Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2 / 3: PREV 1 2 3

2007年12月12日(水)

[音楽 » テレビ] 最近見たクラシックコンサート放送から - ベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート 2004

NHK BS-hiでベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート 2004を見た。 確か一昨年に放送あったけどあの時は途中寝してしまったんで今度はちゃんと録画。

毎回会場をヨーロッパ中で変えるベルリン・フィルのヨーロッパコンサートシリーズ。 趣向が贅沢だよなぁ。N響ではこうはいかない。

画像

今回の会場アテネは確か以前小澤&サイトウキネンがチャイコフスキーの交響曲第4番演奏したとこかな。 何年か前にNHKでその模様がドキュメンタリーとして放送されてた。

画像

しかし折角こんな気持ちの良いロケーションなんだからもう少し空気読んだ選曲にして欲しかったな。 ブラームス尽くしは良いとしてピアノ協奏曲第1番の北ドイツ的荒々しさよりイタリア的晴朗さのある第2番の方が相応しいし シェーンベルク編のピアノ四重奏曲第1番なんかやるならセレナード第1番か交響曲なら第2番をやってくれればいいのに。

ソリストにバレンボイムを迎えたピアノ協奏曲第1番はバレンボイムのピアノが少々あやしい。 解釈自体もルパート多用で時代掛かった歌う回しがちょっと嫌かなぁと。 伴奏のラトル&ベルリン・フィルは力感に満ち生き生きとしててとても良かった。

画像

後半のシェーンベルク編のピアノ四重奏曲第1番。 この編曲版は初めて聴いたけどありとあらゆる手練手管で聴かせる面白さはあったけどやっぱりオリジナルの方が味わい深くて良いな。 流石にスネアにシロフォンは騒がしくてブラームスの世界じゃなくなってる感じが。 ただ終楽章のアグレッシブなベルリン・フィルの演奏は見事というしかなくて見入ったな。 ラトルの指揮も共感の籠もったものだった。

今回のベルリン・フィルの主立った面子は コンマスにブラウンシュタイン、スターヴラヴァ。 チェロにファウストにクヴァント、 フルートはパユにオーボエはケリーでクラはステフェンスにファゴットはシュヴァイゲルト。 ホルンはドールとマックウィリアムスにイェチェルスキとハウプトマン。 トランペットにヴァレンツァイ、クラモーとヒルザー。トロンボーンはオット。 ティンパニはセーガース。 我らが日本人勢はヴィオラの清水直子さんと1stヴァイオリンの町田琴和さんが活躍。


それにしてもここ最近のNHKのクラシック関連番組の充実してなさっぷりは嘆かわしい限り。 殆ど過去の再放送ばかりだもんなぁ・・・。昔ベルリン・フィルの定期公演放送してくれてた頃が懐かしい。 そんな中ではやはり今年のベルリン・フィルのジルヴェスター。 ボロディンの交響曲第2番とは嬉しいねぇ。 ムソルグスキーの展覧会の絵はラトルなんだからストコフスキーとか他の編曲版やってくれたら良かったのに。

関連記事 | 記事URL

2007年11月18日(日)

[音楽 » テレビ] 最近見たクラシックコンサート放送から - NHK音楽祭2007から

NHK BS-hiでNHK音楽祭2007からエッシェンバッハ指揮パリ管弦楽団の演奏会を見た。

あちらこちらで聞こえる故意的な強調とかは相変わらず。 さすが当代切っての変態系指揮者だ。

画像

しかしボレロでの一音たりとも一秒たりとも絶対トチる事を許されない小太鼓奏者は地獄だな・・・。

画像

全く趣味の合った演奏じゃなかったけどこうゆう個性的で我の通った指揮者は今の音楽界には必要だよなぁ・・・。

関連記事 | 記事URL

2007年11月07日(水)

[音楽 » テレビ] 最近見たクラシックコンサート放送から - ワルトビューネ・コンサート 2007

NHK BS-hiで毎年恒例の「ワルトビューネ・コンサート 2007」を見た。

画像

今年のテーマはラプソディ。どちらかというとメジャー曲は避けてマイナー曲主体だった感じかな。 まぁラトルの事だから何か考えのあるプログラム編成だったんだろう。

以下気になった今回の上がり団員メモ。 コンマスはブラウンシュタインとゾンネ。 後のプルトにはマヤさんが。相変わらずお美しい。 ヴィオラトップに清水直子さんは嬉しいね。 フルートはブラウ。最近パユを余り放送で見ないなぁ。 オーボエはマイヤー、クラはフックスでファゴットにはシュヴァイゲルト。 金管はホルンはバボラク。ハウプトマンは健在。 トラはタルコヴィにヴァレンツァイ、ヒルザー、クレッツァー。 トロンボーンにはゲースリング。ティンパニはセーガースでハープにラングルメ。

シャブリエのスペイン狂詩曲はオケ団員らの肩肘張らない演奏ぶりが軽妙でのっけから楽しい。 スティーブ・ハフのピアノでラフマニノフのパガニーニ狂詩曲は素晴らしかった。 堅実丁寧なピアノでラフマニノフは苦手だけどこうゆう演奏なら良いね。 アンコールのモンプーは聞いた事ない作曲家ながら中々小洒落た小品。 ドヴォルザークのルーマニア狂詩曲はラトルらしい生き生きとした演奏でこれも良かったな。 ティンパニのセーガースが大活躍。相変わらず澄ました顔して超絶巧い。 エネスコのルーマニア狂詩曲は段々とテンション高まる盛り上がり曲。ガランタ舞曲みたいな曲調で格好良かった。

締めくくりはいつも通りベルリンの風。 ラトルが例の如くサプライズやってくれたけど打楽器出身なんだからピッコロじゃなく打楽器叩いてくれたら面白かったのに。 ハーゼルの指揮ぶりはノリノリで楽しかったけど。

画像

毎度のことながらこうゆうイベントが出来る環境が羨ましい。

関連記事 | 記事URL

2007年08月19日(日)

[音楽 » テレビ] 最近見たクラシックコンサート放送から

PMFオーケストラ 2007 コンサート

毎年恒例のパシフィック・ミュージック・フェスティバルの公演の放送をNHK BS-hiで見た。 今年はゲスト指揮者にリッカルド・ムーティ迎えてとは中々豪勢。 スカラも辞めてるし今は暇だからかな。 次はベタにメータかバレンボイムあたりが来そうだけどどうだろ。

前菜はヴェルディの「運命の力」。この辺は流石お手の物。 2曲目のモーツァルトのオーボエ協奏曲はもしかしてのだめを意識しての選曲かw んなわけないだろうけどソロのガブリエルのオーボエは今ひとつ趣味ではなかった。 メインプロのシューベルトのグレイトはムーティらしい力強く堅牢な造形が印象的。 横の流れではなく縦でカチッカチッ合わせてる感じで演奏する方としてはああゆうのはやりやすいんだろうか。 アンコールはヨーゼフ・シュトラウスの「天体の音楽」これが一番良かったって言うのはなしかなw

画像

画像

画像

どこのイタリアマフィアだよww。 メガネ効果もあって年々貫禄が付いてきてるよなぁ。

学生+プロ数名の混成オケだけど流石世界から集まってきただけあって アンサンブルもしっかりしてるし技術的には何ら問題なく安心して聴けるレベルってのが凄い。

PMFのアーティスト紹介のインターナショナル欄見ると やたらフィラデルフィア管からの参加が多いけどもしかしてかつてのボスのムーティを募ってとか? グレイトでのフルートトップは多分フィラデルフィアの人だと思う。

ドイツ・カンマー・フィルハーモニー管弦楽団 演奏会 2006

続けて去年に行われたパーヴォ・ヤルヴィ指揮カンマー・フィルの演奏をBS-hiで見たよ。

曲目は去年行われたベートーヴェン交響曲チクルスから1、2、3番。 話題となった全曲チクルスだけどなるほど確かにこれは素晴らしい。 生命力に満ち溢れ緩急自在でまさにその場で音楽が生まれてるかのような愉悦感。 パーヴォの足音踏みならしながら跳ねるような指揮ぶりにかじりついていくオケが印象的で 今最も幸福な関係にあるんだなと伺わさせられたのも良かった。

画像

1、2番も勿論素晴らしかったが 特に3番のエロイカが良かった。パーヴォのフレッシュな息吹で自分にとって冗長なこの曲が初めて退屈せず聴き通せたな。

アンコールはシベリウスの「悲しきワルツ」。 ベートーヴェン尽くしのプロに場違いな感じだけどクールダウンっていう意味合いかな。 一糸乱れぬ弦セクションが素晴らしい。 パーヴォとカンマー・フィルでシベリウスの交響曲聴きたくなったな~。

画像

関連記事 | 記事URL

2007年08月02日(木)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから

NHKのBS2で放映されたリヒテルの演奏家としての生涯を年代順に追っていった 1997年フランス制作のドキュメンタリーを見た。

画像

これは素晴らしかった。 リヒテルのプライベート姿や偉大な作曲家達や演奏家達の映像が続出でそれだけでも鼻血ものだが リヒテルのインタビューがこれまた痛快で面白くあっという間の2時間半。

興味深かったところは挙げると切りがないけど その中でもカラヤンとの共演話が抱腹絶倒ものだったな。

画像

掻い摘んで少し紹介。

リヒテル曰くカラヤンと録音したチャイコフスキーのピアノ協奏曲第2楽章では キューを出してほしいところで出してくれずとんでもない間違いが出来た。 自分の美学の為にやりたくない事をやりたくなかったと。

ロストロポーヴィチとオイストラフとで録音したベートーヴェンの3重協奏曲は酷いもので表面的な演奏で不満だった。 オイストラフは出来にがっかりしロストロは逆に目立つ事しか考えずこの曲の解釈を間違えているカラヤンの言いなりだった。 特に第2楽章は遅すぎた。

そしてカラヤン曰く「もう十分だ切り上げよう、写真撮影という大事な仕事が待っている。」 出来上がった写真は悪趣味でカラヤンは格好付け残り3人は間抜けな作り笑い。

画像

リヒテル曰く「私はドイツ人だ」カラヤン曰く「なら私は中国人だ」と。

まさに死人に口なしという事もありバッサリ。 カラヤンは大好きだがぶっちゃけ過ぎて可笑しかったなぁ。

他の逸話としては、

第1部では、 ネイガウスとの師弟関係やウィーンでの初リサイタル評の伝説は終わった、プロコフェエフは危険な男と言い、 ケンカで指を折り一回だけ指揮し満足な出来だったが指揮には分析と権力という嫌いな要素がある為二度と振らなかったり、 バッハは精神衛生に良いと言い、スターリンの葬儀での突然のショパンの葬送行進曲に呆れたり・・・。

第2部では、 ミュンシュやオーマンディとの楽しい一時やグールドのリヒテル評、思わぬ成功のソ連大使館でのピアノリサイタル、 照明は暗くし聴衆は顔を手を見る必要はない、ちゃんとしたピアノを選べたか逆に気になるから決して選ばず、 スペインの曲は道化師の朝の歌で十分、オイストラフの腹と脚を見ろ、 ガブリーロフは謙虚になれ、いつも新鮮なハイドンを敬愛しモーツァルトの曲は何故かすぐ忘れ弾きこなす鍵はいまだ見つからず・・・。

偉人映像としてはブリテンとの共演やショスタコーヴィチ、プロコフェエフ、グートマン、カガン、ディースカウのリハ風景などが 神映像過ぎて大興奮。 こうしてみると旧ソ連はほんとカリスマ的演奏家の宝庫だったんだよなぁ。

久々に心底見て良かったNHKよありがとうと思えたドキュメンタリー番組だった。

今後のNHKでは9月のドゥダメルのベネズエラやシャイーのシューマン、パーヴォのベートーヴェン、ザルツブルク音楽祭のオペラなどが楽しみかな。

関連記事 | 記事URL

2007年06月11日(月)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから

BS-hiでフランツ・ウェルザー=メスト指揮クリーヴランド管弦楽団による2006年のコンサート映像を見た。

曲目はブルックナーの9つの交響曲でも個人的に一番好きな5番ってのが嬉しい。 おまけにブルックナーゆかりのザンクト・フローリアンでの演奏ってのが雰囲気を盛り上げる。

画像

やっぱクリーヴランド管はめちゃ巧かったな~。 このオケ独自の均質なバランス感覚とノーブルなサウンドが実に良い。 そういやトランペットはロータリーだった。アメオケはピストンという先入観があったからちょっと意外。 それと殆ど映らなかったけど2006年にチューバ奏者として入団した杉山康人氏を確認。 いやはやこんなスーパーオケで吹いてるんだから凄い。同じ日本人として誇らしい。

画像

メストのブルックナーといえば爆演のロンドン・フィルとのライブ録音のEMI盤が記憶に新しいところ。 あれも凄かったけど今回のはあれから年月も経ちオケも技量が上がった事もあって一層解釈に磨きが掛かった印象。 ちょっと最後の方はメスト自身がバテ気味だった気がするけどw。

画像

終演後はフライング気味にドッと歓声ではなく静かな沸き上がり。流石どこかの国とは違う。

画像

関連記事 | 記事URL

2007年01月06日(土)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから

BS2でサロネン指揮ロサンジェルス・フィルの定期公演を見る。 このコンビももう14年。入れ替わりの激しい昨今のオケ界の中以外と長期政権に。

画像

サロネンももう50近いんだよな。 アップだと流石に老いは感じるけどまだまだヴィジュアル的に若い若い。 これで颯爽と指揮するんだから反則だよなぁ。

曲目はハイドンのクマ交響曲、ムソルグスキーの展覧会の絵、サロネンらしい鮮やかで見通しの良い演奏だった。 展覧会の絵でキエフの大門以降は結構振りも大きくなって熱くなってたのが印象的。 終演後は客席からイエーイと大歓声。こうゆうノリのいい盛り上がりは西海岸のアメリカらしいなぁ。

あと最近完成したばかりで音響が良いと言われるウォルトディズニーホールも初見。 ワインヤード型で音と共に雰囲気も良さそうなホールだった。

関連記事 | 記事URL

2007年01月02日(火)

[音楽 » テレビ] 年始

なんでBSが地上波よりも2時間遅く開始なのか釈然としないが。

画像

あっさり気味というか良くも悪くも代わり映えのしない保守的ニューイヤーだった。 ま、去年のヤンソンスが飛ばしすぎってのもあるけど。 曲目的にはヘルメスベルガーの「妖精の踊り」とパフォーマンスのあった父シュトラウスの「エルンストの思い出」が楽しく聴けたな。

恒例の指揮者スピーチは今年はルーマニアとブルガリアがEUに加盟してめでたいよねってな内容。 ここ最近は津波やら戦争やらで暗い話ばかりだったんでこれは良かった。

そして美しき青きドナウ&ラデツキー行進曲で終了。 終わったら終わったであっさり団員は引き上げ観客から若干ガッカリした感じの溜息。 なんつーか今年は今ひとつ盛り上がりに欠ける感じだったなぁ。客も消化不良気味だったんじゃないか。 やっぱ前年との曲のダブリとか気にせずある程度有名曲をもっと入れるべきだったと思う。 J.シュトラウス以外にスッペやランナー、モーツァルトとか入れるとか。もう少し工夫してくれないと途中で飽きるよね。

画像

しかしメータってすっかりデブっちょになってイメージ的に中東の大富豪だなぁ。あんまり音楽家ぽくないというか。 ま、同じアジア人という事で更なる活躍を期待しよう。日本語は結構上手かったな。

Vienna Philharmonic | The Orchestra, Concerts, Audio CDs, New Year's Concert, ...

The Vienna Philharmonic New Year's Concert 2008 will be conducted by George Pretre

来年はジョルジュ・プレートルらしい。初登場指揮者は嬉しいよね。 個人的にはティーレマンやウェルザーメストとかを期待してるんだが若造はやっぱ無理なんかな。


あ~何もアニメやってねぇ~。

関連記事 | 記事URL

2007年01月01日(月)

[音楽 » テレビ] 年末

相変わらず下らないなぁと思いつつ今年も見た。 尾高さんだとどうも生真面目過ぎて盛り上がりに欠ける感じ。やっぱミッチーとかじゃないとね。 とはいえきっかり0時に曲の終わりを合わせるってのはリハの賜なんだろうけどやっぱ凄いな。毎年ずれないかと期待してるんだけどw。 あと今年はまりりんの嘘泣きがなくて残念w

んでこっちが本家ジルベスター。

画像

今回も指揮はラトル。正直プログラム的には惹かれないなぁ。 また数年前みたいにバーンスタインプログラムでフィルハーモニーをダンス会場にして欲しいんだがベルリンの老夫婦達にはやっぱ受けないんだろうな。

画像

内田光子の顔芸最高! ラトル要らないじゃん!ってぐらいオーケストラに顔で睨みを効かせる姿は何か圧倒されるものがあったなぁ。つーかちょっと引いちゃうよね。 演奏自体は個人的に好みではないけど一流の素晴らしい仕事だった。終演後の大喝采も納得。 ラトルの伴奏は刺激に満ちててとても面白かったな。 今年は内田光子効果で日本人の観客が多くて半分ぐらい要るんじゃないかってぐらい。あぁウザイ。 後半のR.シュトラウスのオペラは寝ちゃったよ。幾ら字幕があるとはいえ言葉が分からないから退屈してしまうんよね。 ベルリンフィルの今回の首席クラスで映像で確認できたのはコンマスにスターブラヴァ、サイドにブラウンシュタイン、チェロにファウストとマニンガー、2ndヴァイオリンにティム、ヴィオラにレーザ、 フルートはブラウ、オーボエはマイヤーとハルトマンとドミニク、クラリネットにステフェンス、ファゴットにシュヴァイゲルト、ホルンはバボラク・サラ女史・ヴァレンドルフ、ハウプトマンの順、 トランペットはタコヴァイにヒルザーとクレツァー、トロンボーンはゲースリング、ティンパニはセーガース。大体こういった面々。またマヤさんが1stに居なくて残念。日本人演奏家では清水さんと町田さんが居たね。安永さんは降り番。 オケ配置は1stVn、Vo、Vc、2ndVn、Cbの変則的両翼配置。

ま、そんなところであとはメータのニューイヤー。

関連記事 | 記事URL

1970年01月01日(木)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから

BS-hiで小澤征爾指揮サイトウ・キネン・オーケストラの2006年9月での演奏会を見た。

画像

ある意味メインの内田光子を迎えてのベートーヴェンの皇帝。 あれっどうしたの?ていうぐらい不調だったような。 内田にしてはやたらミスタッチも多く小澤率いるサイトウキネンも不安定で両者ともノリ切れてない何とも中途半端。 カメラの関係もあるけどいつもの顔芸も抑えめだったかなぁ。 まぁその分ボディーアクションはド派手だったけど。う~ん手放しでブラボーとはいかないかなぁ。

後半のショスタコーヴィチも同様な感じでしっくりこない。 そもそも小澤でショスタコってイメージつかないな。5番よりは1番や6番、9番とかなら合いそうなんだけど。 どうにも演目の弾切れ補充の為やむなくやってる感じが。 とはいえ終楽章は解釈的に結構面白く聴けれたな。

終演後は団員1人1人に自ら出向いていって握手。マメだなぁ。こうゆうところが良いんだよね。 面子的にはライスターやセーガース、シュトレッカーといったお馴染みの等々が。

そして翌日はNHK-hiでティーレマン指揮ウィーン・フィルの2003年での演奏会。

画像

うん。こちらは文句なしに素晴らしい。 特にワーグナーのトリスタンでの美しく官能的な演奏は絶品。 後半メインのブルックナーの7番は大の苦手曲だけどティーレマンの明快な指揮ぶりもあってダレずに楽しめた。 しかしやはりティーレマンは良いな。かつてDGのごり押し売り出しがあったけどちゃんと実力も備わってる。

終演後の腰の低いながらも体育会系なノリも好感。 やはり次代を担う若き巨匠だ。

関連記事 | 記事URL

2 / 3: PREV 1 2 3

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter