Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2007年09月29日(土)

[アニメ » テレビ] ヒロイック・エイジ #25 最後の契約

新たな道へ。

無感情な筈の銀の種族ロム・ローが錯乱状態に。 しかし銀の種族でも赤い血を流すんだな。 パエトーはすっかり小物キャラになっちゃった。

まだまだ続くケルビウスとの激闘。 アルテミアが防ぎレルネーヤが回復させエルマントスが時を戻しベルクロスを守る。 4人のノドスが一致団結して戦う姿はこれまで延々と戦ってきた経緯からして感慨深いし積み重ねが生きる瞬間だな。

実はケルビウスが扉でエイジがその鍵。 やはり結局黄金の種族の手の平で踊らされてたってわけか。

ノドスの本質に迫るレクティ。 この辺りはエルマントスの能力が巧みにいかされててて面白かった。

そしてベルクロスがケルビウスを打ち破り見事に開く黄金の種族が去った別宇宙への扉。 以降のシーンは雪が振る中例の壮大なテーマ音楽の盛り立てもあってさながら最終回かのような盛り上がりっぷりだったな。

カルキノスはどこ行った?と思ってたらそうかユティを守っていたんだな。 我に返りカルキノスへ感情の赴くまま抱き付くユティのシーンは感動的。 ユティはてっきり消滅エンドかと思ってたからこれは嬉しかったなぁ。 感情が完全に芽生えて泣きじゃくるユティは本当に可愛かった。 改めて見ると身長差が相当あるんだけどこれって別にカップル成立ってわけじゃないよねw。

その代わりエイジが結晶となって消滅?それはそれで流れ的には感動的だけどまだオロンの契約も残ってるしなぁ。
(絵コンテ:寺岡巌 演出:能戸隆 作監:竹森由加・前田明寿 原画:菊田幸一・松村拓哉 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter