Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年06月29日(日)

[アニメ » テレビ] テレパシー少女 蘭 #2 蘭、走る!~ねらわれた街~

蘭と翠の能力対決の模様は流石にみんなオカルトとか落雷とかで済ませたか。 それで済ませるには無理があるけどw。

隣同士での採点のし合い。そういや小学校んときこうゆうのあったなぁ。

てっきり冴子は蘭の点数の良さにカンニングしたのね!見損なったわ!と怒ってるのか思ってたけど彼女は根暗だったという。 友達なら蘭が隠れて勉強するタイプじゃないのは分かるだろうにね。

声が蘭に聞こえない場合は相手は何も考えてないってことなんだろうか。 つまり先生は蘭の相談に頭の中スッカラカンという事に・・・。 でもその後の何か知ってそうな表情があったからなぁ。ちょっとあやしい。

学校では自分の能力に悩み苦しむも家では暖かい声が迎えてくれ束の間の癒しを得る蘭。 今時珍しい円満な家庭で良かったなぁ。それにしても親父の漬け物趣味が珍妙で笑えるw。

やはり翠はこれまでの寂しさと疎外感から蘭への意地悪に繋がったってとこか。 化け物・気味が悪いとか翠が言ってた事はこれまで自分に言われてきた事なんだろうな。 しかしあの様子だとすぐにでもデレ化しそうだw。

留衣の声は聞こえないよで嬉しがる蘭。普通逆なんだけどねw。 やたら理解ある留衣は二人の事を知ってるんだろうか。もしかして蘭と付き合ってるのも能力と関係が? 先生と言い冴子といい留衣といい意外と黒いものが渦巻いてるな。

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter