Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

1 / 7: 1 2 3 4 5 »

2009年04月25日(土)

[音楽 » CD] 最近買ったCDから - シャイーのワーグナー序曲集

画像

軽い。ドイツ音楽のドの字も聞こえてこないほどアッケラカンとしていて軽い。 これほど自分のイタリアキャラで押し通してくれると天晴れ。ガチガチなドイツ音楽だからといって深刻ぶったりしない分潔い。 イタリア人らしくどのフレーズもよく歌うが特に木管を埋没させず際立たせてるのが耳に新鮮。

個人的には「タンホイザー」がバッカナール付きなのが嬉しい。 バリ版で通して録音してくれてるのは持ってる中ではカラヤンぐらい。 カラヤン(EMI盤)の絢爛豪華でゲルマン魂が燃えたぎる演奏かシャイーの等身大で歌心に満ちた演奏か。 対極だがどちらも魅力的な演奏だ。

古い埃を取り払い都会的洗練さでリビルドさせたシャイーのワーグナー。 シャイーの性格が諸に表れたこの演奏は妙に憎めない。 と同時に自分の思い通りにオケに表現を徹底させたシャイーのその類い希な指揮技術に感嘆してしまう。

関連記事 | 記事URL

2009年04月22日(水)

[音楽 » CD] 最近買ったCDから - エリーヌ・グリモーのバッハ トランスクライブド

画像

平均律クラヴィーア曲集がとても良い。 明晰でありながら躍動感溢れるピアノ。 表現がとても雄弁でまさに現代のアクティブな大人の女性が歌うバッハといったところか。

メインディッシュと思われるシャコンヌがこれまた素晴らしい。 自然体でありながらも渾身で弾いていて実に好感。 ツボを抑えた歌い込みも嬉しい。あらかた表現し尽くしたかのようだ。

協奏曲でのオケとの絡みも堂に入ったもの。 アンコール的に最後に配されたパルティータからの一曲の弾きっぷりがチャーミングで実に良い余韻を与えてくれた。

録音はDGだが今回は素晴らしくグリモーのクリアで粒の揃ったタッチを捉えていて不満は全くなかった。

全トラック五つ星な出来映えでここ最近の新譜では出色な1枚だったな。

関連記事 | 記事URL

2009年04月20日(月)

[音楽 » CD] 最近買ったCDから - ペレーニのドヴォコン

画像

マイナー臭がするからといって舐めてはいけない。 これぞ知情意三位一体となった希代な名演だったな。 歌うとこは歌い押すとこは押し引くとこは引く。まさに大人のこくのある滋味溢れる演奏といったところ。 重音の扱いも実に効果的だ。

イヴァン・フィッシャーの伴奏はそれを過不足なくサポート。 寄り添うというよりはまさに協奏といった形でお互い丁々発止の絡み合い。 ブタベスト祝祭管は非力で金管などもう少し力強く鳴って欲しいがホルンを初めとした木管群はとても好演していたな。

録音は分解が悪くのっぺりしてるが前回のDG録音よりは酷くなく贅沢言わなければ普通に聴けるレベル。 でもやはりそろそろ再録音して欲しいな。

因みにドヴォコンの以前のベストははデュプレとバレンボイムの夫婦競演盤だが あれは強奏で音が盛大にひび割れるというトチ狂いすぎなEMI録音。 あれさえなければねぇ~。シューマンも確かそうだったか。デュプレが可哀想そうだ。

関連記事 | 記事URL

2009年04月19日(日)

[音楽 » CD] 最近買ったCDから - ティーレマンのブラームス

画像

まずモヤが掛かって奥の方でモゴモゴ言ってるような録音に落胆。 ほんとここ最近のDG録音は精彩に欠ける。

引きずるような重々しい音楽運びでティーレマンがどういった方向を目指してるかは明らか。 ただ懐古趣味な演奏に終わらずティーレマン独自の音楽設計の卓越さには目を見張らされたな。 特に終楽章が素晴らしい。 序奏が終わりホルンで例のコラールが奏でられる場面とコラールが終わった後での溜め。 実に効果的で一体これから何が起こるのかという期待感をもたらしこの暗から明という終楽章の楽想にとてもマッチしていた。 そして弦で奏でられる第1主題は詩的な繊細さで魅了。 そこから木管に継がれクレッシェンドして盛り上げていくその自然な高揚感溢れる表現の見事さ。 コーダはこれまで溜めていたものをはき出すかのような伸び伸びとスケール大きく聞かせとてもドラマチックに盛り上げる。 ここまでたっぷりルバートしてくれたらもう何も言うことなしで興奮させられたな。

反面第1楽章は少し考えすぎというか慎重すぎるのかもしれない。反復しているのは嬉しかったけど。 もう少し若者らしい勢いというか覇気を魅せて欲しかったところ。中間楽章はミュンヘン・フィルの美音をたっぷり楽しめた。

一歩間違うとブヨブヨしたふやけた演奏になるところを終始引き締まったティンパニの音に支えられたように思う。 重厚で丹念さが光った演奏といったところだろうか。 これで録音がもう少し明瞭ならとつくづく惜しまれるな。

関連記事 | 記事URL

2009年01月01日(木)

[音楽 » テレビ] 年末年始見たクラシック番組から

今年もいつも通りテレ東のジルベスターコンサートで年明けですよ。 ガーシュウィンのラプソディーインブルーでのカウントダウンは見事にタイミングが遅れてしまったなw。 もう6年ぐらいずっと見てるけど失敗したのは初めて見たよ。 ああゆうのは必ず合うように多少インチキしてでも調整してるもんとばかり思ってたがw。 その後のミッチーと小曽根さんの言い繕いが強引過ぎて笑ったな~。 新年早々面白いものを見させて貰って満足だw。

その後はこちらが本家本元のジルベスター、ベルリン・フィルのコンサート中継を例年通り見る。 今回はアメリカン音楽でジャズテイストの歌ものメインという事で自分には合わずちょっと退屈だったか。 それにしてもトーマス・クヴァストホフは多芸だ。

画像

画像

NHKのベルリンからの中継は4回ぐらい映像不良があってガッカリだ。 こうゆう中継になるんなら多少遅れてもいいから映像が整ったやつを録画放映して欲しい。

そして締めはウィーン・フィルのニューイヤーコンサート。 って、今年は元旦の中継は地上波だけなんかい。うちんとこはNHK教育の映りがノイズまみれで最悪なんだよなぁ。

画像

これはとっとと地上波デジタル導入しろというNHKの圧力か・・・。 仕方ないから正月明けた4日のハイビジョンで楽しみますよ。

さらっと見たがバレンボイムのシュトラウスは悪くない印象。 それにしても遂にコンマスキュッヒルの隣に女性奏者ですか。合間には頻繁に他の女性奏者も映してるし。 なんだか政治的な意図が見え隠れしてるようで少々萎える。

関連記事 | 記事URL

2008年12月30日(火)

[音楽 » CD] 最近聴いた音楽から - 2つの第九

やはり年の瀬にはベートーヴェンのこの曲が相応しい。というよりこの時にしかこの曲は聴く気分になれないという。

ジャケット

演奏は1958年のステレオ録音。 まだ巨匠フルトヴェングラーの残り香が残るベルリン・フィルの男性的で重厚なサウンドが魅力的だ。 それと同時に終戦からまだ13年しか経ってない頃の演奏という事でそうゆう観点から感慨深くも。 若くして去ったフリッチャイの指揮は颯爽として構成感も抜群で聴いていてとても気持ちがよい。 特に第3楽章の流麗なカンタービレに惹かれる。 大概第3楽章は眠くなるんだがこのフリッチャイの歌には恍惚とさせられいつまでも聴いていたい思いだ。 勿論第1楽章や第2楽章を初めとしたアレグロの激しいところも過不足なくて攻撃的なベルリン・フィルサウンドが聴ける。 カラヤンよりはフルトヴェングラーが蘇ったかのよう。 終楽章はフィッシャー=ディースカウがバリトンで参加してるのが嬉しい。 コーダはフルトヴェングラーみたいなヤケ気味ではなく抑圧を聴かせながらも熱狂させていて丁度良いテンポ。 まさに20世紀を代表する第九の名演だ。

ジャケット

そして裏第九?とでもいうべきショスタコーヴィチの9番も続けて聴いておく。 やはり自分には頭でっかちで誇大したベートーヴェンの同曲よりコンパクトに言いたい事が纏まったショスタコの方が好きだな。 周囲のショスタコ作の第九に寄せる期待をはぐらかしたようなおちゃらけた雰囲気と皮肉った重苦しさと終楽章のすかしっぷりが最高だ。

フリッチャイ指揮するベルリン放送響の録音は1954年のライブ収録でモノラルながらノイズや歪みもなくとても聴きやすい。 下手なステレオのデジタル録音より良好だ。 解釈も変な癖や過度な感情移入もなくきっちり整然としていて明快。 オケも下手な点はなく安心して曲自体に没入する事が出来る良い名演だ。

この曲が入った2枚組アルバムはモノラルで古い録音ばかりだけど目の覚めるような名演ばかりなのでお勧め。 エロイカは解釈としてはちょっと一般的じゃないけど強靱なガランタ舞曲や唯一のステレオで引き締まった演奏が聴ける魔法使いの弟子、 設計の見事さが光る交響的変奏曲が素晴らしい。

気付いたら丁度1年ぶりのクラシックCDエントリーだったという。

関連記事 | 記事URL

2008年11月12日(水)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - ベルリン・フィルのワルトビューネ・コンサート ~2008~

画像

今回は今話題のベネズエラ生まれの指揮者ドゥダメルが登場。 自分より年下なんだよなぁ・・・。それを意識する歳になるとは自分が嫌になるw。

選曲からしてマイナー過ぎてて興味沸かないなぁと思いつつも見たら意外にも近年のワルトビューネでも出色の面白さだった。 クラシックというジャンルではないどっちかというとポップス、ライトミュージックのノリで 堅苦しく曲や演奏を考えたりする事も無く気軽に楽しく見られたのが良かった。 曲自体分かりやすい揃いでインディオ交響曲のノスタルジーやセンセマヤのジャズっぽさ、メロディアスなエスタンシア、アダルトなダンソン などなどもっと聞いていたいと思わせられるナンバーづくしだった。

しかしこういった異種な曲目を天下のベルリン・フィルで聞けるんだから贅沢なもんだ。 しかも殆ど初演に近い曲ばかりなわけだしそれを完璧に演奏しておまけに楽しむ余裕まであるんだからほんとベルリン・フィルは凄い。 アバド時代以降フットワークが軽くなったからこそだろうな。ウィーン・フィルじゃ絶対拒絶しそうだしシカゴでは重そうだ。

オケメンツでは打楽器セクションの面々が終始ノリノリで見てるこっちも楽しくなる。 降り番かと思われたセーガースもスネアで楽しんでたなぁ。クラのトップの人はステフェンスの後任というより容姿的にトラか。 パユは貫禄付いたというか老けたな。

画像 画像

ドゥダメルはDGの若手アーティスト売り出し作戦が鼻についてて好かなかったんだが 棒をエネルギッシュに振ってる姿を見てたらなんというナイスガイで好感持てる男。 余程しくじらなければこのままスター街道まっしぐらだろうから将来どう化けるか楽しみな逸材だな。 既に決まってるロス・フィルのポストってのはドゥダメルには打って付けだな。

関連記事 | 記事URL

2008年10月26日(日)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート ~ 2008 ~

今回のヨーロッパコンサートの開催地はモスクワ。 聖堂を思わせる内装が良い具合だった。

画像

1曲目はストラヴィンスキーの「3楽章の交響曲」。 ストラヴィンスキーは3大バレエとプルチネルラ以外はさっぱり分からん。 単に音の羅列にしか聞こえなくて幾ら才気溢れるラトルのタクトでも自分には苦痛以外のなにものでもなかったなぁ。

次はレーピンをソロで迎えたブルッフのヴァイオリン協奏曲第1番。 この曲は良いね。いかにもドイツ的な重厚さとメロディアスさがあってとても好きだ。 演奏も堅実でとても良かったと思う。

そしてメインプロのベートーヴェンの交響曲第7番。これは素晴らしかった。 快活でスピード感あって退屈させない愉悦さ。 ラトルとベルリンのこのコンビの良さがよく出てたな。

画像

ウェルツェルのティンパニがこの演奏をキリリと締めてたな。 この人はどの映像でも豪快な叩きっぷりが気持ち良い。 あと第2ホルンのサラ嬢も良かった。

そういえば今回楽器配置が第1第2ヴァイオリンが両翼でコントラバスはそのままでチェロとヴィオラだけ 左右入れ替わる変則両翼配置だった。 主に古楽演奏で時々録音で聞いたり映像で見かけたりするけどベルリンも色々やってくれるんだな。

画像

コンマスの安永徹さんが退団されるようで残念。 もしかしてこれがベルリン・フィルコンマスとしてTVで見れる最後の勇姿なんだろうか。

関連記事 | 記事URL

2008年03月10日(月)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - クラウディオ・アバド指揮 オーケストラ・モーツァルト 演奏会

NHK BS-hiでアバド指揮オーケストラ・モーツァルト演奏のバッハ「ブランデンブルク協奏曲」全曲演奏会を見る。 ここ最近は録画してまで見たい番組がなかったんだけどやっと面白そうなプログラムきたよ。

アバドが遂に古楽器オケでも振るのかと思ったら流石にモダン楽器なオケだった。 しかし奏者は豪華。ソロ・ヴァイオリンにカルミニョーラ、コントラバスにポッシュ、 フルートにズーン、トランペットにフリードリッヒ、リコーダーにペトリ、チェンバロにダントーネ。 もうこれだけでヨダレ物で名演確定なんだが。

まず目に付いたのが演奏会場の素晴らしさ。 ヨーロッパの伝統だからこうゆう装飾付いた作りは当たり前なんだろうけど 日本にはまずこうゆう芸術的な作りの会場ってないよなぁ。羨ましい。

画像

アバドなりの意図か1番3番5番6番4番2番と変則的プログラムだったけど すっきり爽やかに聞かせてくれてあっという間の全曲だったな。

5番の聴き所、チェンバロのダントーネは技巧的なソロを難なく弾きこなし鮮やか。巧すぎる。 5番は好きだから色々な盤聴いたけどかなり理想的だったなぁ。因みに一番好きなのはピノック盤。 ズーンの伸び伸びとして澄んだ音色のフルートも素晴らしかった。

画像

アバドに気を遣ったのかカルミニョーラがちょっと大人しかったかな。 とはいえソロでの巧さ、特に4番第3楽章での目覚ましい弾きっぷりは見事。

画像

2番、この2番が全曲で一番好きなんだが流石フリードリッヒ、期待通りの劇巧っぷりで舌を巻いた。 なんであんな高音出して音外さないんだ・・・。ルツェルン祝祭管でも素晴らしかったけどやっぱ何やらせても巧いんだよなぁ。 使用楽器はピッコロ・トランペットかな。ユニークな形状で視覚的にも楽しめた。

画像

ぶっちゃけアバドは存在が希薄で立ってるだけって感じだったけどw まぁそこに居るだけで特に母国イタリアでは大きい存在だろうし解釈的な諸々を練習で統一してたんだろう。

というわけでNHKのクラ物では久々に初めから終わりまで楽しめた放送だった。

次週はルツェルン音楽祭2007でのマラ3というわけでこれも楽しみ。 そして4月はカラヤン特集もあるんでこれも期待できそうだなぁ。

関連記事 | 記事URL

2008年01月07日(月)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - 来年のニューイヤー・コンサート 2009

83歳と歴代ニューイヤーでは最高齢指揮者のジョルジュ・プレートル登場な今年。 NHKのBSでのニューイヤーの扱いが悪かったんで仕方なく6日という今更ながらな日に見た。

最初見た感じはそこら辺歩いてた酔っぱらいの爺さんがうっかり間違えて指揮台に上がってしまったかのような雰囲気だったが・・・。

既に方々で言われてる通り確かに出てくる音楽は例年より趣が異なり新鮮で楽しかった。 曲目が進むにつれて和気藹々とした暖かい雰囲気になってきたのもプレートルの人柄所以なんだろうな。 ただ自分にはやはりこうゆうみんなで楽しく音楽しましょうタイプよりは黙って俺様の音楽を聴けタイプの指揮者が好みだけど。

あとカメラワークが今年は素晴らしくて殆ど不満を感じなかったな。 特に天上のシャンゼリゼ越しから下の舞台を移した映像が臨場感抜群。 客席向きのカメラも面白かった。終始カメラに狙われた男性はそのせいか紅潮しまくってたけどw。

関連記事 | 記事URL

1 / 7: 1 2 3 4 5 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter