Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

2009年04月30日(木)

[コンピュータ » ゲーム] 最近プレイしたゲームから - F.E.A.R.

一気に最後までクリアした。終盤は呆気ない。ま、感想は後々という事で取り敢えずプレイ記録の続き。


「Interval 6~8」終了。

あ~。デブが裏切った。怪しい奴とは思ってたが。 そうこうするうち天井裏からタレットという自動攻撃兵器が出てきたよ。 探索が退屈仕掛けたところだったんで良い緊張感を与えるアクセントになったな。 タレットは相当な攻撃力で生半可に近づいたら危険。 こいつへの対処法はスローモ使って接近して至近距離からショットガン3発ぐらいだ。 ご丁寧に攻撃時にけたたましくアラームを鳴らせて登場知らせてくれるから光学迷彩野郎共々親切な敵だなw。

画像

映画「ロボコップ」の敵役で出てくる2足歩行ロボみたいな奴は手強い。今までで最強じゃあなかろうか。 ロケットランチャーなら数発で倒せたが持ってない時こいつと出会うと厳しい。 スローモ&ショットガンのヒット&アウェイ戦法で10発以上要したな。

画像

画像

空中を浮遊して攻撃してくる逆三角形の無人ロボも登場。 こいつもタレット同様にスローモ&接近ショットガンで2発。ただ複数で現れたりする場合もあるから厄介。 てゆうかこのゲームはショットガン万々歳だな~。ショットガン好きには「F.E.A.R.」お勧めw。

画像

しかしこのゲームは変化に乏しいので大して何も書くことがないという。 同じような絵が続くのでSSも似たり寄ったり。 でも戦闘の飽きさせない面白さはまだまだ続いてててこのバランス加減は程よいかな。

画像

画像

途中「Alice Wade」なる女性を救出しエスコートする事に。 殺伐としたゲーム展開の中でこういった華のある要素は歓迎だ。性格はさておきw。

画像

画像

「Interval 8」になると地上戦が出てきてシーンに変化が出てきた。 特に暴走気味なトラックで乗り付けてくる兵士達はシチュエーションとして面白かったし戦闘もやり堪えあった。 デカいトラックが猛烈なスピードで向かってくるというだけで結構な恐怖感だったしな。 もうちょっとこういった映画的なドラマチックな演出が沢山あれば良かったんだけどなぁ。

画像

画像

光学迷彩兵は動き見切ったので既に雑魚。

画像

アーマーロボはまだまだしぶとい。 攻撃受けて弱ってくると足引きずりながら後退していくのが可愛い。ちょっと撃ちづらくなったじゃないかw。

画像

辺り一面の血の海から次のステージへ。 というか超常現象時にダメージ食らうのは不意打ち過ぎてちょっと勘弁して欲しい。

画像

画像

ま~だこのデブはしぶとく生きてるよ。

画像

関連記事 | 記事URL

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter