Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年08月17日(日)

[アニメ » テレビ] 夏目友人帳 #6 水底の燕

てっきり悪い妖怪かと思いきや腰が低い対応でお願いする豹変ぶりに笑った。 しかし妖怪とはいえ女性と四六時中一緒とかちょっと羨ましい。 手繋いだりとか初々しい。普通ならロマンスに発展しそうだけどまぁ相手は鳥だしなw。

燕が恩義を感じていた人間の捜索がメインでそれが難儀するのかと思えば意外と即見つかった。 相手はどうってことないサラリーマンだが今回は対象が問題ではなく会いたいのに会えない悲しさがテーマ。 身振り手振り声掛ける燕は健気で可愛いが「おーいおーい」って相手には声聞こえないのにそんな懸命な燕にはグッとくる・・・。

そうゆうわけで夏目も情が移り人間の姿になれる着物の為に妖怪らと争奪戦バトル。 てゆうかニャンコ先生はあんな茂みで何していたんだw。 勝負はどうせ先生が助太刀するとは思ってたがいきなりの斑モードでの抜き出しは反則だw。 先生こそ情が移ってるだろ。

あのサラリーマンも波乱はなく普通に良い人だった。 多分妻子持ちだろうから若い女の子に声掛けられて写真一枚というのもちょっと引いた目でみるとあれだよなぁw。

「おやすみ。よい夢を・・・」ここで切っておいた方が余韻があって良かったかな。 写真のとこは蛇足だったように思う。けどほんと素晴らしい回だった。
(絵コンテ:篠原俊哉 演出:小坂春女 作監:本橋秀之 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter