Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年02月24日(日)

[アニメ » テレビ] 機動戦士ガンダム00 #20 変革の刃

こんだけ科学が発展してる世界ならいつかルイスの腕も再生出来るだろうと思いきや・・・。 ガンダムのビームは細胞障害を引き起こす為再生は不可能と・・・。なんという御都合的な設定だw ルイスの悲愴さと沙慈のガンダムへの怨念を倍増させる為だろうけど作為的でちょっと萎えたなぁ。 そういえばグラハムがカタギリに対しガンダムのビームがどうのこうの言おうとしてたけど もしかしてルイスの障害は今後更なる問題を巻き起こす伏線だったり?

そんな沙慈に更に追い打ちを掛けるように記者の姉ちゃん絹江がアリーの手で退場。 以前からアブナイなぁとは思ってたけど雨の中沙慈の名を言いながら息絶える姿にはまさかという感じで呆気に取られたなぁ。 アリーが凄みを徐々に見せながら絹江に本性を現すとこは藤原さんの演技も良くてなかなかのカタルシスぶりだった。

これで沙慈は否応なく戦いの道を選ぶ事になったというわけで もう1期内では間に合わないから2期での主役格のMS乗りというポジションが見えてきたな。 やはり濡れ衣着せられた格好の刹那と対決するライバルキャラだろうか。

恐らくアレハンドロの手引きで太陽炉搭載MS30機が各陣営へ。 それぞれ新機体に息巻いてたけど それでもフラッグでガンダムを倒すと友情に熱いグラハムは筋が通ってて格好良いな。

グラハムに負けじとセルゲイも熱い。 新機体でそれみた事かとトリニティを蹴散らし退散させる姿はこれまでがあったから痛快だったな。 久々に勝利の美酒に酔えた事だろう。 シーマも勝利に戸惑う姿が微笑ましかった。

アレハンドロが黒幕として頭角表してきたけど一々不適な笑みを浮かべるリボンズに結局は手の平で踊らされていたというパターンだろうか。
(絵コンテ・演出:角田一樹 作監:森下博光・佐村義一 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter