Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2 / 7: PREV 1 2 3 4 »

2008年01月03日(木)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - 来年のニューイヤー・コンサート 2009

そういや来年の指揮者は誰かな~とクラ板見てたら何とあのバレンボイムとな・・・。

The Vienna Philharmonic New Year's Concert 2009 will be conducted by Daniel Barenboim.

こうゆうお祭り騒ぎには無関心だろうしあの強面キャラ的にも登板はないなと思ってたからかなり意外。 いやはやマジですか。バレンボイムファンとしてはこれは来年のニューイヤーは楽しみだなぁ。 やはり例のドナウ演奏前では政治的なスピーチをするんだろうか? てゆうか合間の子ネタやってるバレンボイムの姿が想像付かんw。

関連記事 | 記事URL

2008年01月02日(水)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - ニューイヤー・コンサート 2008

BSは無視して地上波が先行か・・・。 うちの地域はNHK地上波の映りが悪くて画面がザーザーなんだよね。 コイルの視聴も結構厳しかった。 というわけでコンサートはBS-hiの方で6日にでも見るかな。BS2でもあるけど裏に見たい番組あるんで。 しかし以前はBSでも同時に放送してたと思うんだけどなぁ。年々NHKのクラシックの扱いがぞんざいになってるような。

ジャケット

というわけで新年のクラシック聴き初めはカルロス・クライバー指揮のニューイヤー・コンサート1989のDVD。 CDの方も1枚組のを持ってるけどやはりクライバーの指揮は耳ではなく目で見たい。 クライバーの演奏は映像でないと満足いかないんだよね。 この後クライバーは1992年にも登場するけどこの1989年の方が曲目が良いし初登場という緊張感があって良い。 ここで見せるクライバーの無駄のない振りと軽やかで優美な動き!これに魅了されない人は居ないだろうなあ。 ほんと最後のカリスマ指揮者だった。 むせるような弦の響き、うなる低弦、軽妙な木管・・・。う~ん痺れるね。 最後はクライバーの口から新年の挨拶。 短くやや照れながらの挨拶を見るに付けきっとシャイな性格なんだろうなぁ。

関連記事 | 記事URL

2008年01月01日(火)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - ジルベスターコンサート

今年もいつも通りテレ東の東急ジルベスターコンサートで年越し。 下らないショーだとは思うんだが何年も何となく惰性で見続けているんだよね。

今年のカウントダウン曲はレスピーギのローマの松。 これはお見事。まさに0時ピッタリに曲がジャン!と終わってプロの意地を見た思いだったな~。 演奏の方も中々に勢いがあって良かった。

ゲストの草刈さんや千住さんはとにかくスレンダーだな~という印象。 途中唐突に女性陣がドレスの話始めてなんだと思ったらタイアップ宣伝だったw。

そんなこんなでまた~りしつつ番組も終わりというところでテレ東がやってくれた。 シュトラウスの美しき青きドナウを演奏してる途中でスパッと切ってCMへ。 まぁスポンサー第一だし生放送だから何があるか分からないしで仕方ない面もあるにしても新年早々これは酷いw。

気を取り直してNHKのBS2でこちらも毎年恒例のベルリン・フィルのジルベスターコンサート。こっちが本家本元。

画像

今回はボロディンとムソルグスキーをフィーチャーというマニア?な選曲が良い。 1曲目のたったん人から魅せられたな。やはりラトルにはこういったバーバリズムな曲調が似合う。 各楽想の表情の描き分けが見事だった。

交響曲はやはりアダージョの第3楽章が聴かせる。 クラリネットのフックスとホルンのドールが巧いし表現豊かで惚れ惚れ。

後半はムソルグスキー。 ホヴァンシチナ前奏曲でしっとりした後はラヴェル編曲の展覧会の絵へ。 どうせならストコフスキー編とかやって欲しかったところだなぁ。正直展覧会の絵は聴き飽きた。 とはいえ演奏自体は素晴らしくベルリン・フィルの名人芸を心ゆくまで堪能しまくりでお腹一杯。 なんでこんなに巧いのか!と。 トチッたり危なげなとこが全くなし。まさにCDで聴く演奏を実際のライブでやっているという。ほんと凄いわ。

画像

画像

尚かつ楽しそうに演奏してるのが良いんよね。見てるこちらも楽しくなる。

アンコールはショスタコーヴィチの黄金時代からダンス。こんな激しい音楽でダンスは出来ないw。

画像

今回のオケは近代曲メインなので通常配置。 弦はコンマスはブラウンシュタインで右からスターブラヴァとスターデルマンとティム、チェロはクヴァントにマニンガー。マニンガーさんは終始カメラに狙われてたなw。 ヴィオラにレーザとデニス、後に清水直子さん。シュトレーレさんは相変わらず睨み効かせていた。 バスはシュトールにシャハタ。まだ入り立てのシャハタさんは俺より若いのに首席なんだよなぁ。感慨深い。 木管陣はフルートにパユ。いつも楽しそうに吹いてて見てて気持ちがいい。 オーボエはケリー。2番にドミニクが座ってたけど後半ではウィットマンに変わってたな。 クラはフックス、ファゴットはシュヴァイゲルト。 金管陣にはホルンにドール、マックウィリアムズにイェチェルスキとハウプトマン。 トラはヴァレンツァイ、トロンボーンにゲスリング、ティンパニはウェルツェル。何故かセーガースが銅鑼叩いてたw。

それにしてもカメラワークにはいつもながら不満が残る。 聴かせ処のとこで引いた絵にしてどうする。別にホールが見たい訳じゃないんだからさ。 各奏者が懸命に吹いてる・弾いてる顔を見たいんだよね。 まぁ自分みたいなBPOヲタの方が珍しいだろうから仕方ないにしても・・・。

関連記事 | 記事URL

2007年12月31日(月)

[音楽 » CD] 最近聴いた音楽から

ジャケット

今年最後の夜はグリモーの吐息と一緒にw。

4番は今ひとつピンとこない曲なんだけどこの演奏では響きがとてもフレッシュで心地良い。 そしていつものグリモーらしく息遣いが聞こえる程の感情を込めた表現が魅力的でこれなら聴き通せる。 特に第2楽章の沈潜とした表現には聴き言ってしまいこの暗い楽章をもっと聴き続けていたいと思う程。 バックのマズア&ニューヨーク・フィルも巷で言われてる程悪くないしね。やっぱ先入観持つと駄目だよなぁ。

ソナタはこれも良演。やはり叙情的な楽章、フレーズでの深い表現が素晴らしい。 女性らしくデリカシーがあって優美。これほど聴かせるのなら早くソナタ全集録音して欲しいものだ。

関連記事 | 記事URL

2007年12月30日(日)

[音楽 » CD] 最近聴いた音楽から

ジャケット

久々にCD視聴記。 最近はブラームスの室内楽ばかり聴いてる。昔は見向きもしない分野だったのに段々この渋い世界が分かる歳になったんだろうかなw。 特にピアノ三重奏曲、ピアノ四重奏曲が素晴らしい。他もどんどん聴き込んでいきたいところ。

で、今回はベートーヴェンの第九シンフォニー。 年の暮れだからというわけじゃないんだけどやはりこの特別な曲はこの特別な時期が似合う。 てゆうか今ぐらいしか聴く気が起きないんだよね。

残念ながらオケ配置は両翼ではなく通常。メストはクリーヴランドとのブル5でも通常だったかな。 あんまりそういった時代検証的拘りはないのかも。

でいざ聴いてみると中々にパンチの効いた濃密な良い演奏だった。 録音のせいかかなり低音部がズシズシ響いててバスがうねりとなって耳に襲いかかる様は まるでフルトヴェングラーがステレオで蘇ったかのような雰囲気も。 惜しむらくはティンパニが埋没気味でもう少し明瞭に聴こえたら尚よかった。 テンポは快速でグイグイと進んでいく。 解釈は奇を衒ったとこもなく極オーソドックス。まさに正統派なドイツドイツしたベートーヴェンといった具合。 勿論メストらしく所々シャープな踏み込みをみせ現代的な感覚で細部に光を当ててゆく様は流石。 まさに現代21世紀の第九に相応しい演奏となった。 勇壮な第1楽章、リズミカルな第2楽章、清楚な第3楽章、そして祝祭的な終楽章。 一番の聴き処でもある終楽章コーダは期待通りの超速テンポで駆け抜け終演後は観客から一斉にブラボーの嵐。

クリーヴランドの第九というとセルやドホナーニが名演だけどメストもこれに肩を並べれるぐらいの 貫禄を見せた演奏だったな。

関連記事 | 記事URL

2007年12月26日(水)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - グリーグへのバラード

ピアニストのアンスネスがヨーロッパ中からグリーグの足跡を辿り 「バラード作品24」という曲を解明していくドキュメンタリーをNHK BS2で見た。

と同時にアンスネスが今現在いかに売れっ子で多忙かも分かるという。 分かっただけでもローマでパッパーノ、ロンドンでガーディナーと共演と引く手数多といった感じでまさに旬のピアニストって感じだったな。画面からも生き生きしてる印象で脂が乗ってる感じだ。 アンスネスのCDはモーツァルトとブラームスの協奏曲とシューベルトのソナタを持ってたかな。 今回見て好印象だったんで今度改めて聴き直しておこう。

アンスネスは70年生まれで2007年現在37歳だけど20代のような若々しさ。 惜しげもなく上半身裸を披露したりw断崖絶壁でピアノ弾いたりと中々見てる方でも楽しませてくれた。

画像 画像

ってゆうかあんな崖にどうやってピアノ運んだんだろう。わざわざあの数分の為だけにヘリで空輸とか? 他には練習風景とか曲に対する姿勢やプライベートな表情とか見れたりと色々興味深い映像だったな。 ひととなりも予想以上にひょうきんで面白い人みたいだ。 ルックスも普通に格好良いしこれはもてるだろうな~。

後半はルード指揮ベルゲン・フィルとでグリーグのピアノ協奏曲。 第2楽章のリリシズムと第3楽章の絶妙なリズム感に特に感銘を受けたな。 もう何度も聴いた曲なのになるほどこうゆう仕組みだったかと新鮮に感じる瞬間もあったりとこれは良い演奏だった。

最後に観客の熱狂に応えてアンコールでグリーグの3曲の小品。 その中の「山の夕暮れ8」はなるほどいかにも北欧の厳しい山での凍てつく様な表情といった感じで同じ題名でも日本ならもっと穏やかで温かみのある曲調になるだろうなぁと風土の違いを思わせられた。 「こびとの行進」はこれは流石の弾きっぷりでやんややんやでお開き。

関連記事 | 記事URL

2007年12月18日(火)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - エジソンの玉手箱 レコードで迫る名曲の世界

もう放送から結構経つけど「エジソンの玉手箱 ~レコードで迫る名曲の世界~」ってのを見た。 レコードを通してクラシックとジャズ録音のマジックをサトエリが評論家の菅野沖彦さんとともに紹介する番組。

クラシックジャンルからはレコード史上に名高い ショルティ指揮ウィーン・フィルのワーグナー「ニーベルング指輪」。 当時の録音風景が出てたけど確か昔断片的に見たことあるかな。 ショルティのエネルギッシュな指揮ぶりに圧倒され舞台上でのサラウンド効果を意識した録音作業が面白い。 その中で印象的だったのが「早すぎるよ」「君は罪深い」っていうショルティがプロデューサーのジョン・カルショウに言った台詞。 これは多分カルショウからレコードに収まる演奏時間にするよう要請されたんじゃないかと推察するけど何か商業録音の負の面を見た思いで複雑。

ジャズのジャンルからはアート・ブレイキー。この分野はキース・ジャレットぐらいしか知らないんだよなぁ。 確かにいかにも典型的なジャズっていう音楽。 ここでは主にマイクの位置でどう音が変化するかを解説。 個人的にはオフマイクの方が実際ホールで聞いてる自然な音場という感じで好きだな。 他にもマルチ録音やワンポイント録音とかもあるけどもう少し掘り下げて欲しかったかな。

これ一回切りの単発なんだろうか?面白かったんで是非時間増量でスペシャルとして放送して貰いたい。

関連記事 | 記事URL

2007年12月12日(水)

[音楽 » テレビ] 最近見たクラシックコンサート放送から - ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート 2004

NHK BS-hiでベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート 2004を見た。 確か一昨年に放送あったけどあの時は途中寝してしまったんで今度はちゃんと録画。

毎回会場をヨーロッパ中で変えるベルリン・フィルのヨーロッパコンサートシリーズ。 趣向が贅沢だよなぁ。N響ではこうはいかない。

画像

今回の会場アテネは確か以前小澤&サイトウキネンがチャイコフスキーの交響曲第4番演奏したとこかな。 何年か前にNHKでその模様がドキュメンタリーとして放送されてた。

画像

しかし折角こんな気持ちの良いロケーションなんだからもう少し空気読んだ選曲にして欲しかったな。 ブラームス尽くしは良いとしてピアノ協奏曲第1番の北ドイツ的荒々しさよりイタリア的晴朗さのある第2番の方が相応しいし シェーンベルク編のピアノ四重奏曲第1番なんかやるならセレナード第1番か交響曲なら第2番をやってくれればいいのに。

ソリストにバレンボイムを迎えたピアノ協奏曲第1番はバレンボイムのピアノが少々あやしい。 解釈自体もルパート多用で時代掛かった歌う回しがちょっと嫌かなぁと。 伴奏のラトル&ベルリン・フィルは力感に満ち生き生きとしててとても良かった。

画像

後半のシェーンベルク編のピアノ四重奏曲第1番。 この編曲版は初めて聴いたけどありとあらゆる手練手管で聴かせる面白さはあったけどやっぱりオリジナルの方が味わい深くて良いな。 流石にスネアにシロフォンは騒がしくてブラームスの世界じゃなくなってる感じが。 ただ終楽章のアグレッシブなベルリン・フィルの演奏は見事というしかなくて見入ったな。 ラトルの指揮も共感の籠もったものだった。

今回のベルリン・フィルの主立った面子は コンマスにブラウンシュタイン、スターヴラヴァ。 チェロにファウストにクヴァント、 フルートはパユにオーボエはケリーでクラはステフェンスにファゴットはシュヴァイゲルト。 ホルンはドールとマックウィリアムスにイェチェルスキとハウプトマン。 トランペットにヴァレンツァイ、クラモーとヒルザー。トロンボーンはオット。 ティンパニはセーガース。 我らが日本人勢はヴィオラの清水直子さんと1stヴァイオリンの町田琴和さんが活躍。


それにしてもここ最近のNHKのクラシック関連番組の充実してなさっぷりは嘆かわしい限り。 殆ど過去の再放送ばかりだもんなぁ・・・。昔ベルリン・フィルの定期公演放送してくれてた頃が懐かしい。 そんな中ではやはり今年のベルリン・フィルのジルヴェスター。 ボロディンの交響曲第2番とは嬉しいねぇ。 ムソルグスキーの展覧会の絵はラトルなんだからストコフスキーとか他の編曲版やってくれたら良かったのに。

関連記事 | 記事URL

2007年11月18日(日)

[音楽 » テレビ] 最近見たクラシックコンサート放送から - NHK音楽祭2007から

NHK BS-hiでNHK音楽祭2007からエッシェンバッハ指揮パリ管弦楽団の演奏会を見た。

あちらこちらで聞こえる故意的な強調とかは相変わらず。 さすが当代切っての変態系指揮者だ。

画像

しかしボレロでの一音たりとも一秒たりとも絶対トチる事を許されない小太鼓奏者は地獄だな・・・。

画像

全く趣味の合った演奏じゃなかったけどこうゆう個性的で我の通った指揮者は今の音楽界には必要だよなぁ・・・。

関連記事 | 記事URL

2007年11月07日(水)

[音楽 » テレビ] 最近見たクラシックコンサート放送から - ワルトビューネ・コンサート 2007

NHK BS-hiで毎年恒例の「ワルトビューネ・コンサート 2007」を見た。

画像

今年のテーマはラプソディ。どちらかというとメジャー曲は避けてマイナー曲主体だった感じかな。 まぁラトルの事だから何か考えのあるプログラム編成だったんだろう。

以下気になった今回の上がり団員メモ。 コンマスはブラウンシュタインとゾンネ。 後のプルトにはマヤさんが。相変わらずお美しい。 ヴィオラトップに清水直子さんは嬉しいね。 フルートはブラウ。最近パユを余り放送で見ないなぁ。 オーボエはマイヤー、クラはフックスでファゴットにはシュヴァイゲルト。 金管はホルンはバボラク。ハウプトマンは健在。 トラはタルコヴィにヴァレンツァイ、ヒルザー、クレッツァー。 トロンボーンにはゲースリング。ティンパニはセーガースでハープにラングルメ。

シャブリエのスペイン狂詩曲はオケ団員らの肩肘張らない演奏ぶりが軽妙でのっけから楽しい。 スティーブ・ハフのピアノでラフマニノフのパガニーニ狂詩曲は素晴らしかった。 堅実丁寧なピアノでラフマニノフは苦手だけどこうゆう演奏なら良いね。 アンコールのモンプーは聞いた事ない作曲家ながら中々小洒落た小品。 ドヴォルザークのルーマニア狂詩曲はラトルらしい生き生きとした演奏でこれも良かったな。 ティンパニのセーガースが大活躍。相変わらず澄ました顔して超絶巧い。 エネスコのルーマニア狂詩曲は段々とテンション高まる盛り上がり曲。ガランタ舞曲みたいな曲調で格好良かった。

締めくくりはいつも通りベルリンの風。 ラトルが例の如くサプライズやってくれたけど打楽器出身なんだからピッコロじゃなく打楽器叩いてくれたら面白かったのに。 ハーゼルの指揮ぶりはノリノリで楽しかったけど。

画像

毎度のことながらこうゆうイベントが出来る環境が羨ましい。

関連記事 | 記事URL

2 / 7: PREV 1 2 3 4 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter