Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2007年08月22日(水)

[アニメ » テレビ] DARKER THAN BLACK -黒の契約者- #20 あさき夢見し、酔いもせず…(後編)

契約者の哀歌。

組織から逃げる展開からもう分かってしまったがやはり志保子はああいったラストになった・・・。 最後に昔のロマンスを思い出せれたのはせめてもの救いだろうな。 呆気ない幕切れだったが二人にとってもこれで良かったんだろう。 夢を見てたみたいだ・・・というホァンの現実逃避な切実な心境が物悲しい。

ホァンは組織を裏切ってしまった事から今までみたいな言動じゃなくなるんだろうか。 ヘイもこうなってしまった以上今までの事もあるし組織が黙ってなさそうだし。組織と全面対決とかそれはそれで面白いな。 ただマオが今回やたら組織を恐れていた描写が気になった。 まだマオの過去は暴かれてないしマオだけしか知り得ない組織の恐るべき実情とかあるのかも。 もう知らねぇからなとか良いながらも埠頭に見送りに来てたのは可愛かったけどw。

契約者の影の部分を扱った今回。今まで見えてこなかった真実が垣間見れたし ホァンの過去から単なる嫌みなおっさんではなく人間的な深みが出てきて いつもよりも一層地味ながらも見て良かったと思えた名エピソードだった。

作画はヘイが教祖邸へ殴り込むとこがスピーディな動きで見応えあったな。 つーかホァンがロープで壁をよじ登ったりと意外と体力あるのに驚いたけどヘイは迷惑そうだw。

雨霧の対価はゆで卵を食べる。これは毎回の殻剥き面倒くさそう。 そしてアルマの対価は老化。アンバーの若返りと対称的なのが皮肉なものだ。
(絵コンテ:もりたけし 演出:千葉大輔 作監:倉狩真吾 原画:足立慎吾 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter