Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2007年09月02日(日)

[アニメ » テレビ] 精霊の守り人 #22 目覚めの季

運命の時来る。

前半はまだまだ続くジグロとバルサとの回想。 不屈の精神で王の槍8人衆に立ち向かうジグロが圧巻。 この辺りは以前猛虎となったバルサを彷彿させられたな。 とはいえその代償は二人にとって余りに大きい勝利。 バルサが8人の命を救い歩いているというのはジグロへの救済とその8人へのせめてもの償いなんだろう。

その話を聞いてチャグムも精霊の守り人として自覚が出来てたみたいでバルサに鍛えてくれと申し出。 ここもまたまた以前のジグロとバルサとダブるが今度はバルサはチャグムの強い意志を汲み取ったのかすぐ快諾して特訓開始。 とはいえトロガイの言うとおり確かに文官タイプだよな。

タンダはタンダで突然一緒に暮らさないかとのプロポーズも結果見事に玉砕w。

そして遂にチャグムにその兆候。こうゆう時はタンダが心強いな。

シュガとガカイも碑文解析に勤しんでたりと着々とその時に近づいてるようだ。
(絵コンテ:増井壮一 原画:後藤隆幸 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter