Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2007年06月21日(木)

[アニメ » テレビ] 電脳コイル #6 赤いオートマトン

ハラケンやフミエに死という意外とシリアスな過去が証され サッチーの生みの親、自称17歳のおばちゃん現る回。 活劇的な面はなかったけど物語の世界観が色々明らかになってきて情報量が多かったな。

17歳のおばちゃんの正体は意外。なんにせよ大人な女性追加で俄然画面が華やいできた。 しかし狙ったかの様に17歳・・・。これで中の人が井上喜久子さんだったら完璧だったのにw。 のだじゅんのケンちゃんケンちゃんってモンキーターン思い出すな~。

サッチーがなんで神社に入れないかって理由が郵政局所属だから管轄が違う文化局の神社には入れないってのが可笑しかった。 縦割り行政とかその辺は妙に現実的。

「こっちみろろぉ!」と巻き舌で注意するマイコ先生が良いな~。 メガバア温泉の図は呆けをおちょくってるみたいでイマイチ。 京子の興味はうんちからブーンブーン。まんまだけどほんと子供思考で単純だな。 矢島さんも大変だw。

ヤサコ・フミエがメガネ外してうみゅ~になってるとこは面白かったけど メガネに依存過ぎてもう普通の子供に戻れないとかフミエのメタタグ多すぎて外せないとか電脳社会故の悲愴さも。
(絵コンテ:大塚雅彦 作監:秦綾子 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter