Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

5 / 12: « PREV 3 4 5 6 7 »

2009年01月07日(水)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - 英雄伝説VI ~空の軌跡FC

サブクエはうっかり忘れてて3件ぐらい期限切れになってて迂闊だった・・・。 取りあえずキノコ狩りとミルヒとエリーズの魔獣退治と薬の材料探しは完了出来た。

メインクエではリベール通信社のお二人を翡翠の塔へご案内。 記者さんは藤原啓治さん声が似合いそうな活気ある良いおっさんだったな。

画像

ガキ救出クエで一度訪れたけど未踏の3階以降はやたら手強い敵が出てきて参った。 特に魚みたいな形状の奴が鬱陶しかったなぁ。 記者の二人が何故か敵に突っ込んだりして何度かゲームオーバー。 ちょっとイラッとくる展開だったがからくも屋上に辿り着けてやっとクリア。

画像

誰か出てきた時はてっきりボス戦があるのかと焦ったが・・・。

画像

帰りもまたあいつら相手せならなんのかとうんざりしてたがすぐロレントに場面転換してくれてホッと安堵だったな。

そんなこんなでまたまた事件発生。事ある毎に何かしらイベントが発生するんで飽きさせないね。

画像

ミストヴァルトは森が鬱そうと茂っていて見通し悪く結構迷った。結局5度ぐらい往復しちゃったなぁ。 おまけに魔獣が結構手強く自爆やアーツ解除や毒とか面倒な攻撃してくる奴が多いんでしんどかったかも。 でもグラフィックは緻密で綺麗で癒された。

空の軌跡のグラフィックははじめはちゃちい印象だったんだがプレイしてるうちに馴染んできたなぁ。 手作り感が味わいあって箱庭っぽい雰囲気が良いよね。

市長のセプチウムを盗んだ犯人はまさかの・・・。 こうゆうキャラ好きだな~。声は水樹奈々さんが似合いそうだ。

画像

というわけでやっとこさ序章クリア。

画像

関連記事 | 記事URL

2009年01月05日(月)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - 英雄伝説VI ~空の軌跡FC

パーゼル農園クエストクリア。 なんか雰囲気が暖かくて和んだな。

画像

懸案の獣を見つけるのは一苦労。あんなに畑歩き歩いてよかったんかいなw。

選択肢はエステルならという事で多めにみてあげる事に。 その後ヨシュアとすったもんだ。ヨシュアは暗い過去背負ってるみたいだがモノローグがどことなくシンジ君彷彿させられた。

画像

こうゆうサバッとした性格良いよね。

お次は市長の頼みでマルガ鉱山へお使いへ。 というかそんな高価な金目のもののお使い新入りブレイザーに頼むなよとw。

画像

RPGでこうゆうトロッコ見ると天外魔境2の佐渡の金山を思い出す。あれは子供心わくわくさせられたなぁ。 空の軌跡では単に往復するだけ。それも4回ぐらいさせられて迷路的な探索の面白味がなかったのは残念。

ここの洞窟に出る敵は防御が固くて強い。一回戦闘する度に回復の泉へゴーだった。

画像

バトルはボーナスがターン毎に各キャラにまわってくるのが面白い。 単調になりがちなバトルに新鮮さと面白さを与えてるな。 ちょっとした駆け引きみたいで楽しい。

画像

関連記事 | 記事URL

2009年01月04日(日)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - 英雄伝説VI ~空の軌跡FC

特価セールでコンプゲットおいしいです^o^ とはいうもののファルコムゲームは昔PCエンジンでドラスレ2をクリアして以来ろくに攻略出来たのが一つもない。 1は途中で投げちゃったしな~。ガガーブ3部作も未プレイ。 というわけで多分積むんだろうけどのんびりやってみる。

画像

エステル可愛いよエステル。 この手のゲームはどれだけキャラに思い入れ出来るかで投げ出すかどうかが決まると思うが明るく勝ち気なエステルにお陰様ですっかり萌え萌え。 というわけで暫くは大丈夫そうです。 野郎のヨシュアは爽やかイケメンだけど嫌みなとこがなく好感触。これなら今のところエステル×ヨシュアでも何も問題ない。 しかし男女ペアで女の子の方が主役ってのも珍しい。これも時代の反映か。

画像

取りあえず準ブレイザーに合格してロレントの町のガキ二人を救出したとこまでは進めた。 クォーツとかいまいち分かりにくかったんだがまぁそのうち。 レシピ覚えて食材で回復アイテムとか作れるのが面白いな。 バトルも賑やかでいまのところ楽しい。 操作はマウスでやってるが時々思ったとこへ二人が行ってくれずイラッとなるがまぁこれは慣れの問題だな。 ホイール使った画面回転は分かりやすくて良いね。

関連記事 | 記事URL

2008年12月30日(火)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - Call of Duty 2

今年のプレイ納めは「Call of Duty 2」。

これは結構緩いなぁ。HP概念がなく撃たれても隠れて休めばすぐ正常に戻るので 闇雲に突っ込まず慎重にやれば詰まることなく進めた。 タイミングさえいければランボープレイでもOKだったりする。 さすがに何発も食らってるのに一段落休めば無問題なのはどうかなぁ。 こうゆうスタイルはFPS初心者に向いてるのかもしれない。

取りあえずソ連キャンペーンをクリア。大体3時間ぐらいか。 ソ連兵ヴァシリとなって味方や上官の命令をヘコヘコ受けながら進行。まさにパシリw。 数カ所ロードを繰り返した点以外は辛いとこはほとんどなかった。 自分がボサッとしてても味方がオブジェクトをクリアしてた時があったりちょっと置いてけぼり気分を食らうのは切ないが。

画像

市庁舎へ向かう折りに突撃しようとすると「英雄的行動はここではいらない」と仲間から怒られる。 なるほどランボープレイを自重させる良い演出だなと感心。

ソ連キャンペーン最終マップではあちこち飛び交う自分への命令に答える事が出来ず右往左往。 窓から狙撃しても果たして相手に当たってるのか効果あったのかわからずオロオロやってるうちに任務終了してた。 まるで飲み込みの悪い実生活の俺じゃないか・・・。泣ける。

画像

気を取り直してジョン・デイビスとなって英国キャンペーン開始。

これは凄い。とにかく戦場にいるかのような臨場感。そして仲間との連帯感。 「死守」での火砲で応援頼むシーンでは戦場を任されたという責任感に燃え 「スーパーチャージ作戦」では砂漠で砂煙の中、戦車と随行しつつバンカーを一つ一つ仲間と共に潰し自分は今みんなと戦いに参加してるんだという高揚感に燃え 「始まりの終わり」では目的を成し遂げたという達成感に燃えた。 これぞ戦場シミュレーター。

画像

画像

ミッション「戦車大隊」ではウェルシュ戦車長となって戦車を操縦。 戦車の操縦に慣れるまで手こずった。 あと視界が狭まるのでどこ行ってるのか味方がどこなのか把握しずらい。 しょっちゅう下から「道が違います!」「どこ行くんですか!」と怒られてたよ。 それ以外は詰まるところもなく簡単にクリア出来た。 う~んやはり難易度ノーマルだと簡単過ぎるのか・・・。でもFARCRYの悪夢があったのでおいそれと上げれないw。

画像

さてお次はロンメル将軍編。 装甲車に乗って機銃打ち続ける場面があるがすぐオーバーヒートして肝心なとこで撃てずイライラ。 数人のパンツァー兵に囲まれたとこは厳しかった。 あと乗ってたトラックがいきなり待ち伏せ食らったとこも状態立て直すのに苦労したな。 途中でおまえらは縁日の射的ゲームの的かwと思ったぐらい規則正しく並んでこちらを撃ってるとこは笑った。 それと行き先が分からん~と迷子になってたら正解ルートに少しでも進むとすぐ攻撃が開始するのもゲーム的でちょっと醒める。 確かにアフリカ戦線で一人の兵士としてみんなと戦ってる雰囲気は抜群なんだが。リアルなのにゲーム的な側面が惜しい。

画像

カーン編では敵のMG42機関銃の攻撃が激しくて参った。 パンツァーで戦車や装甲車を撃つ場面はやっぱり燃えたな~。

画像

画像

記事が長くなるので続きは次回へ。

関連記事 | 記事URL

2008年12月27日(土)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - Call of Duty 2

最終キャンペーンのアメリカ編をビル・テイラーとして開始。 最後というだけあって一段階難易度は上がってる感じだ。

オック岬編は四方八方から敵の銃撃が飛び交う中塹壕での戦いが苛烈。 最後の煙幕を張れ!って指令はどこで炊けばいいか分からずオロオロ。何十回ロードし直したんだw。 ほんと頭の回転が悪く飲み込みが悪いから困る。実際戦場に放り込まれたら真っ先に死んでるな。それもドジ踏んで。

画像

サイロ編では途中まではともかくサイロに登り敵の迫撃砲兵を殲滅させる任務は 肝心の迫撃砲見つけるのに手間取って焦った焦った。 とにかく空へ上る煙を見つけその下のポイントをスコープで探し狙いつけるしかなかったな。

画像

400高地。これは難しい。COD2で一番の厳しさだったなぁ。 「ワー!」とみんなで敵陣地へ突撃シーンでは何故か自分も「ワー!」と叫んでしまう。 下から上へという侵攻のうえに枯れ木ばかりで盾になる場所が少なかったのがロケーションとして難しい。 スモークで攪乱しつつ一個一個バンカーを潰していく。最後の頂上のバンカーはもうグダグダ。ジリ戦だったが何とかなった。 お次の防衛戦が難関だったなぁ。とにかく四方八方から襲いかかってくるんで対処するだけで一杯一杯。 おまけにいや~な迫撃砲がこれまた四方八方から沸いてくるんでもう必死。 マジで位置が特定出来んかったから最初は混乱した。

画像

画像

そしてめでたく無事クリア。 最後の任務はこれまでの流れからしたら温かったかな。ラストなんだから変化球が欲しかった。 エンディングは洋ゲーには珍しく気の利いたもの。 なるほどある意味これはオムニバス映画だったんだなぁと感慨深くなった。

画像

画像

FPSとしてはやや温いとこがあったけど戦場体験シミュレーターとしては今までプレイした中では最高のゲームだった。 実際戦場に送り出されたらこうなんだろうなという気持ちにさせてくれる臨場感と ランボーみたいに孤独ではなくみんなと一緒に任務を一つ一つ成し遂げていくという連携感と達成感。 それらが過不足無くミックスされて仕上がった良質のゲームだったな。 もちろん雰囲気を盛り上げる合間のムービーや兵士達の生々しい声と銃声や爆発音、 2008年現在でも通用するクオリティの高い写実的なグラフィック等素晴らしい点が沢山挙げられる。 惜しむらくは難易度的にややバランスが悪いのとミッションがちょっと単調で起伏に欠けるとこかな。 でもプレイ中はそんな欠点も気にならない面白さだったな。

初代として1があるけどこれは昔デモやって肌に合わなかったんでパス。 続編で4があるがデモやったら自分の環境じゃモッサリ。勿論設定落とせばいいんだけどどうせやるなら綺麗なグラフィックじゃないと損だしね。

関連記事 | 記事URL

2008年12月24日(水)

[コンピュータ » ハード] RAMディスク導入記

4GBのうち1GBある余りが勿体ないので残りをディスクとして使えるようにしてみた。 使ったソフトはフリーでまとめサイトもあって2chにスレがあるということでGavotte Ramdiskにした。

早速まとめWIKIに書いてあるやり方の通り レジストリを書き込みインストールして再起動。 マイコンピュータで確認するとちゃんとRamDiskのドライブ名があって一安心。 何故かドライブ文字がR:\になってたけどRamDiskのRという意味でわざわざRに自動的に割り振られるんだろうか。 まぁ些細な問題か。

画像

取りあえず試しでIE7のテンポラリをRamDiskにしてみた。が、体感的に余り早さが感じられるって程じゃないなぁ。 ほんと1秒程度キャッシュの読み込みが早くなった感じぐらいか。 で、一番気になってたキャッシュが割り当て容量を超えるとどうゆう反応になるか。 100MB割り当てたが1GBまではIEが割り当て容量を自動的に増やして対処してくれた。 ただ1GBを超えるファイルを落とそうとすると固定容量1GBに到達した時点でそれを注意するバルーンヒントと共にダウンロードが止まり進捗メーターは一ミリたりとも進まなくなった。まぁそうくるだろうと思ってたよ。 これでメインのFirefoxのキャッシュ目的には使えなくなった。 如何せん1GBというこの大容量時代に中途半端なサイズがネックか。最低限4GBはないとあかんね。

あれから1日ぐらい使ってみたけど何も不具合は起こらなかったし再起動、サスペンドも通常通り出来た。 まぁ他に1GBRAMの有効活用法が見つかるまでこのままでいいかな。

関連記事 | 記事URL

2008年12月20日(土)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから ー FARCRY

LEVEL19「ダム」

画像

クリーガーに武器を取り上げられトライジェンがうようよいるとこに放り出される。 目の前にあるのはM4となけなしの10発の弾薬のみ。そしてトライジェンとの遭遇。 いやはやシビアだ。

画像

滝から大ジャンプ-!普通死ぬだろw。

画像

もう弾はないんで大型トライジェンや通常トライジェンからもう無我夢中で逃げる逃げる。 やっとの思いで不時着してたブラックホークの残骸がある場所へ到着。 ここから各トライジェンへありったけの機銃をぶっ放す。 前と後からも挟み撃ちでトライジェンが襲撃してくるんで全く気が休まらずとにかく撃ちまくった。

銃の弾薬を見つけ突破したら高台へゴー。数匹のトライジェンを倒しジープの元へ。

画像

画像

画像

この光景みただけでもう涙目w。一体どうしろと・・・。 地獄が実際あるんだとしたらこうゆう光景なんだろうな~・・・。 まず手前の大型トライジェン2体を倒し溶岩が行き交う狭い場所を選びジープでそのままジャンプ。 この地獄からスタコラサッサで脱出だ。 こうやって全員殺したり無駄に戦わなくても済むのがFARCRYの面白いところ。

基地が見えるんでここからはジープと途中奪ったハンビーの機銃で確実に敵兵士を殺していく。 撃っては隠れのヘタレプレイだったけどw。

画像

なんだか怪しげな銅像が。

LEVEL20「火山」

遂にきた最終マップ。ほんと長かったし苦労した・・・。

いきなり手荒な歓迎。 室内でロケランぶっ放すとかもうアホかと・・・。 柱を影にしてOIWSで一人一人確実に殺していく。とにかくロケラン兵をいち早く見つけ殺さないと埒があかない。 相手は超固いシールド兵なんで何十発も食らわさないといけないしリロードのタイミングにも気を遣わないといけない。 辛くも死に物狂いで突破出来た。

お次はクリーガーとシールド兵数人とのバトル。事実上これがラスボスバトルだったかな。 前方の教壇を盾にして兵士を左右からスナイプしていく。ここは暗がりなんでサーモビジョンが有用だった。 クリーガーは固いうえに超人離れしたジャンプとグレネードをこちらに投げたりとちょこまか動いてかなり手強い。 ヘッドに数十発当てて何とか倒せたがもうこっちは心身共にボロボロだw。

画像

そして大型トライジェン数体と人型トライジェン数体が待ち構える最後の戦場へ。 いやはやここは何十回ロードし直しただろうか。とにかく覚えゲーなんでやられてもトライあるのみ。 まずは扉を開けたら真っ先に人型トライジェンをスナイプして殺す。 次に下からやってきた大型トライジェンは扉の影に隠れて敵が見えてる範囲を機関銃でとにかくありったけの銃弾を浴びせ倒す。 そして次に大型トライジェンがやってくるまで人型トライジェンをスナイプして殺し 大型トライジェンがやってきたらここでも機関銃を浴びせまくって倒す。

地上に降りてエレベーターを作動させて上の構造物へ。 最後に立ちはだかるは10人ぐらいのシールド兵。 残弾もなかったので手持ちのグレネードを壁際からありったけぶちまけてやったらいつの間にか全滅させてたw。 最後の敵としては少々呆気ないがまぁこれまでが激しすぎたからね。助かった。

画像

最後は黒幕だったドイルをぶち殺してヴァレリーを助け血清で治療させて無事に島から脱出してめでたしめでたし。 終わりはあっさりし過ぎでもう少し余韻を感じさせるエピローグ的なものがあれば良かったんだがまぁこれはこれでいいかな。

総評としてはとにかく半端ないシビアなゲームだったがそれを上回るやり応えと面白さがあったな。 攻略が一本道じゃなくリプレイ性が高いのも良い。続編の2はあんまり良い評判聞かないな~。動画見る限りは結構面白そうなんだが。

関連記事 | 記事URL

2008年12月17日(水)

[コンピュータ » ハード] AHCI導入記

新環境に移行して快適さには満足してたんだけど どうもHDDが足引っ張ってる気がして意を決して前から気になってたAHCIを導入してみる事にした。

実行するに当たってIDEコントローラからAHCIコントローラに更新する:オシエル日記:So-net blogさんとこの解説がとても役に立ったし導入の後押しにもなった。

まずはインテル 4 シリーズ・チップセットの情報とダウンロードからチップセットP45のマトリクス・ストレージ・マネージャーのダウンロード項目をクリックして適応するOSを選択後 リストから32 ビット・フロッピー設定ユーティリティーを選ぶ。 で、ダウンロードした”f6flpy3286.zip”を適当なディレクトリに解凍。

画像

コンパネからシステム→ハードウェア→デバイスマネージャからIDE ATA/ATAPIコントローラの項目から ICH10 Famiry4をダブルクリックしてドライバの更新でディスク使用で先ほど展開したディレクトリを選ぶ。 そしたらズラーとドライバが出てくるのでICH10を選択。 ダイアログが出て適合しないよって怒られるが気にせずOKを選び再起動。 BIOSメニューから”Integrated Peripherals”でATA DeviceのRAID MODEをAHCIに変更。 設定を保存して再びWindowsが立ち上がったらうまく認識してくれるのでまた再起動。これでOK無事成功した。

画像

早速ベンチマークのCrystalMarkを実行したが導入前に実行した数値と殆ど変わらなかった。 数十僅差で落ちてるぐらい。 う~ん折角ドキドキしながら入れたのにこんなもんかぁとがっくり。 ま、不具合が起きてないだけマシだし気持ち的にもSATAネイティブで動いてくれてるんだからもやもやがなくなりスッとした。

さてお次はメモリが4GBあって1GB届く程度余ってるのでRAMディスクに手を出したいところ。 でもよくよく考えたら1GBってのもディスク容量として微妙だなぁ。 Firefoxのキャッシュや解凍ツールのテンポラリに使おうと思ってたんだが1GB以上のファイル扱う場合どうなんだと。 何となくエラーになりそうな気がするけどまぁこうして書くより先に試してみろって話なんだが。いずれまた今度にでも。

関連記事 | 記事URL

2008年12月16日(火)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - Serious Sam First Encounter

FARCRYの合間にシリアスサムFEってゲームをちょびちょびやってたんだが 結局FARCRYより先にPC環境一新する寸前でクリア。 これも昔オクで買って以来手付かずだったんだがクリア意欲が沸いてるうちにやっとかないとw。

う~んしかしきつかったなぁ・・・。 Serious Samのオマージュと言われるPainkillerがもの凄くヌルゲーに思えてくるきつさ。 作品イメージがバカっぽいし単にドンパチやってすっきり爽快ゲーだと思ったら大間違い。 難易度NORMALでさえ涙目になるぐらい相当厳しいんだもんなぁ。全くFARCRYの息抜きにはなかなかったw。

とにかく敵の数が半端じゃない。 1体1体は弱い奴が多数なんだがそれが100体近く纏まって しかも四方八方から出てこられると途端に対処が苦しくなり無理ゲー化。 特に毒カエルと抱き付きスケルトンの大量発生にはほとほと参ったなぁ。 あと動きが速い。 この作品で一番有名な敵キャラの神風野郎はどこからともかく現れて猛烈な早さでこっちに向かってくるんだが 倒したと思ったら横から後から思いがけない体当たりをしてきて「アーーー!」という叫び声のコミカルさとは裏腹に手強い奴だった。

何度も詰まりそうになったが何とか気合いで最後まで乗り切ったけどDoomやHALF-LIFEもそうだったが昔のゲームは手厳しいよなぁ。

画像

画像

画像

画像

最終LEVEL13の「The Great Pyramid」だけ攻略記でも。

最初のスケルトンとの戦いは何とか最小ダメージで切り抜けたが 次の巨大牛がやばい。キャノンで一発で仕留められるとはいえあいつら足早過ぎだし数が半端無い。 上空に突き上げられたらもうアウト。何とかギリギリの死闘で切り抜けるもお次はメカノイド軍団のお出まし。 只でさえロケットの爆風ダメージがきついのに左右から何十体もの数で挟み撃ちだもんなぁ。 小脇にミニメカノイドも従えてるし。 ここを抜けた時は自分は神かと思えたぐらい勝利に酔いしれたがまだまだ試練は続くのだった・・・。

ピラミッド内部へ入るため道を延々走り抜けるんだが迎え撃つは猛牛やメカノイドの大集団。 とにかく猛牛の突撃スピードが半端無いからキャノンの攻撃が間に合うかのギリギリのせめぎ合い。 合間にメカノイドも相手せねばならんので厳しかったが道なりに回復や武器アイテムが落ちてるんで何とかはなった。 いやはやほんとにギリギリ。

画像

さてさてこの巨大なミノタウロスみたいな風貌のラスボスだが 上空のUFOのビームを借りて倒すという一筋縄ではいかない攻略法だという。これは分からんよなぁ。 何度も何度もワープジャンプして最後はキャノンのごり押しでこちらのHPが無くなるか否かのギリギリ勝負だった。 見事倒しきった後の緊張感のほぐれと冷たい汗と達成感はこれまた格別だった。

厳しかったけど今でも語り継がれるオールタイムベストとして挙がるのも納得の出来だったな。 やって後悔はしなかった歯応えと面白さだった。 Secoundは・・・またいつかw。

関連記事 | 記事URL

2008年12月15日(月)

[コンピュータ » ハード] AMDからINTELへ

液晶モニタ買った勢いでCPU、マザーと電源とメモリを買ったよ。 只でさえ金穴だってのに一体何やってんだか。液晶とあわせて5万もの出費で財布がやばいよw。

新世界ぶろぐ - 再びWindowsXP再インストールの記事の構成から下記へとパワーアップ。

といった構成でパソコン工房さんとこで注文。

組み立てはもう4回目ぐらいなんで慣れたもの・・・と言いたいが 電源が付かないお約束のトラブルに10分間悩まされる。 アホなことに電源自体のスイッチをONにしてないという未曾有の大馬鹿をやってしまった。 更にはWindowsのインストールで手間取る。 これもアホだがインストールする予定のHDDが4台あるうちのどれか分からなくなっててんやわんやしたという。 一歩間違えると500GBものデータがパーだから焦った焦った。 結局パーティションを頼りに何とかインストール予定HDD1台だけ繋げて解決となったとさ。

ま、そういったポカ以外はスムーズに進んだ。 電源入れば一発でトラブルもなく起動してくれたし今現在Windows上でも特に問題は起こってないしね。 相変わらずこうゆう運は良いんだよなぁ。

インストール直後は早さを余り実感出来なかったんだがいざベンチマーク取ってみたら以前のとあまりの段違いぶりに驚喜w。 SuperPi Mod(1M)のタイムが00m 46.141sから00m 18.985sへと半分に! そしてCrystalMark 2004R3は63700が126333と倍に! 更には2ch自作板の動画ベンチスレで用意された動画のエンコードが1分52秒から35秒と3分の1に! いやぁこれは凄い。Core2Duoはエンコ向きと聞いてたけどまさかこれほどまでとは。 以前は1時間番組をAviSynth&XviDでエンコするのに1時間20分前後掛かってたけど早速新環境でエンコしてみたら35分という驚愕のタイムw。 しかもこの間のCPU使用率は100%ではなく60~70%。 同時にブラウジングしてても余計な負荷が掛からずエンコ時間も遅くならないのが嬉しい。 以前は寝る前に仕掛けておいたけどこれなら平時でも余裕があるときならいつでもエンコ出来るな。 今までエンコが面倒で保存しておきたい番組があってもキャプしなかったがこれならガンガン残していけるな~。 動画だけでなくゲームもロードがスムーズになったりスワップが発生しなくなったりカクついてた描写もモタつく事なくキビキビしてくれるようになった。 流石に最新ゲームはグラボが足引っ張るだろうけどw。

というわけで液晶に引き続き損を感じない良い買い物が出来て満足。 お次はグラボを7600GSから上へアップグレードしたいのとケースがいい加減古くさくなってきたので変えたい。 あとは1TBのHDDとマウスかなぁ。あ~金がいくらあっても足りない。

関連記事 | 記事URL

5 / 12: « PREV 3 4 5 6 7 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter