Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年02月28日(木)

[アニメ » テレビ] PERSONA - trinity soul - #8 クスノキの下で

25点取ったり守本に告られると勘違いしたりと相変わらず1人馬鹿やってるな拓郎w。 こうゆうとこ含めて面子の中では拓郎が一番明快な奴で親しみやすいな。

そんな中、新たに山崎まゆりって子が転校。 外見からして思いっきりマレビト側の橘花沙季って人で明らかにまゆりが色々しでかしてしまってる様子。 一瞬人が壁に埋もれてる様に見えてうわぁと思いきやマネキンw。 この辺の奇怪に物体が埋もれてるシーンは何となくフィラデルフィア・エクスペリメントの甲板上思い出した。 めぐみの体操服が拓郎の机に入ってたのは何の因果かw。 てゆうかあんな現象あり得なさすぎなのにみんなもっと気にしろよなとは思うがまぁペルソナがある世界だしさしたる事でもないのかな。

張り込みを提案する守本。まゆりに何かを勘づいたからか。 二人は昔養護施設で一緒だったという事で曰わくありげな重い過去がありそうだ。

そして舞台は夜の学校探検で肝試し。 展開はヴァリエーションに富んでて飽きさせないな。 まぁホラー演出自体はベタなのでさして面白味はなかったけど 守本と慎とで微妙にフラグ立ったんだろうか。威勢良いのにいざとなると人一倍怖がる拓郎も笑えた。

毎度ながらいかにもな行動をする洵。 学校へ行き用務員に訳を話したってのも嘘っぽいな。 洵はペルソナを自在に扱えるようになってきたな。能力は治癒とかなんだろうか。

相変わらず先行き不透明な展開だけどキャラも立ってきたし話の見せ方も上手いんで次が気になる面白さ。 ただツンデレ署長の諒がここんとこ出番少なめなのが不満かw。

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter