Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2006年11月29日(水)

[アニメ » ビデオ] 機動戦士Zガンダム ‐ 星を継ぐ者 ‐

ジャケット

レンタルで見た。

取り敢えず気付いた点。

声優陣。

あれから20年立ってるのに違和感を殆ど感じさせない主要キャストの方々は凄い。やっぱ流石プロだ。 ファの新井美里は懸念材料だったんだけど意外とすんなり聴けた。 ブレックスが石井康嗣さんに変わっててやたら存在感が増してた。 ハヤトが檜山さんに変わってたけど鈴木清信さんのとぼけた声が良かったから残念。 あと田中一成さんが脇役で出まくってたな。

作画。

TV版と恩田絵の差が分かり易すぎたかなぁ。 恩田さんももう少し俺絵でなく当時の絵柄に合わせてくれればよかったんだが。 因みにTV版ではZZのキャラデザ作業の為に抜ける北爪さんの穴を埋める形で42と47話に参加。 彩色もデジタルとセルなんでギャップがあり過ぎだし。 メカの方はこれは素晴らしかった。特に最後のブランとロザミィらとの戦闘は圧巻。

ストーリー。

やはりというか全50話を約90分×3にするのは無理があった・・・。 どうしても駆け足展開でダイジェストになってしまう。一見さんはちょっと分かりづらいと思う。 いっそ全部新作、完全にアナザーストーリーでやればよかったのかも。設定とキャラだけを借りたもう一つのZの物語。 これなら2時間でちゃんとした映画として纏まるだろうし。

キャラ別感想。

カミーユがいきなり手錠されて取り調べられてるからあれではDQNだ。いや確かにDQNなんだが。 アーガマにカミーユが居着く課程が端寄られてるからいつの間にかMK-IIで戦ってる感じになってる。 あと性格も丸くなってる。あの切れやすくナイーブで自閉気味な現代の若者像を先取りした性格が良かったのに。

ヘタレジェリドとカミーユの出会いが数秒の回想になってるのとライラとは師弟関係になってなかったから アクが抜けちゃってどうもカミーユのライバルキャラしては弱くなってしまったなぁ。

ウォン・リーが居ない!そしてカミーユがボコボコに修正もされてない!てゆうか修正って台詞が無くなってる。 ま、流石に今の時代子供を大の大人がボコるとこのカットは仕方ないとはいえ修正っていう言葉は好きだったんだけどな。

カイがレコアに自己紹介する「カイ・シデンっていう」がない!あれがカイらしくて好きなのになぁ。

シャアの第1話最後の「ほぉ~~」や第13話のカミーユに修正され「これが若さか・・」の台詞がなかったのは残念。 そしてアムロとの再開はやっぱTV版の方がスムーズで感動的だったなぁ。

ライラもジェリドとはああゆう関係になってないから散り際がどうも締まらなく・・・。

ん~文句しか出てこないぞ。 良かった点を挙げるとG3で荒廃した30番地の様子を実際に赴いたTV版と違ってモニターで見せた演出は巧かった。

第2、第3部はまた後ほど。

制作スタッフ

脚本・絵コンテ:富野由悠季
演出:松尾衛
キャラ作監:恩田尚之・メカ作監:仲盛文
原画:重田敦司・村木靖・中島利洋・鈴木竜也・阿部邦博・城前龍治・村瀬修功・寺田嘉一郎・高山朋浩・土器手司・小松英司・森下博光・植田洋一・大塚健・千葉道徳・松井章・佐村義一・鶴巻和哉・西田亜沙子・神戸洋行・田頭真理恵・田中将賀・小木曽伸吾・高瀬健一・井村学・松永晃・加瀬幸治・阿部美佐緒

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter