Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2007年06月08日(金)

[アニメ » テレビ] 天元突破 グレンラガン #10 アニキっていったい誰ですか?

画像

と満面の笑顔で言うニアの破壊力は凄まじかった。 この天真爛漫さで一気に湿った雰囲気が変わったなぁ。 いつまでもアニキの思い出を引きずるなというニアの意見はもっとも。 でも空気は読めない子。

画像

アディーネとニアの対峙シーンは女同士の迫力で特にアディーネの顔芸が最高。根谷さんもノリノリだ。 論理的に解決しようとするニアと感情論に支配されてるアディーネ。 親父に捨てられたと言われても冷静でいようとするニアの健気さが痛ましい。 そして捨てられたと分かった途端、手の平返したようにニアの肩を持つキタンらにワラタ。 ほんとげんきんな奴らだ。 キタンがちょっと威張りちらしまくりでアニキ的ポジションになってるな。当面のリーダーに収まるかな。

ヴィラル生きてた。そりゃ最後があれだけじゃああんまりだもんな。 そしてアディーネとはSとMの関係。 真顔でやりあってるのがより一層アブノーマルな感じ。 アディーネの窮地に駆け付けたり騎士道的なとこもある。ライバルのアニキが死んだこと知ったらどう思うだろうなぁ・・・。

画像

今回は後半のバトルも毎度のキレのある動きで楽しかったけど キャラの端正な作画が印象的だった。 アニキとシモンとの回想シーンの簡略化した絵も良い味わい。
(作監:中村章子・平田雄三 原画:馬越嘉彦・馬場充子・夏目真吾・芳垣祐介・榎本花子・平田雄三・中村章子 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter