Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年04月03日(木)

[アニメ » テレビ] PERSONA - trinity soul - #13 朱に染まる雪原

今まで出なかった授業参観に出席して最後に洵に良いことしてあげようとかそれだけでもう諒の行く末が・・・。

小松原とけじめを付けるつもりなのか自分はもう帰って来れない事を悟り警察署を去っていく諒。 ぽつんとした席が哀愁を誘う。半ば敵対関係だった伊藤刑事にまで敬礼とか格好良すぎだろ・・・。

やはり洵は手術で人の思考を読める能力が生まれたのか。 これは偶発的に起きたのか小松原が故意に仕組んだのか。

弟達を邪険にしてたのはペルソナを覚醒させて巻き込みたくなかったからだったんだな。 弟思いで優しい兄貴だと分かってそれだけでも良かったがその思いは慎に伝わらず喧嘩別れは後味悪すぎる。 諒はほんと不器用なんだよな。

車中での謎の男との電話。 つまりは俺が居なくなった後は慎達ペルソナ覚醒グループに後を託すという事?

ってよく吹雪の雪山で車椅子動かせてるな小松原w。

相変わらずバトルはペルソナが不透明な事もあり中々見通しが利かない。 発動する時は格好良いんだけどなぁ。

ああやはりあんなにフラグ立てまくるから・・・と思ったらまさかまさかのここで映子さんが!? 諒の声にならない叫びが痛々しい・・・。

しかしこれを切っ掛けに諒が逆上して死亡フラグ回避展開もありえそうか? 予告からは特に沈痛した描写もなくちょっと読めないなぁ。
(作監:野田康行 原画:小松英司・渡辺浩二 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter