Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年02月25日(月)

[アニメ » テレビ] シゴフミ #7 キラメキ

遂に対峙するフミカと父親のキラメキ。その行く末は・・・。 って、キラメキ生きてるのかよ!終わらせたと言ってたからてっきり・・・。まぁ確かに死んだとは言ってないよなぁ・・・。 まんまとしてやられた感じだったけど 内容自体は今までのマイナスイメージを一期に払拭する出色な出来映え。 やっとサトタツ始まったな!という感じでファンとしても大満足な回だった。 やれば出来るじゃんと言ったら失礼だけどサトタツ監督作としてもこうゆうのが見たかったんだよね。

今回は新しくキラメキ先生の担当になった春乃とその妹夏香がメイン。 ゲストで折笠富美子さんは嬉しい。やっぱ折ちゃんのナチュナルな演技は耳に心地いいね。

妹の夏香はこの前要の電話に出てた女の子か。 時代劇ヲタってのがサトタツらしいテイストだなw。 明るく快活で要にドギマギしてコロコロ表情変わったりとこの子見てるだけで楽しかった。

後半は小山力也ショー。 ジャック・バウアーみたいな硬派な役どころの印象強いけどこうゆうコメディな演技も全然いけるね。 力也さんもノリノリだったが演出と絵もハイテンション。 特にキラメキ邸のレイアウトとかパースの効かせ方とかの見せ方が洗練されてて見入ったなぁ。 表情や動きも生き生きしてて良い感じだった。

画像

画像

フミカの存在の謎はフミちゃんって呼んだ事からベッドで寝てるのは昏睡してるフミカ自身ってわけじゃないのか。 姉妹とか?

また今回も次回への引きは強烈でw。 てゆうか先生が生徒に銃向けるのはNGで親が娘を撃つのはOKというのが分からんね、
(絵コンテ:佐藤竜男 演出:長井龍雪 作監:岡本真由美 原画:長谷川眞也・岩瀧智・桜美かつし 他)

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter