Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年01月12日(土)

[アニメ » テレビ] シゴフミ #1 コクハク

思いっきり「しにがみのバラッド」なキャラ配置と雰囲気だな~。 ロケットに夢を託す少年とそれを偶々見た少女との出会いと淡い恋模様。 う~んカナカじゃないけど青春だね~。 こうゆう甘酸っぱい空気感は好き。

画像

ワンセグ携帯でニュース映像を見せるやり方は今の時流にのってる感じで巧いな。

杖のカナカが感情豊かに喋ってる姿はシュール過ぎるw。 松岡さんの演技も弾け過ぎててちょい浮いてるぐらいだな。 口パクないから伸び伸び演技出来るからだろうか。

翔太が「噴射テスト行います」ってとこやロケットにジリジリ近づく構図が いかにも1少年の実験って感じがよく出てて好きだな。

いい年してあんな汚い字なのはまずいだろ・・・と思ったが あのいびつな「す」も何らかの伏線なんだろうか。

父親はいかにも悪人顔、翔太との出会いは何故か廃ビル、途中ナイフを見つめたりとなるほど、 あの部屋で猥褻な事をされて怨念募ってそうゆう事に至ったというわけか。 フミカは実際にはダイレクトにそうゆうビジョンを見たんだろうかなぁw。

画像

しかし方々で言われてるけどあの展開は想像付かなかったな。雰囲気が文字通り180度ガラリ。 夜の公園での街灯下の二人、近づくフミカとカナカ。 綾瀬はフミカの事認識してるんだろうか。そして突然訪れた結末。 なんだかこの辺りは舞台でも見てるかのような段取りが効果的で面白い演出だったな。

やはり今度は翔太から綾瀬にシゴフミが送られるんだろうかw。
(絵コンテ:佐藤竜雄 演出:桜美かつし 作監:川上哲也 原画:うるし原智志・佐古宗一郎・小栗寛子・桜美かつし 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter