Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2008年11月12日(水)

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから - ベルリン・フィルのワルトビューネ・コンサート ~2008~

画像

今回は今話題のベネズエラ生まれの指揮者ドゥダメルが登場。 自分より年下なんだよなぁ・・・。それを意識する歳になるとは自分が嫌になるw。

選曲からしてマイナー過ぎてて興味沸かないなぁと思いつつも見たら意外にも近年のワルトビューネでも出色の面白さだった。 クラシックというジャンルではないどっちかというとポップス、ライトミュージックのノリで 堅苦しく曲や演奏を考えたりする事も無く気軽に楽しく見られたのが良かった。 曲自体分かりやすい揃いでインディオ交響曲のノスタルジーやセンセマヤのジャズっぽさ、メロディアスなエスタンシア、アダルトなダンソン などなどもっと聞いていたいと思わせられるナンバーづくしだった。

しかしこういった異種な曲目を天下のベルリン・フィルで聞けるんだから贅沢なもんだ。 しかも殆ど初演に近い曲ばかりなわけだしそれを完璧に演奏しておまけに楽しむ余裕まであるんだからほんとベルリン・フィルは凄い。 アバド時代以降フットワークが軽くなったからこそだろうな。ウィーン・フィルじゃ絶対拒絶しそうだしシカゴでは重そうだ。

オケメンツでは打楽器セクションの面々が終始ノリノリで見てるこっちも楽しくなる。 降り番かと思われたセーガースもスネアで楽しんでたなぁ。クラのトップの人はステフェンスの後任というより容姿的にトラか。 パユは貫禄付いたというか老けたな。

画像 画像

ドゥダメルはDGの若手アーティスト売り出し作戦が鼻についてて好かなかったんだが 棒をエネルギッシュに振ってる姿を見てたらなんというナイスガイで好感持てる男。 余程しくじらなければこのままスター街道まっしぐらだろうから将来どう化けるか楽しみな逸材だな。 既に決まってるロス・フィルのポストってのはドゥダメルには打って付けだな。

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter