Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年02月18日(月)

[アニメ » テレビ] シゴフミ #6 サケビ

ぬぁあしまった。うっかり今回のBS11録画分データ消してもうた。 リアルで見てたから絶望的状況とまではならんかったけど ベッドで寝そべながら眠気眼でファイル操作するもんじゃないな・・・。


ハートフル編が終わって今度はイジメ問題か。とことんアブナイ橋わたるアニメだよなぁ。

イジメで悪いのはイジメてる方かイジメられてる方か。 そして誰しもイジメの当事者になりえると・・・。 この辺は根深くも頭の痛い話でこの作品なりに解決策を示すのかなと思ったんだけどなぁ。 イジメ描写自体はこの手のでは一番リアリティあったというか。見てて胃が痛くなってきたよ・・・。

鉄骨運びに苦労したって・・・。屋上に鉄骨が偶々あったにしても少し無理があるだろw。 例えばロープで綱渡りとかだったら現実味があったのに。

で案の定イジメられてた菊川は自殺。 展開の成り行き上でしかない感じでどうにもこうにも。

そしてイジメのターゲットは俊介へ。 自殺があった後そんなすぐしかもクラスぐるみでイジメが実行されるもんかねぇ。 前回立て籠もりがあって注目されてるんだし流石に目立つような行動は自重はするんじゃないかと。

再び鉄骨渡り。わざわざもう一度えっちらこっちらと汗水垂らして鉄骨運んだかと思うと間抜け過ぎて腹が痛いんだがww。

ここでフミカが菊川のシゴフミ持って登場。 内容を読んで驚愕する俊介は助けたのにって言ってるけど一体いつ助けたんだ。 電話で屋上呼び出してイジメの幇助したし用務員を呼んだ描写もなかったみたいだけどなぁ。

「彼は人間としてではなく動物として戦い抜いた」このフミカのモノローグは妙に納得するものがあったな。 月をバックに雄叫びはギャグにしか見えんかったけどw。

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter