Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2007年10月10日(水)

[映画] 最近見た映画から - アルマゲドン

ジャケット

話題作だった作品を見るその2。

これもインデペンデンス・デイ同様に地球にピンチが訪れヒーローがそれを救う話。 今回は宇宙人でなく小惑星なのが今そこにある危機って感じでリアリティ。

これは面白かった。 ザ・ロックで見せたマイケル・ベイ監督ならではのスピーディな展開とド迫力なスペクタルさとストレス感じさせない小刻み良いストーリー。 それらが見事噛み合ってパニック物映画としては一級の出来だったな。

シーン的にはハリーが事実を知り仲間を電話で招集する辺りがわくわく感あって楽しい。 こうゆうシチュは劇ナデでもあったな~。訓練を受けて好き放題な見返りを要求するとこも面白かったところ。

そしてなんと言ってもドッグファイトしてるかのように乱舞するスペースシャトルが圧巻。 実際問題ありえないけどこうゆう嘘映像は映画ならではであのシャトルが!という衝撃と意外性があって痛快だったなぁ。 ミールも大爆発させてしまうのが凄すぎるしやり過ぎだしで笑ってしまったよ。ロシア人あれ怒らんのかねw。 勿論隕石落下シーンも壮絶。ただ不謹慎ながら911後の撮影ならビル崩壊とかもっとリアルで迫力ある映像になったろうな。 911の地獄絵図見た後だとどうしても見劣りしてしまう。

オチは無難なところかな。ああなってしまった以上こうなるしかない。 もう少しハリーの最後を描いて欲しかった気もするし帰還クルーにハリーの姿をオーバーラップさせるとかのサービスが欲しかったかな。

不満点はラブロマンスが盛り上がり要素とはいえ余計だったのと採掘クルーの意味不明な1名が終盤雰囲気を悪くしてしまった点。 SF考証とかは当然突っ込み処満載なんだけどそれを上回る映像のインパクトと面白さがあったんで良し。

キャスト陣ではトルーマン役のビリー・ボブ・ソーントンが懇親的な司令官ぶりで光ってたな。

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter