Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2007年10月26日(金)

[アニメ » テレビ] BACCANO! #12 フィーロとガンドール三兄弟は凶弾に倒れる

時は1932年。 再びレイチェルの回顧録。実は人助けしまくってたりと良い子だったんだなぁ。

そしてメインのフライング・プッシーフット号ストーリーが終局に向けて怒濤の展開。 列車の上で一同集結してそれぞれの思惑が入り乱れいよいよ大詰めといったところ。

ラッドvsレイルトレイサー。お互いの自己中ぶりが素敵すぎる。 そしてルーアを殺したいが為に庇って自ら飛び降り結果的に愛を確かめ合うラッドとルーアの図が妙にロマンチックw。 やっぱり最後はおいしいとこ持ってくなぁ。

チェス君とフェルメートとの確執はよく分からんがやってる事はおぞましい。 流れ的にチェス君もアイザック・ミリアに心の方も救われるんだろうか。

車内では爆弾に快感覚えてるニースが小悪魔ぽくて可愛いかった。 片方の目は義眼擬きの爆弾だったとは。ジャグジーが愛の詰まった爆弾をいつ使うかがポイントか。

そして不死の酒を巡る攻防。 ここでもアイザック・ミリアコンビは大暴れ。 時間軸を前後して何度もセラードやダラスを轢いてしまう二人が可笑しくて仕方ない。 こういった面白さはシャッフル構成の利点だな。 ガクガクした喋りの演技も中の人らのノリノリっぷりが感じられて面白かった。

エニスは相変わらず可愛くてダラスらが不死者な事を告げようとしてるとこや アイザックらと顔見知りなのをセラードに咎められてオロオロしてるとこが萌え萌えだったなぁ。 セラードに役立たずと言われどう動くか。

次回で最終回。既に顛末は1話で語られたけどすっかり忘れているんでwそれぞれの結末が楽しみだ。
(演出:川越淳 作監:青野厚司  他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter