Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年01月01日(火)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - ジルベスターコンサート

今年もいつも通りテレ東の東急ジルベスターコンサートで年越し。 下らないショーだとは思うんだが何年も何となく惰性で見続けているんだよね。

今年のカウントダウン曲はレスピーギのローマの松。 これはお見事。まさに0時ピッタリに曲がジャン!と終わってプロの意地を見た思いだったな~。 演奏の方も中々に勢いがあって良かった。

ゲストの草刈さんや千住さんはとにかくスレンダーだな~という印象。 途中唐突に女性陣がドレスの話始めてなんだと思ったらタイアップ宣伝だったw。

そんなこんなでまた~りしつつ番組も終わりというところでテレ東がやってくれた。 シュトラウスの美しき青きドナウを演奏してる途中でスパッと切ってCMへ。 まぁスポンサー第一だし生放送だから何があるか分からないしで仕方ない面もあるにしても新年早々これは酷いw。

気を取り直してNHKのBS2でこちらも毎年恒例のベルリン・フィルのジルベスターコンサート。こっちが本家本元。

画像

今回はボロディンとムソルグスキーをフィーチャーというマニア?な選曲が良い。 1曲目のたったん人から魅せられたな。やはりラトルにはこういったバーバリズムな曲調が似合う。 各楽想の表情の描き分けが見事だった。

交響曲はやはりアダージョの第3楽章が聴かせる。 クラリネットのフックスとホルンのドールが巧いし表現豊かで惚れ惚れ。

後半はムソルグスキー。 ホヴァンシチナ前奏曲でしっとりした後はラヴェル編曲の展覧会の絵へ。 どうせならストコフスキー編とかやって欲しかったところだなぁ。正直展覧会の絵は聴き飽きた。 とはいえ演奏自体は素晴らしくベルリン・フィルの名人芸を心ゆくまで堪能しまくりでお腹一杯。 なんでこんなに巧いのか!と。 トチッたり危なげなとこが全くなし。まさにCDで聴く演奏を実際のライブでやっているという。ほんと凄いわ。

画像

画像

尚かつ楽しそうに演奏してるのが良いんよね。見てるこちらも楽しくなる。

アンコールはショスタコーヴィチの黄金時代からダンス。こんな激しい音楽でダンスは出来ないw。

画像

今回のオケは近代曲メインなので通常配置。 弦はコンマスはブラウンシュタインで右からスターブラヴァとスターデルマンとティム、チェロはクヴァントにマニンガー。マニンガーさんは終始カメラに狙われてたなw。 ヴィオラにレーザとデニス、後に清水直子さん。シュトレーレさんは相変わらず睨み効かせていた。 バスはシュトールにシャハタ。まだ入り立てのシャハタさんは俺より若いのに首席なんだよなぁ。感慨深い。 木管陣はフルートにパユ。いつも楽しそうに吹いてて見てて気持ちがいい。 オーボエはケリー。2番にドミニクが座ってたけど後半ではウィットマンに変わってたな。 クラはフックス、ファゴットはシュヴァイゲルト。 金管陣にはホルンにドール、マックウィリアムズにイェチェルスキとハウプトマン。 トラはヴァレンツァイ、トロンボーンにゲスリング、ティンパニはウェルツェル。何故かセーガースが銅鑼叩いてたw。

それにしてもカメラワークにはいつもながら不満が残る。 聴かせ処のとこで引いた絵にしてどうする。別にホールが見たい訳じゃないんだからさ。 各奏者が懸命に吹いてる・弾いてる顔を見たいんだよね。 まぁ自分みたいなBPOヲタの方が珍しいだろうから仕方ないにしても・・・。

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter