Abandoned Well

お気に入りサイトへのリンクと徒然なる日記帳

Categoris
Archives
Search

160 / 162: « PREV 158 159 160 161 162 »

1970年01月01日(木)

[日々] 歯医者通い

3週間前辺りから歯医者に通ってるんだけどいやはやここ1週間はマジ苦しかった・・・。 やっと何とかここ数日は痛みも治まり物事に集中出来るようになったかな。 ほんと虫歯は放置しとくもんじゃないな。歯のクリーニング目的で中学の時以来超久々にいったんだけどついでに4本も虫歯が見つかって その内1本は相当でかい奴で治療の過程で今回偶々歯茎が腫れて尋常ならざる痛みになったみたい。 何て言うか歯の痛みが頭にダイレクトに伝わる感じで歯痛というより頭がガンガンするって感じで相当厳しい日々だった。 お陰でその間は仕事は兎も角として見るもの読むもの尽く頭からスルー。 一時はどうなることかと思ってたがまぁ収まってくれて良かった良かった。

しかし歯医者に久々行ったけど結構美人&可愛い歯科助手さんばかりで目のやり場に困る・・・。 お陰で嫌な歯医者に通うのが楽しいんだけどねw。

そんなわけでこの付近の人はまぁ居ないだろうけどw中條歯科医院さんお勧め。 何より院内が明るいのがいいよなぁ。

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] 天保異聞 妖奇士 #18 説十八『漂泊(さすらい)者の楽園』

ニナイ姉ちゃんが妖夷との間に子供を設けてしまいどひゃーってな回。 今回はいつも以上にえげつなさアップで毎度の事ながらこの時間帯(ry。 宰蔵は目立った出番なし。新絡繰り武器で戦うの図は勇ましくて格好良かった。 しかしマサラオ呆気ない。いくら何でも間抜けに矢で打たれ過ぎだろ・・・。
(絵コンテ:須永司 演出:佐藤育郎 作監:管野宏紀 原画:倉島亜由美・門上洋子・岡辰也・管野宏紀 他)

関連記事 | 記事URL

[音楽 » テレビ] 最近見たTVから

ドレスデン大空襲追悼コンサートでのサー・コリン・デイヴィス指揮シュターツカペレ・ドレスデンの演奏をBS-hiで見た。曲目はモーツァルトのレクイエムK.626。 1年前にBS2で放映したかな確か。

画像

しかし凄い演奏だった。まるで地の底から黒光りするものを見るかのような凍てつくような怖さを感じさせる。 追悼という事もあって初めと終わりで拍手が無く客席が厳粛なのもそう思わせてるんだろう。 サー・コリン初めオケ・ソロ・合唱団と相当気合い入ってる。

どうでもいい事だが映像作品だとやはり綺麗どころに目がいってしまうんよね。 今回は合唱団のこの女性が可愛らしかったな。カメラスタッフも分かってるのかアップが多めだったw。

画像

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] BLEACH #114 再会、一護とルキアと死神たち

多分確信犯でドラゴンボールのパロをやってるんだろう。それなら合点がいくな。

で、そんな中自分と葛藤しつつもボコられる一護と吹き飛ばされる織姫、 ピンチに駆け付けた夜一さんらのアクションが見応えあったな。

そして今回の目玉の現世にやってきた蘭菊のはち切れんばかりの胸w。胸アップのみで会話ってのが中々シュール。 ルキアも久しぶりに登場。やっぱ制服姿なルキアは可愛いなぁ。

後半は夜一さん馬鹿食いや死神一行ご到着を尺稼ぎで間延びしてしまったのが残念。
(絵コンテ:水野和則 作監:大西雅也 原画:井上敦子・大西雅也・中森良治 他)

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] コードギアス 反逆のルルーシュ #22 血染め の ユフィ

( ゚д゚)ポカーン。 まさかこう来るとは・・・流石にこれは想像してなかったわ。 てっきり血染めだからユフィ死亡かと思いきややはりこのスタッフ、 すんなりセオリー通りにはいかずとんでもない変化球投げてくるな。いや死球かw。

途中までは特区構想も順調に進み比較的穏便に推移。 そしてユフィとゼロの会談。 なるほどゼロ自身が撃たれて悲劇のヒーローを演じるのか。良い意味で厨な考えがルルらしい。 ユフィにナナリーの為とか言われて意思が崩れるとこなんかやっぱまだ子供だなぁと思いつつ特区に合意寸前で握手するに至っては 偉い肩すかしな展開だなと思ってたらこれか・・・。 普段から少し抜けてるとこがあるルルだけどうっかりってレベルじゃねーぞw。 こうなってしまった以上、修羅の道へ進むしかない感じなのか。涙ながらのユフィを殺せ命令が切ない。

前も書いたけどほんと南央美声なのがここにきて効いてきたな。 あのおっとり声で虐殺です♪とか怖すぎw。流石のルリルリでもこれは言わないだろうなw。 もしかしてこの展開を見込んでの谷口さんのキャスティングなのならやっぱ凄いなとしか。
(絵コンテ:須永司 作監:米山浩平・池田有 他)

関連記事 | 記事URL

[映画] 最近見た映画から - シカゴ

NHK-BS2で「シカゴ」を見た。

ジャケット

舞台は1920年代のシカゴ。殺人を犯しつつも華やかな舞台を夢見る女達の戦い。 人は熱しやすく冷めやすいという社会と人間のドス黒い部分を描いた風刺系映画だった。 やってる事は殺人や裁判や絞首刑や賄賂とドロドロしてるのに終始あっけらかんとしてて視聴後感も爽やかだったな。

毎度違うセットでミュージカルを演じ本編とリンクさせるのは面白い趣向。 特に最初の旦那が妻の浮気に気付いて自供し妻が激昂するシーンが気持ちいいぐらい填ってたな~。 本編との融合のさせ方がセンスあって唐突感がないのは演出の確かな力量を感じる。

役者的には主役二人が素晴らしいの一言の演技。特にミュージカルシーンのキャサリン・ゼタ・ジョーンズは迫力あった。 あと女看守のクイーン・ラティファの貫禄に満ちた演技も特に惹かれたな。 ただリチャード・ギアはいまいち浮いてる感じがしてミスキャスティングな感じがした。 ミュージカルシーンはあれ本人が実際タップ践んでるのか激しく疑問なんだがw。

ミュージカル物は苦手だったけどこれはわざとらしさの違和感がなく見やすく楽しい映画だったな。

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] 結界師 #15 良守の野望

もう誰も傷つけたくない、時音を守りたいが為に禁忌の烏森を永遠に封印しようと誓う良守。 「下らないしがらみも経つ、いつか必ず。」中々格好良いシーンだった。 あの目付きの悪さはそういった強い信念の表れって事か。

本人は気付いてないながら時音を巡り正守に嫉妬する良守が微笑ましい。 雰囲気的に恋愛話とかないのが残念だなぁ。組み合わせ的にこの二人がくっついたら面白そうなんだが。

さながら正守がラスボスみたいな雰囲気だけど後々良守と戦うって展開も面白そうだな。 そして「あいつは俺より上ですよ」と捨て台詞を吐いて再び旅経つ正守。

作監が菱沼さんな事もあって実に丁寧な仕事ぶりで眼福。アクションが少なかったのが実に惜しいな。
(絵コンテ:浜津守 演出:佐藤照雄 作監:菱沼義仁 原画:菱沼義仁・小松英司・新号靖・米山浩平 他)

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] レ・ミゼラブル 少女コゼット #8 お母さんのスカート

ファンティーヌの転落人生の始まり始まりって 今までからしてどうせゆるいんだろうと油断してたらここまで壮絶だとは・・・。。

髪を売ったりホームレスになったり果ては人間不信になり精神も崩壊したりして更には背中に雪を入れられたり とここまで荒んでいくとは思わなんだな・・・。この1話のみでこの転落っぷり。 今までは何らかの希望が見える1話1話だったけどここまで終始ズーンとしたムードなのは初めてか。 特に後半プライドを捨ててコゼットの為にのたうち回る姿は余りに凄惨で鬱になってくる・・・。 まぁ最終的には市長が助けてくれそうだけどあの咳き込みっぷりからそれまでに死んでしまいそうだな・・・。

一方のコゼットは相変わらずカス夫妻の嫌がらせを受けるも必死に母親を擁護して訴えかける場面は中々グッとくるものがあった。

関連記事 | 記事URL

[アニメ » テレビ] 天保異聞 妖奇士 #22 説二十二『帰ってこないヨッパライ』

ヤケになったのか皆さん酔っぱらって日頃の陰鬱な雰囲気を吹き飛ばすような明るいノリでお話も分かり易い。 ほんとこうゆう軽い感じでやってればよかったんだよね・・・。

それにしても宰蔵スキーには堪えられない回だった。 「大きくなりました」には何か違うものをw連想させられ、 透け透け巫女ルックではダイレクトにエロエロで狙いすぎだろ~と思いつつも 嫁入りを巡ってコロコロ変わる表情が可愛くて仕方ない。 冒頭でのガキに話し掛ける優しい表情の宰蔵も地味に良かったなぁ。

他にもアビの取るのかよ!とかアトルの文句を言ってやる!とか小笠原が別人のように面白キャラになってたり裸祭り再びwだったしメソウサも良い味出してるしで、 う~んこのまま終わってしまうのが勿体ない。何とか時間帯移動で収まらないのかなぁ。
(絵コンテ:福田道生 他)

関連記事 | 記事URL

[映画] 最近見た映画から - ゴッドファーザー

NHK-BS2で「ゴッドファーザー」を見た。

ジャケット

懐かしい。中学の頃見て以来だな。 この3部作見てマフィアとイタリアに憧れ洋画に填ったっけ。

マーロン・ブランドの老いながらも威圧感ある演技も流石だけど アル・パチーノの段々とボスの貫禄がついていく様の演技が思わず手が震えてしまう程に物凄い。 シーン的には部下に矢継ぎ早に司令を下していくとこや最後のドン・コルレオーネと呼ばれるとこか。 あとトム・ヘイゲン役のロバート・デュパルが素晴らしい名脇役っぷり。その存在感に自然と目がいってしまう。

名場面は挙げたら切りがなくてそれこそ全カットになるんだけど 特にルイズでのマイケルがソロッツォと悪徳警部を殺るシーンやソニーが妹の旦那の暴行に逆上してボコりまくるとこや マシンガンでソニーが蜂の巣にされてるとこやマイケルの潜伏先でのシチリア女性との短い幸せな一時などかな。

改めて見てもやはり不朽の名作だな。 今まで数々の映画見たがこれが最高峰。 無人島に持って行く映画を挙げるとしたら間違いなくこのシリーズ。 数日後にある2も楽しみ。しかし3はやらんのね。確かにアカデミー取ってないし一般的に高い評価ってわけでもないけど アンディ・ガルシアが好演してて格好良かったから見たかったんだけどな。

関連記事 | 記事URL

160 / 162: « PREV 158 159 160 161 162 »

Powered by blosxom
2006 Abandoned Well < noma@s4.xrea.com >
counter