Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2009年02月11日(水)

[アニメ » テレビ] かんなぎ #13 仁、デレる

なんという重苦しい空気。ここでもつぐみの献身ぶりが光るがそんなつぐみを邪険にする仁は最悪。 もうナギしか見えてないってとこだろうがそれでも仁を叱咤して励ますつぐみには泣ける。 ここまでくるともう吹っ切れたようにもみえるあっけらかんとした言いようが素敵。 やっとそれに仁が答えて復活。曇りから晴れ間になり暗から明へと晴れ上がる雰囲気が気持ちいい。 ナギ捜索で携帯とネットを駆使するってのは今時な見せ方で面白いな。 そうして二人は再会。 ここでまたまたクラシック音楽で盛り上げる。今度はシベリウスの交響曲第7番の序奏部とは選曲とそれを映像に合わせるセンス良いな~。 崩れ落ちるナギの表情作画と戸松さんの演技が目を引いたが特に「恥ずかひぃ・・・」っていう自然に口から出たような演技が絶品だった。 そういやなんでナギは喪服と思ったら・・・。そうかばあちゃんが死んでこうして再びって事か。しかし島本須美さんとはヤマカン、どんだけらき☆すた意識なんだよとw。 最後まで他の人たちはつぐみ以外はまともに出ず。1話同様に仁とナギ二人だけに絞った潔い見せ方が良いね。

ナギの風呂に入るって台詞だけで最後のオチが見えたw。ほんとつぐみは報われないなぁ。 最後の締めはワイプ。首尾一貫してたな。
(絵コンテ・演出:山本寛 作監:松尾祐輔・門脇聡 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter