Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年07月29日(火)

[アニメ » テレビ] ワールド・デストラクション~世界撲滅の六人~ #3 獣人には二通りある

艶々とした濃い絵柄とコミカルなデフォルメ絵が錯綜してて一体何が何だか。 更に黒バックに線画という思い切り簡略化した演出まで飛び出してもの凄い支離滅裂だったけど見てて面白かったのは確か。 当初はIG制作だから無難な作りになるのかなと思いきや意外と各話弾けててこういった実験的な回まで飛び出すし良い意味で裏切られたな。 内容的にもこのノリは合ってるしこうゆう方向性で良いと思う。てゆうかもっとどんどんぶっ飛んでくれw。

説明なくいきなりモルテ達が牢獄にぶち込まれる場面からスタート。 あんな格好ならパンツぐらい見えてもいいのに・・・。 当然回りはむさい囚人だらけ。グヘヘってヨダレだらだらなエロシュチエーションになりそうなもんなんだがなぁ。 よっぽど撲滅委員会は恐れられてるのかただ単にモルテに性欲がかき立てられないのかw。 てゆうか普通にモルテが汗水垂らして作業に励んでた姿に笑った。顔は悪人顔だったけどw。 キリエのこれまでついてた職が身を助けるシーンは彼の生真面目さが現れてて微笑ましい。 トッピーは弄られ役なら良いクマっぷりだな。関係ないクマとかクマみたいな真似と言いクマクマ言ってるやり取りが間が抜けてて可笑しかった。

今回はショートヘアの地味目な女の子と優男のロマンス。純情なお二人さんって感じが良いな。 そして行き違いで犠牲になる優男が哀れ。言いたい事もいえないなんて。

朝日が昇り終わりよければすべて良しなラストは清々しい。

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter