Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 1: 1

2008年03月19日(水)

[] アーサー・C・クラーク逝去

遂に来てしまったというか・・・。 もう90歳だったんだしいつそうゆうニュースが流れても不思議じゃなかったんだが やはり聞きたくなかったなぁ・・・。

科学、PC、ネットなどの激動の発展ぶりを直に体験出来て幸せな老後だったんだろうかな。 後生をスリランカで楽しく過ごせてたんならいいんだけど。 90歳でまさに天寿を全う。今まで夢をありがとうございましたとしか言いようがないね。

今後賞あげたり設けたり何か記念になるのを作ったり後生に残る型で クラークの偉大な業績を称えていければいいんだけどな。

手元にある13冊のクラーク著作から。

まず長編。ポピュラーな2001年よりこれらを挙げておきたい。 読みやすくまさにクラークらしさに溢れてる。特に幼年期は何度泣いた事か。 ランデブーはセンスオブワンダーのかたまり。おもちゃ箱ひっくり返したようなわくわく感が素晴らしい。

短編は長編より粒揃いで創造性豊か。 どれもこれも外れがなく読み応えたっぷり。

クラークの本を買うときは連名物はアウトで最近のだと神の鉄槌も少しらしさが落ちる。 それ以外は全て名作なんで迷うことがない。

関連記事 | 記事URL

2007年03月23日(金)

[] 最近読んだ本から

ジャケット

『よつばと!』第6巻 あずまきよひこ

大分前に買って置いてたのを今更ながらやっと読んだ。 そういやよつばと!のアニメ化とかの声はまだ聞こえてこないな。取って置きとして温存してるんだろうか。 因みに脳内よつばの声は金田朋子。あの声しかないよなぁ。あと風香は桑島法ちゃんだな。

今回はよつばと自転車と牛乳な巻。

個人的には前巻からいまいちな雰囲気。 少しよつばの天真爛漫さにイラッとくるところが。1~4巻はそんなこともなかったんだけどな。 勝手に出歩いたり父ちゃんのエクレア食ったらあかんだろ~。割を食ってしまった風香がかわいそう。 少し甘えさせすぎに育てられてるのが不満。ま、フィクションにそんなこと言っても意味はないんだが。

ただ今回も相変わらず風香がエロ可愛かったのが良かった。 第36話の扉絵。どう考えてもパンツ見えまくりだろ。太股が眩しいぜ。 そして実は副会長だったことが判明。ボケてる様でしっかり者だから意外ではなかったかな。 あと飄々としたあさぎがよつばと並んで自転車乗ってたりするとことか今回は親しみやすさが出て良い感じだった。 他にやんだが玄関でラーメン食ったりみんなでバーガー食べたりしてたとこが和む一コマ。

ほんとこうゆうプロとして手抜き無い仕事っぷりには敬服するよね。

関連記事 | 記事URL

2007年03月16日(金)

[] 最近読んだ本から

ジャケット

『SAND LAND』鳥山明

シバとベルゼブブ、お互い馴れ合いのない緊張感のある関係って感じで面白かったな。 あとやはりアレ将軍やスイマーズなど敵だったキャラが誤解が解け最後には協力しあう関係になるってのはベタながら気持ちが良い。 賑やか的な女の子とかも一切出ないから物語の焦点がボケず一本筋が通ってるのも読みやすい。 ただベルゼブブvs虫人間は戦闘描写が中途半端というか蛇足かなぁという印象。戦車戦は緊迫感があって良かった。

読後感は爽やかすっきりでこれをいくらでも話を膨らませて長くしたり続きを書いたり出来るだろうけど 敢えて1巻分に絞ったのが清い。 あと鳥山氏が殆ど使わないスクリーントーンをこの作品ではふんだんに使っていて普段とは違う鳥山絵が見れるってのもポイントかな。 殆ど1人で作画したらしくDB後の余裕の一作といった具合。そのお陰か完成度が高い。 大変満足な一冊だった。

関連記事 | 記事URL

2007年02月27日(火)

[] 最近読んだ本から

ジャケット

『鳥山明○作劇場 Vol.3』鳥山明

全盛期の執筆時期ってのもあり完成された作画と手慣れたストーリー運びで安心して楽しめる出来。 3巻の中では当然一番完成度が高くどのお話も長編化したら面白そうだ。

どれも基本的に主人公は良い奴で悪人を懲らしめたり知らず人助けをしたりで読後感がとても良いのもポイントだな。 個人的にはアイディアが面白い貯金戦士キャッシュマンとアメリカンテイスト溢れるDUB&PETER1が面白かったかな。

関連記事 | 記事URL

2007年02月20日(火)

[] 最近読んだ本から

古本で。残念ながらVol.3は見つからずまた次回に。

ジャケット

『鳥山明○作劇場 Vol.1』鳥山明

ぶっちゃけお話自体は面白くない。 合間合間に挿入される鳥山氏の自身を振り返ったデビュー頃の懐古漫画の方がよっぽど面白いw。

ただ絵は時代的な古さは感じるもののこの頃から画力やデッサン、レイアウトが抜群に巧いって事が如実に伝わってくる。 スクリーントーンを使わない独特の空気感がある種芸術的で一コマ一コマがイラストとして持って行けるぐらい。ストーリーより絵を見るってな巻かな。しかしサインペンのみで丸々描けれるってのは凄い。

ジャケット

『鳥山明○作劇場 Vol.2』鳥山明

この巻から年代が上がって俄然お話の方も面白くなってきた。 特に「騎竜少年」「トンプー大冒険」「Mr.ホー」はドラゴンボール的世界観があって読みやすく誰でも楽しめる様な秀逸な出来映えで短編的な軽快な面白さがあると思う。それぞれ長編としてもっと読みたいぐらい。

あと女の子キャラが初期より洗練されてかなり可愛い。プラモちゃんなんかかなり萌え~ってな具合で流石だなぁと。

因みにDB連載前の騎竜少年からは序盤の悟空とブルマの珍道中な中華的雰囲気、 トンプー大冒険ではナメック星でのサバイバルを彷彿とさせホイホイカプセルも出てきたり、 DB連載中のMr.ホーからは悟空のレッドリボン軍本部突入なアクションでヤムチャ似のキャラ出演と色々繋がりが垣間見れてそういったお楽しみもあったり。

関連記事 | 記事URL

2006年09月25日(月)

[] でじぱら

何となく買ってしまった。

作者サイト - M's GARDEN

野郎共がする濃いヲタ会話を可愛い女の子に置き換えたマニアックなAV機器入門コミックてな具合。 絵柄はデフォルメチックな萌え~な絵で作画も上手い。コマ割りとかも含めて割合読みやすくサクッと読了。メイド姿も含めツンデレなまれはちゃんが可愛かったな。ベタなキャラだけどああゆうのはストレートにくるね。 それにしてもやたらソニー製品が目立ってた。作者はソニー信奉者かな。 個人的には松下が好き。只それだと野郎と同じか・・・。 この手の時事系内容だと風化してしまうのが早いから数年後にはなんだこりゃってな感じにならなければいいけど。賞味期限はやっぱ短そうだな。

関連記事 | 記事URL

2006年09月18日(月)

[] 魔法先生ネギま! 15巻

一ヶ月遅れで買ってきたよ。

昨今の作品問わずタイムトラベルネタはほんと面白いな。こうゆうミステリーな展開は大好きだ。 しかしこんなにも大風呂敷広げて収集つくのか?と思うけど赤松先生には沢山優秀なブレーンがついてるだろうから破綻とかは大丈夫だろう。 にしてもちゃおりんがやたら可愛くて参った参った(*´д`*) 中国娘はキャラ的によくあるしし今までのネギま!誌上でもそんなに可愛いとは思わなんだが132時限目のクー老師との会話以降がやたら魅力的に描かれてた。ネギや刹那らを科学の力だとはいえ手玉に取るのも快感だしお別れパーティでの素のちゃおりんも可愛くて特にくすぐられシーンはエロくて最高ですね(;´Д`)ハァハァ。個人的に現時点でネギま!キャラ一番の萌え萌えキャラだなぁ。 14巻が亜子で今回は超鈴音。さすが赤松、抜かりがないな。

そういやそろそろ他のまだ地味なキャラ達のザジや大河内、明石らの活躍が見たいな。特にザジは何かありそうで何もなさそうなんだよねw

んで、秋から始まる第2期アニメ。既に第1期は黒歴史みたいだが今回のは監督が新房さんだしぱにぽにスタッフだしで結構期待。ま、新房さんだったらもうどう転んでも許せれる感じだけどw

関連記事 | 記事URL

1 / 1: 1

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter