Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2 / 12: PREV 1 2 3 4 »

2009年04月14日(火)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl

「Garbage」にある廃駅に行ったらいきなりBanditsらと激戦。 といっても味方が数名既に戦ってくれてるので後方でチクチクするのみw。

画像

STALKERは至る所妄想掻き立てられる廃墟ばかりでほんと廃墟ヲタには堪らんゲームだ。

画像

さてじゃあ「Agroprom」方面へ向かいますかと思ったら外がとんでもなく地獄だった。 10人近く居たような。更にはデカイノシシまで襲いかかってくるし数度やり直す羽目に。 近接でのショットガン食らうと回復が間に合わないんだよね。あれは怖い。

工場でのミリタリーとの戦いも数が多くて地獄を見る。 「Mole」に会うまでは何とかいけたがアイテム回収で一旦戻ってみるといつの間にやらワラワラとミリタリーが沸いていたという。あああの邪魔くさいヘリ打ち落としてやりたい。

因みにアイテム管理は重要。Marked Oneは50kgまでしか持てないのだ。 当面使わないアイテムは置いてある箱とかに締まっておく。 Oblivionみたいに誰かに奪われたりされないのが幸いだな。 Modで200キロぐらい増やせれるマー君ダンプカー計画なるものがあるみたいだが それじゃあ人間離れ過ぎててリアリティに欠け面白くない。

画像

やっと「Mole」に会うと穴へ入らないかってのたまう。いかにも何か出そうですんごい嫌なんですけどw。

画像

画像

案の定Banditsが数名巣くってた。階段手前でリーン使いつつチクチク突いたりドラム缶に誘爆させたりしてうまうま。 それにしても地下は暗くて怖い。いやそれが当たり前なんだがSTALKERの場合は雰囲気が異質で独特なんだよね。 しかもライトの範囲が狭いのが恐怖感を倍増させてるという。

画像

ゆらゆらと前方が細く照らされノイズに怯えつつ奥へ進むと明らかに何かありそうな横穴を見つける。 入るとやっぱりクエスト絡みな隠し部屋だった。辺りをグルグルしてたら目的のブツ発見。 部屋には「Fast Shooting Akm 74/2」というAK-74の改造銃ゲット。 おおっ確かにこれは弾速が倍ぐらい速くて倒しやすくなった。Viper5より良いかも。 やっとこれで少しは戦闘が楽になるか?

画像

何故か異形のモンスターが前触れなく突然に・・・。 只でさえビクビクしながらだったのに現れた時はマジで心臓止まるかと思ったよ・・・。 しかしなんだこのモンスターは・・・。透明になったりして意味分からん恐ろしさだった。

画像

その後角から現れたミリタリーにも腰抜かすほどびびったというw。 いやはやStalkerでの地下マップはマジにやばいですわ・・・。

画像

本当の恐怖は最後に控えていた・・・。もう無我夢中。

画像

地下から命からがら抜け出してきたらミリタリーのまっただ中に出てしまったでござるよ。 おいおい聞いてないよで案の定フルボッコで死ぬ。 気を取り直し付近にある小屋に飛び込みながらやってくる兵士をチマチマやっつける。 結局15人ぐらい居ただろうか。 戦利品はあんまりめぼしいものはなく。 施設内ででかい建物の三階にお目当ての機密資料があった。

建物に描かれたアート。こうゆう拘りが素敵。 屋上へ上がって辺りを見回すと激しく郷愁感と孤独感に襲われスピーカーから流れる音楽に雰囲気を盛り立てられる 陰気で過酷な世界なのになんでこんなに心地良いんだろうか。ちょっと行ってみたい・・・いやいいか・・・。

画像

画像

まぁそんなこんなで一旦「Cordon」へ戻る。 途中Banditsに襲われたが武器が良くなった事とゲームに慣れた事もあって労せず倒せれるようになった。 こうしてはっきり上達が目に見えると楽しいね。

ある味方のLonerを助けたらあの「Wolf」だった。まさか「Garbage」で再会するとは。A-Lifeの動作を実感する瞬間だ。

画像

それにしても移動と重量制限の煩わしさは何とかならんのかね。 あんだけの広い空間に動かせる乗り物が皆無というのはちょっと不自然だよなぁ。 まぁあったらあったでA-Lifeとの兼ね合いが難しくなるんだろうけど。 重量50kgは厳しすぎて逆につまんなくさせてるような。せめて60kgだろうなぁ。 多分メーカーが期待するプレイスタイルは必要最低限の物以外は現地調達でサバイバルしろなんだろうけど・・・。

関連記事 | 記事URL

2009年04月13日(月)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl

北の「Garbage」へ向かったよ。 途中仲間がBanditsに教わてたのでショットガンお見舞いしてやる。 意外にもこいつらは「Viper5」というサブマシンガンでは上物を持っててラッキー。 同じサブマシンガンでも「AKm-74」より断然集弾率が優れてて当たりやすい。 ただViper5は9X19㎜弾使用でまだ30発程度しか携行してないのが心許ないところ。

画像

ぞろぞろと皆さんお揃いw。 会話の内容が重要NPCキャラ以外は殆ど同じで面白味に欠けるのが残念。 同じ事しか言わないんだもんなぁ~。つまんない。 金銭で売買も出来るが食料と医薬品のみ。武器は対象外とこれまた残念な仕様。

画像

「Garbage」に付き「Bes」らと合流。支援してくれというので後々やってくるBandits退治に加勢。 10人ぐらい襲撃してきただろうか。弾が当たらないからヘルス減りまくる。 近接ではショットガンが有効で一撃で仕留められる。 逆にこっちも敵のショットガン持ちに一撃が倒される事もあるので常に慎重さが要求される。ランボーはここでは通用しない。 戦果はめぼしいものはないものの同じ武器でもコンディションが良い方をゲットできた。

武器は現実同様使えば使うほど痛み性能が落ちてくる。 Oblivionみたいに修理出来れば効率良いんだけど敵から武器を奪いつつすげ替えながらな戦いもいかにもサバイバルって感じで悪くはない。

画像

一旦「Cordon」に戻りトレーダーやWolfが依頼してくるサブクエを何件かこなす。 といっても巨大イノシシ狩りとかなんでサブマシンガンがある今となっては楽勝。

画像

野犬に襲われて四苦八苦。弱いけど纏まった数で襲いかかられたら裁くのが大変だ。 あと心情的に犬サイズだと殺しにくいってのもある。やられた時の鳴き声がこれまた心に痛いんだよなぁ・・・。

画像

装備が整ったので頭の上のたんこぶでもある高架線のミリタリーを強襲。 といっても犬に追いかけられた時騒いで見つかってしまってのなし崩し的強襲だったんだがw。 若干手こずるものの数分で全員片付けられた。うるさいのが消えてすっきりw。

画像

夕闇がこれまた美しくて郷愁そそるんだよなぁ。

画像

画像

関連記事 | 記事URL

2009年04月12日(日)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl

尼さんから届きましたよ。土日寝る間も惜しみ早速レッツプレイ中。

まず映像と空気感に圧倒された。 例のチェルノブイリを舞台にしたゲームなんだがその地域特有の死んだ環境がダイレクトに伝わってくる凄さ。 どこまでも広がる荒涼として湿った薄暗い雰囲気が素晴らしい。 色々なゲームやってきたけど世界観のリアリティを醸し出す事にここまで成功してるのは中々ない。 オブジェの作り込みにも尋常とは思えないほど細かくリアルだし草木の造形も3D臭は感じさせずごく自然。 人や動物などの生物もリアルでまるでそこで生活してるかのようだ。流石「A-Life」と銘打っただけはある。 ひとたびこの世界観が気に入ればとてつもなく心地良いんじゃないか・・・。 Oblivionで没入感云々書いたがそれを上回るトリップ感。いやぁゲーム内に浸れるゲームは良いねほんと。

で、肝心のゲームプレイだが・・・。むづい・・・。

初めは弾が当たらずすぐ死ぬわどこ行けばいいのやらで投げだしそうになるが 辛抱強く進めていけば生き延びる為のコツが段々と分かってきて今やどっぷり虜。 といってもゲームとしては難易度が高いので下記攻略サイトさんにお世話になってるんだけどねw。 まぁ昔みたいにじっくりこつこつとは大人になるにつれ中々出来んのよね。

スタート地点のルーキーキャンプ「Cordon」にて焚き火で囲むストーカー達。 飲んだりギター弾いたりアニメーションは人間臭く生活感溢れてる描写が堪らない。

画像

CoDみたいに一本道じゃなく太い幹から何本も枝が伸びてるのでどこへ行くにもある程度は自由。 いわばFPSにRPG要素をプラスした感じでOblivionのSF版といったところだろうかな。

いきなり広大な世界に投げ出された自分の分身でもある「Marked One」。 「Cordon」から北へ延びるこの道、さあどこから手を付けようか。

画像

取り敢えず「Wolf」って奴から請け負った仕事をこなすため付近の「Car Park」ってとこへ行きBanditsという山賊退治へ。 貰ったピストルの「PMm」はろくに敵に当たらなく歯痒い。 物陰に隠れリーンを駆使しつつ何とか3,4人は倒せた。 戦果はショットガン「sawed off barrell shotgun」とサイレンサー付き「PMm」とか。

画像

画像

この時点で「Far Cry」Challenging並の難易度なんじゃないかと若干後悔したりしてなかったりw。

関連記事 | 記事URL

2009年04月11日(土)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - The Elder Scrolls IV: Oblivion

「Dzonot Cave」うめぇ。 リスボーン時期なんでもしやと思い覗いたらBanditsのみなさんが居るわ居るわで復活。 こちらは今Level8なんであの当時戦った時とは段違いに相手は強い。 マジに半端なく強くてもう死に物狂いだったが戦果がおいしい装備だらけで苦労した甲斐があったというもの。

待望の「Chainmail」防具やエンチャント武器も色々と手に入ったしで良いこと尽くめだったなぁ。 「Dwarven Bow」は嬉しい。

デフォルトのポーズが不格好なんでIdles Poses Replaceというポーズ変更Modを入れてみた。 ・・・う~んやはり微妙か・・・。

画像

さて愛馬を駆っていざ「Chorrol」へ。 ここは「Imperial City」より大分こじんまりしてて城はあるものの田舎の山村といった具合。

画像

中々の美しい町並みにうっとり。

画像

「Fighter Guild」があったんで早速参加。ついでに「Mage Guild」へも参加と欲張るw。 これで二つの組織の品を拝借出来るんで当面アイテムや金には困らないというものだ。 「Mage Guild」は色々面倒くさそうなんで「Fighter Guild」メインで今後はクエスト進める事になりそうだな。

それにしても戦闘で敵が地形に引っ掛かってその場で駆け足ってのは何とかならんのかなぁ。 相手が弓矢持ってないとこちらの一方的攻撃になってしまい興醒め。この辺はModで修正出来るんんだろうかと調査中。

関連記事 | 記事URL

2009年04月10日(金)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - The Elder Scrolls IV: Oblivion

気分転換がてら「Jauffre」へ「Amulet」を届けにメインクエストを進める。一国の命運を握ってるというのに暢気なもんだw。 途中「Fort Ash」という廃墟があったんで探索するもたいした戦果はなく。 内部は結構広く色々と罠も仕掛けてあったな。巣くうゴブリンはやたらすばしっこく好戦的で手強かったなぁ。

こいつもお宝に目が眩んだばかりに罠で命を落とした奴の成れの果てか・・・。

画像

最深部に行くもそこには柵へ閉じ込められた食用?ネズミが居るだけだったという。

画像

「Fort Ash」を抜けたところで虎男が見えたんで返り討ちにしてやったw。

画像

「Jauffre」に「Amulet」を渡し事情を話したところお宝と馬と本を貰えた。 お宝は今更な「Iron」系装備ばっかなんで要らないがお宝が入ってた箱自体は大変有り難い。 早速荷を圧迫していたアイテムの数々を納める。

あと馬は良いね。やっとこれで旅仲間が出来たよ。 どうしてもOblivionって広大過ぎて孤独を感じ寂しくなるときがあるから伴侶が居るのは嬉しい。 つぶらな目が可愛いもんだ。

画像

「Jauffre」の話によるとお次のメインクエストは皇帝の隠し息子「Martin」に会うため「Kvatch」へ向かわないといけないらしいがまぁそれは追々って事でw。足と一応の拠点が出来たんで暫くは探索とアイテム集めに明け暮れるかな~。

画像

関連記事 | 記事URL

2009年04月09日(木)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - The Elder Scrolls IV: Oblivion

「The Arena」へ行った。今になってやっと「Imperial City」の施設利用とは。 古代のローマよろしく闘技場でお互い斬り合い勝ち抜くというこれも1つのクエスト。 ここでは専用の装備に着替えないと出場出来ないらしい。あんまり格好が様にはならないかw。

画像

試合は一人目は楽勝、二人目はちと厳しい、といった具合で勝ち抜き100Gゲットで名声2つ上がった。 ちょっと戦う雰囲気が息苦しい感じかなぁ。

画像

この後西へ進み「Fanacasecul」という神殿へ潜ってみる。 ここは薄ボンヤリとした形状のゴーストとスケルトンの巣窟だった。 が、敵さんやたら強くて固い。ゴーストは魔法以外では攻撃当たらないし魔法でもチマチマとヘルスが減るのみ、 スケルトンは普通に強くて気を抜くとすぐこっちのヘルスがガタッと減ってしまう。 倒しては回復しての繰り返しで結構しんどい戦いだった。

現状では厳しいので途中町に戻り何とか対策練る事にしたけどどれもこれも上位武器や魔法は高いなぁ。 というわけで気分転換に前々から気になってた商店街の「Thoronir」絡みクエストを受けてみる。 難易度的にはたいした事なかったが鍵の解錠に難儀した。 結局手持ちの「LockPick」全部使い切ってしまいやむなく「Imperial City」裏に居る黒服のおっさんから「LockPick」買う事に。 Oblivionの鍵開けパズルが苦手な自分には様々なお方だw。 てゆうか何十回と鍵開けやったが未だコツが掴めんから困ったものだ。

画像

てっきり「Thoronir」が悪い奴かと思ってたが意外と良い奴。 単に小心で「Agarmir」に良いように使われてただけなんだね。外見で人判断したらいかんな。

画像

で、こいつらが今回の悪の根源。てゆうかあんたら強すぎだろw。5回ぐらい殺されてしまったよ・・・。 勿論良い装備はがっぽり頂いておきました。

画像

おおっ!戦利品「Silver LongSowrd」のお陰でゴーストがサクサク切れる切れるw

画像

何気ない景色が美しい。Oblivionはほんと観光巡りゲームだ。 探索・アイテム集め・観光とストーリーは二の次w。

画像

画像

関連記事 | 記事URL

2009年04月08日(水)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - The Elder Scrolls IV: Oblivion

錬金術良いね。 といっても錬金というより薬師みたいな感じ。FF5の薬師的な。 「Damage Helth」効果のある材料から毒を作り弓矢に塗り塗りして敵にドスッ。 相手のヘルスゲージが減ったかと思うと毒が効き暫くしたら断末魔と共に敵はあの世へ。 ざまぁwって感じで実に気持ちいい。 多種多様な戦闘の仕方が用意されてるのは良いよね。

画像

戦闘に関していえば敵がやたら察知能力鋭いかと思いきや側に矢が落ちても気が付かなかったりおかしなところがチラホラ。 その辺はModで修正出来るのかもしれないがシステムの根幹を弄る系はクリアしてからだな。

Modはシステムへの干渉が少ないのを中心に色々と出したり引いたり試行錯誤。 主にグラフィック系だがちょっとグレード上げただけでRadeon4830じぁあ太刀打ち出来なくなるなw。

さて今回はやっと「City Isle」から西へ抜け出し途中にあった「Fort Nikel」へ寄った。 入るといきなりBandits達が争い合っていた。暫く眺めるも我慢ならんという形で弓で一撃。 そこから戦いの火の粉がこちらにも向かってきて結局3人ぐらい仕留めただろうか。 店で買っておいた「Protect」を早速使ったがこれが効果満点で斬りつけられても少ししかダメージは食らわず。 これが30秒持つんだからおいしい。でも戦果はおいしくなくしょんぼりだ。

そういえばそろそろ敵さんリスボーンしてるかなぁ~と「Sideways Cave」を除いたら案の定「Imp」のみなさんが復活しておられた。 お宝も復活しててこちらのレベルアップに合わせてグレードが上がっていたのが嬉しい。 その分敵の攻撃も一段苛烈になったけど。 中でも「Base Ring of Retribution」ってのをゲットしたが効果や売却額といい結構価値あるものらしく嬉しい。 こうゆうふうに一度制覇しても再び潜る楽しみがあるのが良いよね。余計クリアが長引くけどw。

ついでで西の「Sinkhole Cave」に行ったんだが最深部で「Silver ShortSword」を見つけて狂喜乱舞してたら 崖から落ちて死んだでござる。セーブは洞窟入った時だけぇ・・・。 気を取り直しもう一度潜るも今度は自分には要らない重装備の「Iron War Axe」になっててショック。 がっくりしつつ今日はここまで・・・。

関連記事 | 記事URL

2009年04月07日(火)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - The Elder Scrolls IV: Oblivion

City Isleの西にある「Sinkhole Cave」にも行きここも難なくクリア。 ここはBanditsだらけだったなぁ。4人ぐらいか。たいした戦果はなく売却用に武器とかゲットしておくのみ。

調子に乗って「Dzonot Cave」へ。 ここもBanditsの巣窟。が、皆さんやたら強い。 今までの敵より1段強い感じが。特にオオカミが攻撃力高くて死にそうだ。てゆうか1回死んだ。

画像

更には「City Isle」最南端に位置する「Fatback Cave」へゴー。 が、ここはデカい。確か3層だったろうか。探索し疲れたよ。 中はGoblinだらけで10体以上居るから結構しんどい戦いだった。 戦果もろくなのがねぇ。まぁLevelがまだまだ低いからアイテムの質が低いのは仕方ない。

最深部ではやはり人の死体がGoblinやネズミと一緒に。一歩間違えば自分もこうなる運命なんだろう。

画像

ちなみにスキルに「MarksMan」入れてるので専ら攻撃は弓矢でチクリ。 闇討ちで相手のヘルスをゴソッと削れると快感。 剣で斬り合うのも楽しいけど自分にはスニークプレイが一番だなぁ。

関連記事 | 記事URL

2009年04月06日(月)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - The Elder Scrolls IV: Oblivion

キャラメイクは案の定微妙なのしか作れんねw。 各所のプレイ日記ではModで美形・美人キャラが流行ってるが・・・。まぁ駄目な子ほど可愛いという事で。 しかし普通におっさんだなこれ。

画像

東に行ったら「Sideways Cave」って洞窟が見えたんで入ってみた。 洞窟内は「Imp」だらけ。Level1だが「Iron Bow」と「Flare」で難なく進めれた。Thunder放つImpはちょっとうざい。 Oblivionの洞窟はおどろしいというか陰気な雰囲気で最高にゲーム内世界へトリップさせてくれるんだよね。 こうゆう浸らさせられて妄想を掻き立てさせられるゲームは大好きだな~。 CoDシリーズもトリップ感は最高だったんだが自キャラが代わりばんこなので移入度では弱かった。

画像

何故か人の死体が2体も。洞窟に迷い込んだまま出られなくなって飢え死にかImpの餌食になったか。 遠慮なく身包み剥がさせて頂きましたw。

画像

奥には椅子がドーンと鎮座していた。取り敢えずちょこんと座ってみる。 戦果は「Base Ring of Agility」と「Base Ring of Nighteye」。Agilityの方は良さげだがNighteyeの方は目がチカチカするw。

画像

それにしてもOblivionの世界は美しい。目的も忘れて立ち止まることしばしば。 Oblivionの目的としてこうゆう景観鑑賞ってのもあるよね~。

画像

画像

関連記事 | 記事URL

2009年04月05日(日)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - The Elder Scrolls IV: Oblivion

いやぁ楽しい。期待に違わぬ楽しさ。 ニコニコ動画でテクテク冒険記の動画見て以来やりたいやりたいと思ってたがこんなにツボるとはありがたい。

Oblivion世界でのCyrodiilの地図を見るに付け全制覇するのには一体どれくらい掛かるだろうかと思うとため息が出ると同時にワクワクしてアドレナリンみなぎってくる。 当面1年は暇せず遊べそうだね~。

画像

関連記事 | 記事URL

2 / 12: PREV 1 2 3 4 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter