Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 1: 1

2009年05月01日(金)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - F.E.A.R.

「Interval 9」からラストの「Interval 11」まで。

仲間に消されかかったらしいデブ。 ざまぁwとしか言いようがない。

画像

ま、そんなこんなで敵をガリガリとやっつけつつスムーズに進行。 結局武器は「G2A2」と「VK-12 CombatShotgun」と」「Type-7」が最後までメインだったな。 それぞれタイプの違うこの3つの武器さえあればどんな状況でも対処出来る最強の組み合わせだった。 ライフルやロケランは一回程度しか使わなかったような。 地雷に至っては一度も使わず。てゆうか忘れてたよw。

画像

画像

う~んまさかそうゆう急転直下な展開になるとは・・・。 「Alice Wade」だけでも救いたかったな。

画像

画像

「Interval 10」以降は完全に精神世界での戦い。 雰囲気がガラッと変わり虚無的な雰囲気がちょっと怖かった。 兵士も抜け殻となり果ててまるで屍のようだ。

画像

画像

兵士の代わりに怨霊のような敵が大量に沸いてくる。 一撃で倒せるから苦労はないが音も立てずニョッってすぐ側に現れるし攻撃力も高いので意外と厄介だ。

画像

画像

その後ピストル一丁で「Alma」と決別。 抱きつかれたら即ゲームオーバーだなんて迂闊だったよ。気付かず何度かやり直してしまう格好悪さ。

画像

最後は核で施設も破壊し無事地上の空へ脱出。 最後の最後に来てのアレは作劇でもよくある手法だけどゲームでそういった演出は新鮮で良い余韻味わせてくれたな。

画像

画像

エンディングはシンプルイズザベスト。 どの作品でも後日談はあって欲しいんだが「F.E.A.R.」に限っては逆にスパッと終わらせる様式美が見事決まってたな。 これ以上は不要という潔い幕引きだった。 ま、拡張2パックと続編があるからだけどね。

画像

作品の大体のストーリーはストーリーを教えてもらうスレ暫定Wikiが参考になった。 ゲームしてる時はクリアする事だけに夢中でストーリー気にもとめないんだよねw。


面白かった。でも後一歩惜しくもあるそんな良作ゲームだったな。

戦闘はAIが最高峰レベルな優秀さで骨のある戦いが楽しめたしスローモもアクセントとしては効果抜群だ。 敵を銃で撃って倒してるという感覚が如実に伝わってくる快感があるのもゲームに夢中にさせられた。 欲を言えばもう少し敵の種類を増やして欲しかったな。

反面探索は全体の半分以上を占めるにも関わらずずーと同じ暗がりの景色ばかりで単調の極み。 まぁ青空とか明るい色はこの作品に合わないけどせめて曇り空や夕焼け朝焼けとか天候のシチュエーションを用意して欲しかった。 謎解きもあってないようなものだし かといって迷路のようにマップを複雑にして惑わせてもリアル系ゲームなのに現実にはあり得なさすぎる構造となってしまってて興醒め。

スローモもエフェクトとしては素晴らしいが逆に有用過ぎて難易度を下げる要因になってしまう。 前半は面白いが攻略法が身についた後半になるとゲームの進行と反比例してちょっと易しくなってしまってたか。 戦闘タイム、探索タイムと、ホラータイムと明確に区切られてるのも如何にもゲーム的で没入感をちょっと妨げてたかな。

売りのホラー要素も思ってた程じゃなく「S.T.A.L.K.E.R.」の方が数倍は怖かった。 といってもこれは個人差だしそのときプレイしてた精神状態にもよるから一概には言えないかな。

色々不満は挙げたがプレイして決して後悔はしない1本だったな。

関連記事 | 記事URL

2009年04月30日(木)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - F.E.A.R.

一気に最後までクリアした。終盤は呆気ない。ま、感想は後々という事で取り敢えずプレイ記録の続き。


「Interval 6~8」終了。

あ~。デブが裏切った。怪しい奴とは思ってたが。 そうこうするうち天井裏からタレットという自動攻撃兵器が出てきたよ。 探索が退屈仕掛けたところだったんで良い緊張感を与えるアクセントになったな。 タレットは相当な攻撃力で生半可に近づいたら危険。 こいつへの対処法はスローモ使って接近して至近距離からショットガン3発ぐらいだ。 ご丁寧に攻撃時にけたたましくアラームを鳴らせて登場知らせてくれるから光学迷彩野郎共々親切な敵だなw。

画像

映画「ロボコップ」の敵役で出てくる2足歩行ロボみたいな奴は手強い。今までで最強じゃあなかろうか。 ロケットランチャーなら数発で倒せたが持ってない時こいつと出会うと厳しい。 スローモ&ショットガンのヒット&アウェイ戦法で10発以上要したな。

画像

画像

空中を浮遊して攻撃してくる逆三角形の無人ロボも登場。 こいつもタレット同様にスローモ&接近ショットガンで2発。ただ複数で現れたりする場合もあるから厄介。 てゆうかこのゲームはショットガン万々歳だな~。ショットガン好きには「F.E.A.R.」お勧めw。

画像

しかしこのゲームは変化に乏しいので大して何も書くことがないという。 同じような絵が続くのでSSも似たり寄ったり。 でも戦闘の飽きさせない面白さはまだまだ続いてててこのバランス加減は程よいかな。

画像

画像

途中「Alice Wade」なる女性を救出しエスコートする事に。 殺伐としたゲーム展開の中でこういった華のある要素は歓迎だ。性格はさておきw。

画像

画像

「Interval 8」になると地上戦が出てきてシーンに変化が出てきた。 特に暴走気味なトラックで乗り付けてくる兵士達はシチュエーションとして面白かったし戦闘もやり堪えあった。 デカいトラックが猛烈なスピードで向かってくるというだけで結構な恐怖感だったしな。 もうちょっとこういった映画的なドラマチックな演出が沢山あれば良かったんだけどなぁ。

画像

画像

光学迷彩兵は動き見切ったので既に雑魚。

画像

アーマーロボはまだまだしぶとい。 攻撃受けて弱ってくると足引きずりながら後退していくのが可愛い。ちょっと撃ちづらくなったじゃないかw。

画像

辺り一面の血の海から次のステージへ。 というか超常現象時にダメージ食らうのは不意打ち過ぎてちょっと勘弁して欲しい。

画像

画像

ま~だこのデブはしぶとく生きてるよ。

画像

関連記事 | 記事URL

2009年04月29日(水)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - F.E.A.R.

「Interval 4~5」まで終了。 癖になる面白さがあるからサクサク進めれるね。やってる事と場面は単調なのに面白いってのは希だ。 今更ながら気付いたが「VK-12」というショットガンが強い。至近距離なら一撃だ。 今まで他のゲームでは装弾数の少なさとアクションの大きさからショットガン好きじゃなかったんだが「F.E.A.R.」ではメインウエポンに躍り出たな~。

難易度はまだまだ余裕。 ヘルスパックの出現頻度が高いので回復に困る事はないし 弾は武器のチョイスさえ間違えなければ敵が同型の武器を沢山持ってるのでこちらも困る事はなさそうだ。 ヤベェって場面ではスローモ使えば大抵乗り切れるしリーン使ってチマチマ攻撃して逃げるヒット&アウェイ戦法も有用だ。 苦手な謎解きは今のところなし。行き止まりがあってもどこかしら梯子か通風口見つけて解決するし。 ま、込み入った構造なんで迷子になりそうになった事は多々あったけどw。 このストレスなさがぐんぐん前へ進めれる快感に繋がってるな。

新たに登場してきたデブのメイブス。 一応自分のサポートをしてくれるキャラみたいだが見てるともの凄くムカムカしてくるのは何でだろうw。

画像

画像

どうせなら女の人をお供にしたいよ~。 といってもIntervalの終わりに自分に声掛けてくれるだけの存在なのが寂しい。 後半は一緒に戦ったりしてくれるんだろ~か?

画像

探索はオフィスがメイン。 構造がまるで迷路みたいな複雑さであっち行ったりこっち行ったりしんどい。実際こんなオフィスあったら仕事にならないw。 とはいえ現実に即した構造にすると面白味がないだろうしその辺は仕方ないだろうね。

画像

相変わらずホラー演出は散発的に続く。といってもまだまだ自分にはきてないな~。 こうゆういかにもな絵を出されるより「S.T.A.L.K.E.R.」みたいに雰囲気創出で迫ってくる方が自分には堪えるようだ。

画像

画像

探索はだるいが戦闘は相変わらず楽しくてまだまだ飽きないな~。 スローモにしてショットガンを至近距離から複数の敵に続けざまに決めた時の気持ちよさは格別だ。

画像

関連記事 | 記事URL

2009年04月28日(火)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - F.E.A.R.

オクで買って以来積んでいた「F.E.A.R.」を今更ながらプレイ中。 以前最初のとこだけやっていまいち合わないし重いしで投げてたんだけど「S.T.A.L.K.E.R.」やった後なら楽しめそうかな~。

おお面白い。 退屈な序盤を切り抜ければ以降は止め時に困るぐらいズンズン進めてしまう麻薬的熱中度。 集中力がない自分には珍しく数時間で「Interval 1~3」まで一気に進められた。

戦闘が面白いね。 バランスがリアルさとゲーム感とで程よくミックスされててとてもやり応えがある。 銃撃音と射撃時の挙動が良いから撃ってるという感覚が如実に伝わってきて快感だ。 敵のAIは確かに賢く間違っても単細胞的に撃ちながら突っ込んでくる事はない。 いつの間にか別の通路から後ろに回り込んで挟み撃ちしてきたり攻撃受けると中々顔出さなかったりとても人間臭い。 「S.T.A.L.K.E.R.」もAIは良かったが「F.E.A.R.」はそれの上を行くな。「FarCry」相当なんじゃないかろうか。 ゲームの目玉というべき「スローモ」は戦闘に良いアクセントを添えて単調さを消してる。 視覚効果は映画「マトリックス」みたいな未来的映像で鮮烈。 これを味わいたいがためにスローモを使う楽しさがあるな。

ちょくちょく女の子や男が幽霊の如く顔出してくるがさして怖くはない。 今のところ売りのホラー要素はピンと来ないかなぁ。怖さは「S.T.A.L.K.E.R.」の方があった感じ。

画像

スローモが楽しすぎる。遅くする事で逆にダイナミックさが出てるってのは面白いな。 さながらアクションヒーローだ。

画像

画像

シャープでメリハリついたグラフィックは陰影の見せ方が綺麗だがやや目に痛いかな。 エフェクト表現は素晴らしくど派手に火花散る戦闘アクションには見惚れてしまう。 反面遠方のグラフィックは初代「Half-Life」相当に見える程の残念な出来。 とはいえ力入れるとこはとことん入れて抜くとこは抜く。この姿勢は潔い。

画像

一般兵は普通の強さだが重装甲兵と光学迷彩兵が厄介。 ただ大抵はスローモ駆使すれば何とかなるからストレスにはならないのがありがたい。

画像

関連記事 | 記事URL

1 / 1: 1

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter