Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2007年08月04日(土)

[アニメ » テレビ] ヒロイック・エイジ #17 報復の軍勢

惑星タウロン道中での不和。

新たな野生児メヒタカは実はガッちゃんだったという。 命がないものを食べるというさながら菜食主義者や動物愛護団体への皮肉みたいだなw。 カルキノスやレクティも我々人類から見たら相当ぶっ飛んでるんだろうかなぁ。 でもカルキノスはユティにレクティはプロメ・オーと結びつきが強く仲間になってくれそうもない感じ。

ん~私利私欲に走り傲慢なバカ兄弟は既に存在自体が作品から浮きだしててウザイなぁ。 どう見てもアルゴノートの踏み台なんだしこんな奴らに費やすならエイジとかもっと掘り下げてくれればいいのに。

エイジの「ディアネイラが居るから怖くない」に「そう・・・ですか」とたどたどしい反応が可愛いくて萌え萌え。 立場上恋人にはなれんけどこの二人の会話は和むよね。

そしてこちらは相手がアホ過ぎて恋人になれないアネーシャは遠回しにイオラオスへのアタック。 ここまで来るとアネーシャはこんなイオラオスのどこが好きになったのか不思議でならない。 母性本能をくすぐるとかか? しかし「楽しみにしてるわ」ってのは何だか死亡フラグに聞こえて仕方ないんだが・・・。

イオラオスもイオラオスでエイジを迷子になったら連れて帰るという約束。 エイジの行く末を暗示してるかの様だが・・・。 相変わらずこの二人には友達を越えた何かがあるよなぁw。

こちらもカルキノスのユティへの大切なものって問いは後々ズシッときそうだな・・・。

そしてま、まさかまさかユティのセミヌードを拝めるとは! 月夜をバックにした幻想的な水浴びシーンだったんだけど思わぬサービスシーンに噴いたww。 ロム・ローは空気嫁w。
(作監:堀たえ子 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter