Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2007年09月02日(日)

[映画] 最近見た映画から - ランボー

ジャケット

10年ぶりぐらい久々に見た。 改めてベトナム後を描いた映画として最高の出来だなと思う。 特に最後のランボーのトラウトマン大佐への独白は映画史に残る感動的名シーンで泣けるんだよなぁ・・・。 TVで昔見たときランボーの日本語吹き替えでの子供の様な泣きが今でも鮮明に覚えてるけど あれは誰だったんだろう。銀河万丈さんだったかなぁ。

しかし戦争に限らず何時の世も犠牲にあうのは末端の人間なんだよね。 そういったランボーを孤独にさせて追いやった世間の世知辛さにほんと悲しくなる。

悪徳保安官が一番の元凶でどんどん対立がエスカレートしていくんだけど 警察所でボコられたのを倍返しして外へ脱出しバイクで逃走するとこはジェリー・ゴールドスミスの音楽の格好良さもあって痛快。 そしてランボーの森でのサバイバルぶりには当時は憧れた。1人1人じわじわ倒していく。その課程に痺れる。 でもあのヘリに乗ってた警官以外は誰1人殺していないんだよね。そういった義理堅さもランボーの良いところ。 そして最後は男と男の意地の張り合いに。周り中は敵だらけでM60ぶっ放していようが勝機が更々見えてこないのが悲痛。 ある意味集団リンチだ。それが先に挙げたトラウトマンへの愚痴に繋がるんだけど何度見てもここは泣ける・・・。 スタローンも良いがここではトラウトマン役のリチャード・クレンナの何ともやりきれない苦渋の表情が印象的だ。

まさにベトナム帰還兵の哀歌ともいうべき厳しい現実を見せつけられる名作だった。久々に見て良かった。

数少ない不満点としては保安官サイドの描写が一面的で単なる悪役止まりだった事かな。 彼をここまでさせているのは何かってのを描いて欲しかった。 勿論上映時間の制約があるだろうから仕方ないとこもあるんだろうけど。

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter