という状況の煮え切らなさ。

最後は遂に乃絵が雪上ダイブ。1話では眞一郎が受け止めてくれたけど今は誰も自分の気持ちを受け止める人は居ないとかかな。
(絵コンテ:西村純二 演出:安藤真裕 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月25日(火)

[アニメ » テレビ] true tears #11 あなたが好きなのは私じゃない

雪の海で比呂美とデートするも眞一郎の頭ん中は乃絵で一杯。 おまえ比呂美を真っ直ぐ見るんじゃなかったのか。

三代吉と愛子はよりを戻してきたか。報われない者同士まるで傷をなめ合う・・・。 なんだか携帯で臭い見せ方してたなぁw。見てて恥ずかしくなったよ。

随分唐突に意地悪描写。女の嫉妬は怖えぇな・・・。 乃絵兄はここで意外と格好良いとこ見せるじゃないか。

スックと立つ地べたっていう言い方が仰々しくて可笑しかった。

すっかり比呂美はメガネキャラ。赤フレームが似合ってて一層可愛さ引き立ってるな。 朋与がすっかり乃絵兄にメロメロになってるんだがw。

久々に比呂見のサービスカットがあってやっぱお色気担当なんだな~。 湯上がりでメガネな姿も知的なイメージで中々良い。 てゆうかあのシーンで足伸ばして下着取るってどうゆうポーズなんだよw。

そうこうするうち乃絵の失踪事件。 う~ん相変わらずこの子は良く分からん。 状況が状況とはいえあの比呂美の反応はやっぱり乃絵の事がっていう事だろうな。 比呂美はすんなりモードなのにまた拗れそうだなぁ。

みんな色々と動いてるみたいだが結局眞一郎だけが何も出来ず終いの状況か。

最後に流れる乃絵のアブラムシの歌はあれだけで十分ホラーだったんだが 湯浅比呂美って言うとこはちょっとヤバイ危なさだったなぁ・・・。
(絵コンテ:西村純二 作監:岡辰也 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月17日(月)

[アニメ » テレビ] true tears #10 全部ちゃんとするから

眞一郎の乃絵への好きがどんどん埋もれていくってのと以前描いた告白文が雪に埋もれるにかけるのは巧いな。

比呂美はママンとの氷解を契機に一気に諸々のわだかまりの清算へ。 懸案の乃絵兄との別れを持ち出すも兄は一切言葉聞かず。それほど乃絵と眞一郎とで付き合って欲しいのか。 重度の妹思いな奴だから妹の願いを叶えてやりたい一心なんだろうかなぁ。

愛子はすんなり眞一郎を卒業。が、終わり間際のコップの水を飲む絵が意味深過ぎる・・・。 三代吉は未練残すも乃絵の呪いの力を借りて吹っ切ったみたいだが女頼みなのが微妙に情けない。

終盤は挿入歌と共に眞一郎と比呂美の追走劇で大盛り上がりなんだがちょっと取って付けた感じで自分はのれなかったなぁ。 とはいえ晴れ渡った空の元での雪景色と海をバックにした疾走感は心地良かった。 「ちゃんとするから!」ってのは 眞一郎自身が比呂美同様に気持ちを整理し周辺を清算して比呂美をまっすぐ見るって意味なんだろう。 まぁまだ告白するタイミングじゃないしね。

関連記事 | 記事URL

2008年03月12日(水)

[アニメ » テレビ] true tears #9 なかなか飛べないね…

逃避行の結果は事故。おまけに火災まで起こしちゃってよくあれで掠り傷一つ負わず無事でいられたな。 こんな事故起こしてもどこか二人とも平静。綺麗とか比呂美が他人事過ぎて笑える。まだ現実逃避中なんだろうな。 乃絵兄はポカーンという感じだけどとんだ巻き込まれ損で残りのローンとか可哀想過ぎる。初めてこいつに同情したよ。 比呂美は謝っておいた方がいい。

ここで眞一郎は抱き付くか。引っぱたくかと思ったがやはり気持ちはってとこなんだろう。 それを案の定見る乃絵というわけで再び暗雲。

遂に親父に迫る眞一郎。んなわけないだろうの一言で済んでしまい拍子抜け。 そんな家族騒動を聞き入るマルコメ坊主の心中や如何にw。 そして比呂美とママンとの確執は追い詰められた比呂美に危機感を感じたのかママンが比呂美に歩み寄り。 親身になって気を遣ってる様子は何だかんだいいながらも母親なんだなと感じられていつの間にか良い雰囲気に。 これにてめでたし?終わってみればここ数年かの二人の誤解は何だったんだろうかと。

流れるバイク事故の噂。こうゆうのはどっから流れるんだろうかな。 三代吉はあれで結構顔が利くんだなw。眞一郎との仲がどうなるかと思いきややっぱ良い奴だ。

唐突に出てくる数々のハーモニー絵。流石です西村監督w。

これで比呂美とママンの確執、比呂美と眞一郎の兄弟疑惑と わだかまりが二つ消えて見通し良くなった。 後は障害が無くなった眞一郎と比呂美の恋の行方、乃絵や兄の問題、あと予告見る限り愛子もまだ見せ場あるみたいだなぁ。
(絵コンテ:西村純二 他)

関連記事 | 記事URL

2008年03月04日(火)

[アニメ » テレビ] true tears #8 雪が降っていない街

比呂美、愛子、乃絵と同時進行で物凄い修羅場味わってるな眞一郎はw。 まさに「何やってんだ俺」って台詞に集約されてる状況だ。

「俺忘れるから今日の事はなかった事に」ってああゆう思い切っての行動起こした女の子に対して言う台詞か? 三代吉の彼女だしってそりゃあおまえが間接的にくっつけたんだろ。 これにて愛子玉砕で終了? まぁ元々割ってはいる隙間が無かったからなぁ。 後は何とか三代吉と良い関係築けれたらお互いにとってもいいんだけど。

まぁそんなこんなで乃絵に元気を貰い雷轟丸の絵本作り。 思いっきり二人だけのメルヘンな世界に逝っちゃってて微笑ましいというか何というか。

パパさんは比呂美が変な状況になってるのを気遣ったんだろうな。 でもママンが横槍でチクリ。

ヒール役の兄は乃絵の事は本当に大切に思ってるみたいだけど てゆうか比呂美のシスコン突っ込みがストレート過ぎで兄も否定しろよw。 別れ話切り出されようとすると即断る兄。まだ兄の真意が掴めんなぁ。

比呂美の乃絵への八つ当たりは本当は好きな眞一郎を取られてしまった事への嫉妬か。 でも自分が言ってる事は実はママンが言ってる事と同じと気付き自暴。 最後にママンへ捨て台詞を吐き乃絵兄と駆け落ち同然の深夜の逃避行。 その結果は予告からすると雪で滑って事故か交通違反とかかな。

てゆうか先々週からママンが言わんとしてる事を最後まで言ってくれれば道が開けそうなもんなんだけどなぁ。 比呂美と眞一郎といい誤解が誤解を生んでるって感じでもどかしい。

関連記事 | 記事URL

2008年02月27日(水)

[アニメ » テレビ] true tears #7 ちゃんと言って、ここに書いて

ありえなさ過ぎてギャグみたいってのは自己突っ込みかw。 この辺りの眞一郎のもやもやした気持ちを粘土みたいなCGで表していたのは絵的にも面白かったな。

鶏の地べたに食わそうとした弁当を比呂美に食わせる乃絵黒いよw。 そんな乃絵は眞一郎への恋を意識し出す。 照れるとこは電波な子から普通の恋する女の子になって可愛かった。 足先を指さした時は一瞬足を舐めろって意味かと・・・。 他の登場人物達がネガティブ方面まっしぐらなので乃絵のこの天真爛漫ぶりには癒されたなぁ。

画像

画像

わざわざ暗い夜道で待ち伏せしてバイクで颯爽と登場の乃絵兄が笑えたんだがw。 わざとらしく愛子の前で乃絵と付き合う事言ったりこれで愛子に眞一郎へのわだかまりが一つ増えたわけで。 乃絵兄は火種を作るのが趣味な奴なのかね。今のところ一切好きになれん奴だな。

昨日の事だけど・・・って比呂美への話を引っ込めるママンはやはりあの分だと兄弟説は嫌がらせの冗談だったぽいな。

もはや修復不可能な愛子と三代吉。 必死に話題を逸らそうとする三代吉が痛々しくて見てられない・・・。 更には眞一郎に「おまえ格好良いよ・・・。いいぜおまえなら・・・」 アッー!じゃなくてwいやマジで男だな三代吉。おまえの方が格好良いよ。

愛子は更に修羅場へ。眞一郎も愛子の前で付き合う事になったとか言うかね。 愛子の気持ち薄々感づきそうなもんだけどなぁ。ほんと眞一郎は鈍感過ぎで少し苛々してくる。

う~ん益々混沌を深めてきて相関図が手元にないと現状の人間関係が分け分からんなってくる・・・。 しかし眞一郎の状況は普通にハーレムなんだが見てて全く羨ましくないよなぁw。
(絵コンテ・演出:安藤真裕 作監:鈴木美咲 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月20日(水)

[アニメ » テレビ] true tears #6 それ…なんの冗談?

これはちょっとドロドロの愛想劇過ぎて見てて辛いなぁ・・・。 誰1人として思いは伝わらず負の感情のぶつかり合いばかりで果たして最後報われるキャラは居るんだろうか。

唯一そうゆうのが抜きだった三代吉も何だか暗黒面に墜ちていきそうな気配が・・・。 セーターを愛子に買って上げようとしたとこは眞一郎への対抗心だろうなぁ。 その後の愛子の衝撃の告白。マジかよ嘘と言ってくれと言わんばかりの表情が痛々しくて・・・。

愛子と三代吉が付き合う切っ掛けは眞一郎立ち会いの元だったか。 確かにあんな状況なら人によっては断れないだろうなぁ。

眞一郎に言われた事を律義に実行する乃絵兄に笑った。 有無言わさず俺と付き合えとか何て言う亭主関白ぶり。 しかし兄貴の乃絵と付き合えという本意はまだよく分からんなぁ。 比呂美が本当は眞一郎の事が好きなのを感じ取るとフフーンとせせら笑ってるし 実は良い奴とかじゃなく単に人の思いを弄んでるだけとか。

最後に更なる衝撃展開。「眞一郎君のお父さんが私の本当のお父さんかもしれない・・・」。 かもしれないだからまだ予断を許さないけどなるほどだから比呂美は好きという感情を殺していたのか。

色々と陰鬱な中、今回は眞一郎のベルト引っ張る乃絵と最後の尻振りダンスだけが唯一のオアシスだったな。 そんな乃絵も次回比呂美と擦った揉んだありそうだし・・・。
(絵コンテ:山本秀世 演出:浅井義之 作監:吉田優子 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月11日(月)

[アニメ » テレビ] true tears #5 おせっかいな男の子ってバカみたい

比呂美と浜辺でマフラー掛けて貰ったりあれから良い関係になってるし 乃絵にはほっぺを舐め舐めして貰ったりと眞一郎モテモテ過ぎだろw。 本人が自覚してないってのが悔しいところだw。

ママンは単に同居の世間体を気にしてただけかと思ったら アルバムで比呂美母の顔だけ切り取られた写真におぞましい怨念を見た。

眞一郎が比呂美の部屋に入ったシーンは女の子の部屋に入るドキドキ感が良く出てたなぁ。 比呂美を下からなめるように上へ移動するカメラも眞一郎の下心を感じて面白かったところ。

そしてここでサブタイ。 眞一郎は比呂美の真意を知らないから仕方がないけどてゆうか嘘付いてる比呂美が悪いんだが まぁ確かに恋のキューピットを演じる男ってのは端から見るとダサイだろうな。 ここで更に比呂美視点でもう一度同じシーンを繰り返したのは面白い趣向。一転して性急になったBGMが効果的だった。 ただ台詞とモノローグがほぼ同じだったんでイマイチ冗長だったかなぁ。

ここんとこ出張ってきた愛子。 三代吉に仕方なく応えてるってのが見え見えで三代吉頑張れよとしか言いようがない・・・。 チャンスとばかりに嘘付いて眞一郎の背丈を測る愛子が健気可愛いものの まだ三代吉が店へ来てないんでこの場面で現れたら今度は三代吉が勘違いしてド修羅・・・と思ったら愛子はやはり黒かったw。 このまま居留守なんだろうなぁ。益々何も知らない三代吉が不憫で・・・。
(絵コンテ:西村純二 他)

関連記事 | 記事URL

2008年02月04日(月)

[アニメ » テレビ] true tears #4 はい、ぱちぱちってして

愛ちゃんが眞一郎へ急接近。 物凄くアプローチしまくりなのに眞一郎は上の空で全く気がないってのは寂しいもんだな。 健気に選んだセーター買ってるし。後々泥沼アイテムにならなければいいけど。 てゆうかラーメンにお好み焼きって組み合わせはありえないだろw。 交差点での二人切なさ過ぎるなぁ・・・。最後のにやけた三代吉の顔ときたら・・・。 くっつけられて大きなお世話だったらしい三代吉が哀れ過ぎて泣ける。

ママンは死んだ比呂美母に恨み辛みあったらしいか。親父を取り合って擦った揉んだあったとか。

乃絵の涙への拘りは婆ちゃんがあの世へ一緒に持って行ったからか。案外ハートフルな理由だった。 で選ばれし者が何でニワトリだったんだかw

眞一郎が元気になるんなら仲良くなっていい・・・。 単なるお花畑ちゃんでおわらなかった良いシーンだった。

カラスに向かってカーカーと絶叫とか眞一郎は時折独り言的な突拍子もない事言い出すよね。 こうゆう思春期特有の不安定な情緒感が現実感あって親近感沸く感じだな。

兄貴と乃絵。 前回から突然出てきたからイマイチ掴み所がない感じだけど最後のヘルメットのホックを締めるシーン。 これは妹への禁じられた愛を示すのか妹への兄弟愛を示すのか。どっちに転ぶか楽しみだ。

洗面所で出会う二人。 てっきり比呂美の歯ブラシ使ったとか古典的なボケかと思ったんだけどw。 その後の比呂美が携帯で撮るボケっぷりは意外な明るい面で想像付かなかったな。 比呂美なりのギスギスしてた関係修繕策だったんだろうか。

そして出会うライバル?二人。 もっともな事言う礼儀正しい乃絵兄に笑った。そりゃ初対面に対して眞一郎の態度はないな。 乃絵と付き合ってやってくれという兄貴には何か企みがあるのかこれは想像付かないな。

今回も写実的な演出が心地良い空気感を醸し出してて素晴らしい出来映え。
(絵コンテ・演出:安藤真裕 原画:番由紀子 他)

関連記事 | 記事URL

1 / 2: 1 2

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter