Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2007年07月22日(日)

[アニメ » テレビ] ヒロイック・エイジ #15 光降るとき

ディアネイラの元へ再びエイジが戻る・・・。

宇宙をまたに掛けた壮大に二人の再会。 エイジは1人で全てを背負い込みディアネイラ様は孤独にさせてしまい戦いばかりを望んだ一方的な契約を詫びる。 「ごまんなさいっ!」という心のこもったこの台詞は中の人の名演もあってグッときた。 エイジはメヒタカの最後の攻撃を自ら受け暴走を止めそして二人の笑顔が再び。 実に美しく感動的なラストで良い最終回だった。 更にバックに流れるディアネイラ様の中の人の石川由依さんの歌が実に感動的でドラマティックな舞台に相応しい花を添えたな。

前回までやや物足りなかったベルクロスの暴走描写。 今回は赤々く染まり禍々しい威光を放ち緻密なディテールのベルクロスが圧巻。 さすが前田さんの狂乱作監の名は伊達じゃない。

つい忘れそうになるwイオラオス部隊はカルキノスの足を止める働きをみせ殊勲賞ものの活躍だったな。

あとレクティが語る戦慄すべき過去も見応えあった。 アルゴノートを破壊してしまえば訪れる凄惨な未来。 エイジとアルゴノートクルーとの契約以上の強い絆を見せつけられたシーンで まさにタイムワープ物の醍醐味で鳥肌物だったな。
(絵コンテ・演出:羽原信義 作監:山岡信一・前田明寿 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter